Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ブログ記事はタイトルが命~そのキーワード選定法とは

スポンサーリンク

 

 

前回は記事ネタの選び方について書かせていただきました。

 

記事ネタの選び方

 

今回は記事を書いていくに辺り最初の関門。タイトルの重要性とその選定法を書いていこうと思います。

 

ここでいうタイトルとは記事のタイトルのことを言います。

 

よくブログのタイトルと記事タイトルを混合される方がいらっしゃいますのでしっかり区別しておきましょう。ブログタイトルとは運営するサイトの名前。

 

記事タイトルが投稿する記事のタイトルのことを言います。読んで字のごとくなのですが他サイトなどタイトルが命というように簡略化して書かれるケースがあるので、それが誤解を招いているのかな。

 

そういうことにしておこう。

 

とにかく当ブログでも記事タイトルを重要視してブログ運営をしています。

 

つきましてブログを運営して間もない方でタイトルのつけ方がいまいち分からないという方に参考にしていただければと思います。

 

最後にキーワード選定に役立つ無料ツールも紹介します。では長くなりますがご覧あれー。

 

タイトルをつける前に

まず始めに記事タイトルをつける前に抑えておきたいポイントを説明させていただきます。

 

そもそもブログを運営していくに当たりどんな目的があるのかでその運営法は異なります。

 

例えば、アクセスがほしいわけではなく日々の出来事を備忘録として綴る目的であれば、そんなにアクセスを集める必要もないでしょう。

 

逆にアクセスがほしい場合

 

その場合はネットユーザーをそのブログへと集客しなければなりません。そしてどの集客法が一番、集客に適しているのかといえば検索流入での集客が一番適していると言えるでしょう。

 

検索流入とはヤフーやグーグルなどの検索窓から検索をかけそこからユーザーが興味を持ったサイトへクリックして訪れる仕組みのことを言います。

検索

 

他にもブログランキング、ツイッターやフェースブックなどのSNSから集客はできますが個人アカウントでアクセスを促そうとしてもたかが知れています。

 

なのでまずは検索流入によるアクセスを意識し、SNSなどはある程度ブログが育ってから設置させてからでも遅くはありません。

 

検索流入によるアクセスを意識する場合はどのような経路でユーザーが訪れるのかイメージすることが大切です。

 

検索窓から検索をかけたときヤフーやグーグルはその窓に打ち込まれた文字を判断しそこから関連性のあるサイトや記事を表示させています。

 

そして需要があるであろう記事やサイトを独自のプログラムにより選別しランキング形式で表示させています。

 

一ページ目の一番上ほどヤフーやグーグルの評価が高いサイトだということですね。(広告を除いて)

 

当然検索をかけたユーザーは一ページの上位に表示されたサイトからクリックするかどうかを判断します。ただしその判断も1ページ目まで。

 

2ページ以降はめんどくさがりあまり見ようとしません。

 

なので自分がブログで書いた記事はできるだけ1ページ目の上部に表示させたいわけです。

 

記事タイトルのつけ方

ではいざタイトルをつけようとしたときにどんなタイトルをつけていけばいいのでしょうか?

 

例えば自身のブログがダイエットを主体にしたブログの場合。ダイエットの方法を紹介する記事を書きたかったとしましょう。

 

そこでタイトルを「ダイエットの方法」というものしたとします。さてこのタイトルで上位表示ができアクセスを集められるでしょうか?

 

はい、残念ながらこのタイトルでは上位表示できずアクセスを集めることができません。もちろん上位表示させることができればかなりのアクセスを獲得できます。

 

ただブログ運営して間もないサイトはSEO(検索エンジン最適化(上位表示させる力))が弱いので上記のようなタイトルで上位表示させることは難しいでしょう。

 

なのでダイエットの方法を書くのであれば上位表示ができるようなタイトルにしなければなりません。

 

例えば、「短期間で5キロ痩せられるダイエットの方法」とかね。

 

上記のようなタイトルだとわずかながら上位表示できる可能性が高まります。さて「ダイエットの方法」、「短期間で5キロ痩せられるダイエットの方法」2つのタイトルを比較してみてどのような変化が現れたでしょうか?

 

えっと・・・文字数が増えた!!

 

はい正解です。このように文字数を増やすと上位表示できま・・・せん!ただ単に文字を増やしても上位表示はできません。

 

本当の答えはキーワードが増えた

 

これが正解です。ここで言うキーワードとは上位表示させるために必要な語句と捉えていただければ結構です。

 

そもそも始めにつけたタイトル「ダイエットの方法」のキーワードは「ダイエット」、「方法」。この2つがそれにあたります。

 

そして次につけたタイトル「短期間で5キロ痩せられるダイエットの方法」は「短期間」、「5キロ」、「ダイエット」、「方法」。

 

上記の4つがキーワードになります。このようにキーワードを増やすことで専門性が上がりSEOが弱くても上位表示される可能性が上がるのです。

 

それもそのはず、ダイエット、方法、5キロ、短期間で検索をかけた人は短期間で5キロ痩せられるダイエットの方法が何かないか探しているはずです。

 

そこでダイエットの方法のようなざっくりとしたキーワードで構成されたタイトルではユーザーが求めている答えと合致しません。

 

ただしユーザーが検索窓に入力したキーワードが見事に当てはまっていたとしたら?当然、ヤフーやグーグルも関連性があると判断し上位表示させてくれるでしょう。

 

ただし検索窓に入力するキーワードが多ければ多いほど需要は低くなります

 

需要が低くなればアクセスも落ちるということも把握しておきましょう。大手サイトなんかは自身のSEOの強さを把握していますのであまり需要のないキーワードの多いタイトルは狙おうとしません。

 

