Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

赤ちゃんのいびきがすさまじい時に考えられる病気とその対処法

スポンサーリンク

 

 

すやすやとねむっている赤ちゃんを見ていると、だれもが幸せな気持ちになります。

 

しかし天使のような寝顔の赤ちゃんがいびきをかきはじめたら、びっくりしますよね。

 

もしかしたらそれは、何かの病気のサインなのかもしれません。今回は、赤ちゃんのいびきから考えられる病気について紹介します。

 

安全ないびきと、問題のあるいびき

赤ちゃん

赤ちゃんがいびきをかくと聞くと、意外なように感じますが、実際は5~10%くらいの赤ちゃんはいびきをかいているそうなので、めずらしくはないようです。

 

ただその中には危険な病気の症状として現れている可能性があるので注意が必要です。

 

赤ちゃんがいびきをかきはじめたら、よく観察して、危険なものか、そうでないかを見極めましょう。

 

まずは、呼吸をきちんとしているかを確認します。ほほを赤ちゃんの鼻や口に近づけて、息が当たるかを確かめたり、ティッシュを赤ちゃんに近づけて、その動きで確かめたりすることができますね。

 

呼吸をきちんとしている場合は、鼻やのどに原因がありいびきをしていると考えられます。

 

呼吸が途中で一時的に止まるようなことがあると、睡眠時無呼吸症候群である可能性があります。

 

鼻が原因によるいびき

アレルギーや風邪などで鼻がつまっていると、いびきが出ることがあります。赤ちゃんは哺乳するときに、鼻呼吸をしながら口でお乳をすいます。

 

そのため、鼻呼吸は赤ちゃんにとってとても重要です。

 

起きているときは、鼻がつまっていても口を通して呼吸をすることができますが、睡眠中はそれができずに鼻で息をしようとして呼吸障害を起こしてしまうことがあります。

 

こまめに家の掃除をして、鼻づまりの原因となるものを除去したり、耳鼻科を受診して、鼻づまりの治療を行うことが大切です。

 

口呼吸と鼻呼吸では鼻呼吸をしている人のほうが免疫力が高いということが分かっています。小さい頃から鼻呼吸をさせるように意識させておくことで病気に負けない体を手に入れることが可能です。

 

口呼吸の癖がつかないように注意しておくと良いでしょう。

 

のどの構造によるいびき

赤ちゃんののどは、大人と比べると高い位置にあります。それに加え、舌も上の方にあり、哺乳のときに、乳汁が肺に流れるのを防ぐ構造になっています。

 

そのため、もともと口呼吸はしにくくなっています。睡眠中は、さらにのどの周りの筋肉の緊張がゆるむため、気道が細くなりいびきが出やすくなるのです。

 

また、のどの組織もやわらかく震えやすいので息が通るときにいびきとなることがあるようです。

 

これらは、成長とともにのどの位置が変わることで症状は治まっていきます。

 

睡眠時無呼吸症候群

赤ちゃんのいびきの原因でもっとも多いといわれているのが、扁桃腺やアデノイドの肥大です。

扁桃腺とアデノイド

引用:http://www.sas3387.jp/adenoid

 

扁桃腺は5~7歳、アデノイドは3~6歳頃がもっとも大きく、その後小さくなっていきます。扁桃腺が肥大しても鼻呼吸はできるのですが、アデノイドが肥大すると鼻呼吸を制限してしまいます。

 

そのため、睡眠時無呼吸症候群をおこすというわけです。

 

睡眠時無呼吸症候群が長期化すると、乳幼児の突然死、低酸素に伴う精神障害、成長ホルモンの不足による低身長、夜尿など、さまざまな障害がおこるため注意が必要。

 

症状としては、いびきの他に、寝起きの悪さ、長い昼寝、不機嫌などがあげられます。

 

成長とともに、アデノイドが小さくなり症状が改善される場合もありますが、無呼吸の状態がひどく、日常生活や子どもの成長への影響が大きい場合は、手術による切除がすすめられます。

 

症状をよく観察して、気になるようであれば、耳鼻咽喉科や睡眠障害の専門医に相談しましょう。

 

子どもが寝ている様子をビデオ撮影し、記録しておくと診察に役立ちます。いびきの様子だけでなく、胸のへこむ様子などを撮影しておくとよいでしょう。

 

まとめ

赤ちゃんは自分から苦しさを伝えることができません。親であるあなたが様子をよく見て、気づいてあげることが大切です。

 

しかし、神経質になりすぎてもよくありません。ストレスがたまり逆に自分がいびきをかくようになることもありますので。

 

落ち着いて状況を観察し、場合によっては、医師に相談することで、見守る大人が不安を解消することも大切です。

 

日頃から情報を収集して、あわてずに適切な対処をとれるようにしておきましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る