Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

アトピージャンルをアフィリエイトするときの3つの注意点

スポンサーリンク

 

 

これからアトピーをジャンルにブログ、サイトを作るぞって方に向けて書く記事です。やはりブログやサイトを運営する目的の一つに収益の獲得があると思います。

 

アドセンスを含めアフィリエイトがその収益源ですね。

 

ちなみに僕はアトピー患者、治療でやってきたことを活かすためにブログを開設、それから一年が経ちます。記事数97に対し、月間PVは10,000PV、収益は月7万円前後になります。

 

月間PV30万でも収益が5万円の方もいれば僕のように少ないアクセス数で5万円以上の収益があるブログもあります。その背景にジャンル設定やキャッシュポイントをどこに置くかが関わっています。

 

大量のアクセスで収益を獲得するか少ないアクセスで収益を掴み取るかは人それぞれですが、アトピーの場合は少ないアクセス数でも大きく稼げるジャンルだと思います。

 

ただ闇雲に記事を量産したり広告をペタペタ貼るだけでは収益を生み出すことはできません。実際に僕もつい最近までは大してSEOを意識せずに運営しており収益が5,000円ほどでしたから。

 

ではどうやって収益を伸ばすことができたのか?

 

僕の経験を踏まえ、その注意点を3つに分けて書いていこうと思います。

 

アトピーというジャンルはSEO難易度が高い

少ないアクセス数で収益を大きく得ることができるのがアトピージャンルです。

 

それは言い換えればアトピーというジャンルは需要があり、稼ぎやすいジャンルだと言えます。それこそPVが多いサイトなんかは軽く100万円は稼いでるなっていう印象です。

 

稼げるだけにライバルは強くSEO難易度はかなり高め。

 SEO難易度

SEO難易度チェックツール

 

あれ?ついこの前までは難易度が90以上だったのに・・2016年1月15日現在では難易度は低めですが本来はかなり高めです!

 

これはどういうことかと言うとSEO対策をしても検索上位に表示されるのは困難を極めるということです。ダイエットや転職というキーワードにしてもそう。

 

稼げるジャンルは検索上位に表示することが難しいので新しく参入するのは厳しいのです。

 

このようにライバルが強いジャンルに参入する場合はより洗練されたコンテンツ、キーワード対策(ロングテールSEO)が重要となります。

 

その他、ブラックSEOの手法として自演リンクを貼り記事やサイトの上位表示を狙うものがありますが、僕は怖いのでやりません。ブラックSEOって商品を売る目的の元、サイト構築されていますよね。

 

あくまでもユーザーがアトピーを治すために情報提供しているのであり、商品を売るためにサイト構築はしていないというのも理由の一つです。

 

ビジネスだと割り切って収益を出すのならブラックSEOでサイト構築してもいいかもしれません。

 

アトピーをジャンルにブログを運営している人はSEO難易度が高いためか、アトピーを患っている人が多いです。

 

難易度が高いうえに専門的な知識が必要なためこのジャンルを狙う人が少ないというのが分かります。

 

逆にそこを狙いロングテールSEO対策をして、しっかりとしたコンテンツを提供すれば稼げる可能性は十分にあります。

 

ターゲット層を間違えると稼げない

ロングテールSEOにしっかりとしたコンテンツを作り上位表示に成功できた。

 

これを達成したのにも関わらず収益に結びつかないケースもあります。それはターゲット層が原因かもしれません。

 

僕のように何をしても治らないまま20年経った重症患者の人をターゲットにするのか?最近、アトピーを発症した患者をターゲットにするのか?またはアトピーっ子を持つ主婦をターゲットにするのか?

 

アトピージャンルでサイト運営する際にはどんな人をターゲットにするのかも考えなければなりません。

 

僕は同じような境遇に経たされている方に向けて記事を書いてますが恐らくコンバージョンにつなげるのはかなりハードルが高いと思います。なぜなら病歴が長い分、知識量が他の方よりも数倍あるから。

 

そして治らないことに絶望を感じているため、何を紹介してもどうせ治らないと決め付けている方がほとんどなのです。それでもコンバージョンを出しているのは切り口を変え商品を紹介しているからです。

 

その方法は後の注意点の3つ目で解説しようと思います。このようにジャンルを決めてもどこの層を狙うのかも重要です。

 

コンバージョンを考えるなら知識があまりない主婦層、最近アトピーになった人をターゲットにするのがいいでしょう。

 

紹介する商品を間違えると稼げない

アフィリエイトの大原則として言えること。それが売れる商品を紹介することです。

 

どんなに優れた商品でもそれが売れていなければなかなか成約を取る事ができません。またその層で売れているものを選ぶ必要があります。それはアトピージャンルでも同じこと。

 

敏感肌の方に人気の「アナヤス」を紹介してもアトピーの方には売れないということもよくある話です。

 

アトピーの方に商品を紹介するのならアトピーの方に人気のものを選ぶのが正しい選択です。

 

  • みんなの肌潤糖
  • サラヴィオ美容液
  • あとぴスマイル

 

上の商品はアトピーの方に人気なのでこういった商品を狙うと良いでしょう。何をしても治らず知識がある人を除いては・・そういった方は上記の商品もすでに試しているはず。

 

実際に僕もこれらの商品を試しレビューをしましたがなかなか成約を取る事ができませんでした。まあそうだよな。それ使って治らないなら買う意味ないもんね。

 

だからあえて売れるもの以外のものを紹介する戦略をとっています。治るか治らないは別に治る可能性があるものを紹介して成約を取る戦略。

 

治らないならどうやって症状を和らげることができるのかを考えそれにつながる商品の紹介。そうすることで紹介した商品が売れ、収益を伸ばすことができました。

 

商品の売り方が分かれば後はPVを伸ばせば自然に収益も伸びるだろうと思います。それが今後の課題です。もちろん売ることを目的にしてはいけません。

 

アトピーを治す方法を伝えたうえでその補助になるのが道具だということを伝えてあげましょう。

 

このようにジャンルは同じでも狙うターゲット層が変わると商品の紹介の仕方も変わってくるということを覚えておくとよいでしょう。

 

まとめ

アトピージャンルでブログやサイトを構築する場合はかなりの労力が必要だということが分かったと思います。

 

ただそれは他のジャンルでも同じ。

 

趣味で運営するなら話は別ですがビジネスと考えて運営するならユーザーと同じ立場に立ち悩みを解決していかなければなりません。ユーザーの悩みを検索ワードに引っかかるようにしてその答えを記事にする。

 

そしてその延長戦に商品があるわけです。ビジネスは売ることを目的にしてはいけません。

 

ユーザーの悩みを解決する方法を提供することが真のビジネス。

 

それを肝に銘じてブログやサイト運営をしていきましょう。

 

というわけで今日はここまでヾ(・・ )

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る