なのでブログ運営が浅いサイトはやはりキーワードが多くして上位表示を狙うのが良いかと思います。

 

ちなみにキーワードが複数ありその順番によっても評価が少し変わります。

 

基本的に検索エンジン(順位を決定付けその順位に沿って表示させるプログラム)はタイトルのキーワードを左から読み込みます。

 

なのでタイトルのつけ方としては上位表示させたいキーワードを左に寄せておくほうが良いかもしれません。

 

ダイエットで短期間に5キロ痩せる方法

 

このタイトルのほうがSEO的には良いということです。僕はあまり意識してませんが・・・

 

キーワードをずらすというやり方も

まれにキーワードを増やしても上位表示されない。

 

あるいは上位表示されているのにもかかわらずアクセスが集まらないという結果になることも良くあります。

 

強豪サイトが上位を占めていた、キーワードに需要がなかった。色々考えられますがなにかしらの理由があるものです。

 

なので書いた記事にアクセスが集まらなかったで終わらずになぜその記事でアクセスを集まらなかったのかを検証してみると良いでしょう。

 

例えば単にキーワードを増やすのではなくキーワードをずらすという考え方。すこし難しいですね。

 

例えば女優Oが俳優Sと熱愛したニュースを記事にする場合。これをあまりひねりなくタイトルにしてみると「女優Oと俳優Sが熱愛!

 

ちなみに奥菜恵さんと斉藤工さんのことではありませんのであしからず。

 

まあこんなタイトルにしてもアクセスを集められるものですがこれだとライバルも多く上位表示も難しいでしょう。

 

そこでキーワードをずらす。

 

「女優Oの歴代彼氏一覧!とんでもねえびっちだった件について」←適当です。

 

このように女優Oに対し、歴代の彼氏が気になった方がいるとしましょう。そしてこのようなタイトルの記事を書けば当然、歴代の彼氏が知りたいので記事をクリックしてくれますよね。

 

ライバルが熱愛報道ばかり追いかけている傍ら、自分はキーワードをずらしたのでそこからのアクセスをがっぽり稼げるわけです。

 

うへへ。あと熱愛を盲愛と言い換えることもずらしになるのかな。ただこのキーワードのずらしはある程度記事を書かれないとなかなか感覚がつかめられないかもしれません。

 

まずは3~5キーワードで記事を量産し感覚をつかめるようになってからでも良いかと思います。

 

ライバルチェック

僕が一番嫌いな作業。そう、それが見出しにもあるライバルチェックです。

 

この作業はタイトルを決める上での一番最後の作業となります。これをするかしないかで上位表示できるかできないかの明暗を分けるといっても過言ではありません。

 

めんどくさがらずにしっかりライバルチェックはしておきましょう。まずそのやり方は実際にタイトルにしたい文字列を検索窓に打ち込みます。

 

そこで1ページ目に表示されたサイトを見ます。ブログ運営暦が長い人であればすぐにどれが強豪サイトでどれが弱小サイトなのかが分かります。

 

基準としては2ch、ネーバーまとめ、wiki、ヤフー知恵袋などは強豪サイト。

 

これらが一ページ目を独占していたら候補にしていたタイトルは望ましくありません。逆に無料ブログが一ページ目にある場合。

 

そのときは候補のタイトルで上位表示できる可能性が高くなります。

 

と言ってもサイト開設3ヶ月未満であれば無料ブログに勝てる可能性も低いですが・・・無料ブログはsonetブログ、アメブロ、FC2、はてなブログなどがそれに当たります。

 

そしてその中間に独自ドメインブログがあります。ちなみに当ブログも独自ドメインで運営しております。

 

ドメインはお名前.com。レンタルサーバーもお名前.com。レンタルサーバーは値段、容量、セキュリティを着目して選べばいいと思います。独自ドメインは運営暦が長ければSEOも強い傾向。

 

逆に僕みたいな運営暦が短いサイトはSEOも弱い傾向にあります。

 

そこはツールでも使用しない限り、実際にサイトに訪れてみないと分かりませんね。

 

後で紹介はしますが・・・

 

このようにざっくりでもいいのでライバルチェックはしておきましょう。

 

ただそこに時間をとるくらいなら記事を書く。上位表示できるか分からなくても記事を書く。

 

その辺りは経験が必要になりますし記事を書かなければ検証もできませんのでまずは記事を書き進めていくように心掛けましょう。

 

キーワード選定に役立つツール

では最後にタイトルを選定に役立つツールをご紹介します。

 

グッドキーワード

関連キーワードずらーと表示させるサイト。キーワード選定の際に役立ちます。

 

参考サイト:http://nozziedesign.com/125.html

 

グーグルアドワーズ

検索ワードのアクセス数をある程度把握することができます。キーワードを増やしてもアクセスの集まる検索ワードを見つけましょう。

 

参考サイト:http://viral-community.com/seo/ke・・

 

SEOチェキ

ライバルのリサーチをすることができます。自分のサイトと比較して上位表示できるか確かめましょう。

 

参考サイト:http://sonoyama.org/2064.html

 

まとめ

以上がタイトルをつける際のキーワード選定法でした。無料で使えるツールもこのほかにたくさんありますのでそれらを使うとお宝キーワードにめぐり合えるかもしれませんね。

 

ただし、そこに時間をかけるくらいなら記事を書く。

 

このタイトルで少しでもいけると思ったら思いとどまらず記事を書く。これを意識していただければと思います。

 

その経験を踏むことが今後のブログ運営で大切になりますので。次回は以上のことを踏まえ実践の内容を記事にします。

 

また後日アクセスはどうなったかの検証もしようと思っていますので興味のある方はご覧になってください。

 

では今日はここまでヾ(・・ )

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る