病気と健康

40代ストレスで最近、肌がカサカサになったと感じた時の対処法

投稿日:

 

40代になると、ストレスによる肌の乾燥がこれまで以上に気にかかることがあります。

 

30代までは、少し無理をしても平気だったのに、40代になると、とたんに肌の状態が悪化してしまいます。

 

少し天然な管理人
そういえば、僕の働く職場に40代の女性がいますが、最近肌が荒れたと言って困っている様子でした。
しっかり者たかし君
何かとストレスがたまりやすい時期ですからね。ただ工夫次第では若々しい肌を維持できるのでそういった心がけが大切ですね。

 

さて、このようなときの対処法はこれまでと同じでよいのでしょうか。今回は40代の方の肌への乾燥対策についてお伝えします。

 

40代で肌が乾燥しやすくなるわけ

まずは40代になるとなぜ肌の乾燥が顕著になるかを説明しますね。

 

1.ストレスの増加

40代になると、仕事をしている人は、責任の重い仕事に抜擢されることも多くなってきます。また、家庭では、お子さんが思春期になり、つき合い方が難しくなり気を使ったり、両親の介護が始まったりする時期でもあります。

 

そのため、忙しさや精神的な負担からストレスを感じる人が多くなる年代なのです。ストレスを感じると、自律神経が乱れます。

 

交感神経が優位に立つことが多くなり、リンパの流れが悪くなります

 

リンパの流れが悪くなると体に良くないっていうじゃないですか。あれは血中の老廃物がうまく処理されずそいつが悪影響を起こしているからです。

 

また、ストレスホルモンといわれる、コルチゾールやアドレナリン、ノルアドレナリンなどが分泌されると、皮膚のハリやキメを整えるコラーゲンやエラスチンが十分に作られなくなります。

また、肌の水分を保つためのヒアルロン酸の合成が抑えられることから、肌が乾燥していきます。さらに、ストレスホルモンは活性酸素も作り出すため、肌の細胞を傷つけて、肌荒れを引きおこすのです。

 

2.加齢のため

肌は、皮脂により水分の蒸発が抑えられて肌を乾燥から守っています。

 

皮脂の分泌量は20代がピークであとは衰えていきます。

 

40代になると、皮脂量の減少から肌の水分が蒸発しやすくなり、刺激に弱い乾燥した肌になります。

 

また、肌は長年浴びてきた紫外線によってダメージを受けています。40代は、これまで受けてきたダメージによって、乾燥が気になり始める時期なのです。

 

3.更年期の影響

更年期にさしかかると、女性ホルモンの分泌が低下していきます。

 

女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、肌の角層の水分を保つはたらきやコラーゲンを合成するはたらき、しわやたるみを予防するはたらきがあります。

 

また、プロゲステロンというホルモンには皮脂の分泌をうながすはたらきがあります。

 

これらの女性ホルモンが減少することから肌が乾燥しやすくなり、その結果、肌のバリア機能が衰えて、少しの刺激にも敏感に反応して、かゆみや赤みがあらわれてしまうのです。

 

ストレスを軽減するには

ストレスを解消することが、肌の乾燥へも有効です。

 

自分なりのストレスの軽減方法を見つけましょう。まあ以下はごく当たり前のことを書いています。

 

当たり前すぎて普段意識しない点でもありますが、よくよく自分の生活習慣を見直してみると案外当たり前のことができていないことも多々あります。

 

この際自身の生活習慣をしっかり見直し当たり前のことができるようにしていただければと思います。

 

1.睡眠をとる

睡眠不足になると、体も心も調子を崩してしまいます。

 

睡眠中には成長ホルモンが分泌され、肌の調子を回復してくれます。

 

乾燥によるかゆみがあることで睡眠をさまたげられてしまう場合は、皮膚科を受診して、かゆみをおさえる治療をしてもらいましょう。

 

また、40代になると、睡眠ホルモンであるメラトニンも減少し始めます。メラトニンの減少を抑えるには、朝、日の光を浴びることがおすすめです。

 

光の刺激によって、ホルモンが出て、体内時計がきちんと働くようになるため、夜の入眠がスムーズになり、睡眠の質が向上します。

 

2.生活に運動を取り入れる

適度な運動は、ストレスを和らげるのに効果があります。

 

あまりきつい運動ではなく、気持ちよく動ける程度の運動を毎日の習慣にするとよいでしょう。

 

運動することで倦怠感が軽減され、気持ちがリラックスすることで、落ち込みがちである気持ちが晴れやかになったりします。

 

また、運動による適度な疲労は夜の睡眠の質を向上させることにもつながります。

 

活動と休息のメリハリをつけることが、ストレスの軽減につながっていきます。

 

逆の場合には、運動不足による体力の低下から、日々の疲労感が増し、それが精神的な落ち込みにつながることもあります。

 

40代は、肉体面での衰えと、仕事や家庭での負担の増加によるストレスの増加が同時におこる年代です。

 

だからこそ、運動をすることで、体力を維持しながらストレスを軽減することは、40代にぴったりなストレス解消法だといえます。

 

ぜひ、自分にあったスポーツを見つけて取り組んでみてください。

 

3.ビタミンCを積極的にとる

僕たちの体はストレスを感じると、それに対抗するために「抗ストレスホルモン」を出します。このホルモンは、副腎という場所で作られます。

 

副腎はビタミンCの消費がとても多い臓器です。

 

ビタミンCをしっかりと摂ることで、副腎が活発にはたらくことができ、ストレスに対抗することができるようになります。

 

また、ビタミンCは、コラーゲンの合成に必要な酵素のはたらきを助けたり、活性酸素から細胞を守ったりする効果があるため、肌の乾燥を防ぐためにはとても必要な栄養素です。

 

体にため込むことができない栄養素なので、毎日こまめにとるように心がけましょう。

まとめ

ストレスの原因がわかっている場合、それを取り除くことが一番の解決方法ですが、40代では、立場や責任などがあり、なかなか原因を解消することが難しい場合も多いことでしょう。

 

乾燥肌への対策は、保湿ケアが一番大切です。それを実行した上で、今回ご紹介したストレスの解消法をできるところからためしてみてください。

 

ご自分に合った解消法が見つかるとよいですね。

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

当サイトは病気の方でも前向きに、病気じゃない方でも人生をよりよくすることを願って日々記事を更新しています。

 

最後に記事をシェア、コメントを残していただくとウホホーって喜びます。

 

関連記事

-病気と健康

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2017 AllRights Reserved.