Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

アルコールで胃痛が・・そんなときの正しい対処法

スポンサーリンク

 

 

お酒を飲むと胃が痛くなるという経験をしたことはありませんか。アルコールを飲むと、食道や胃の内部が熱くやけるように感じます。

 

これは、アルコールが粘膜を刺激しているためにおこる作用が原因。そのため、飲酒の後に胃痛を感じる人も多くいます。そんなつらーい胃痛ですが今回は、その胃痛をおさえる方法について詳しくお伝えします。

 

アルコールで胃痛がおこるわけ

胃痛

まずはアルコールで胃痛がおこる詳細の説明から。アルコールの分子は大変小さく、胃の粘膜を通り抜けることできます。そのため、粘膜の表面だけでなく、内部にも刺激を与えてしまい、胃の粘膜自体を弱らせてしまいます。

 

また、アルコールの刺激によって、胃酸の分泌が促されるのも原因の一つ

 

弱った粘膜にたくさんの胃酸が分泌されるため、胃の粘膜が傷つき、炎症をおこしてしまうのです。これが胃痛の原因となります。

 

飲酒の後の胃痛は、急性胃炎をおこしている状態。この状態が続くと最悪、胃がんや胃潰瘍になってしまいます。

 

胃痛のあるときの嘔吐は危険!

嘔吐

お酒を飲み過ぎた後に、嘔吐をすると楽になります。しかし、胃痛があるときに嘔吐をすることをくり返していると突然、吐血することがあります。

 

これは、アルコールによって粘膜が傷ついているところに、嘔吐によって強い腹圧がかかり、その力で胃に裂傷がおきてしまうからです。

 

裂傷がひどくなり、動脈に達すると命の危険もあります。一人でいるときに吐血すると、助けてくれる人がいないまま意識を失ってしまうこともあります。

 

や、やだよ、孤独死は・・

 

ぼっちで死なないようにするためにゲロするときは家族がいる時にしましょう。←いやそういう問題じゃねえ。

 

胃にやさしいものを食べる

胃の中が空っぽの状態で胃酸が出続けると、胃の炎症がさらに進んでしまうことに。それを回避するため、胃に負担のかからないものを食べて胃をいたわりましょう。

 

胃に負担がかからず、消化がよい食べ物としておすすめなのが卵、牛乳、大豆です。

 

卵は、消化をよくするために、半熟の状態で食べると良いですよ。火を通し過ぎると胃にとどまる時間が長くなってしまいます。牛乳は、胃の粘膜を保護する働きがあるため、すすんで取り入れてほしい食品です。

 

お酒を飲む前にも飲んでおくと、胃痛を予防することもできます。少し温めて飲むと胃への負担をさらに減らすことができます。

 

大豆は良質なタンパク質を多く含むため、弱った胃の回復を促進します。豆腐、納豆、味噌、きなこなど、さまざまな大豆製品があります。これらは、やわらかく加工されているため、胃への負担も少なくなっています。積極的に食べるようにしましょう。

 

また、脂肪の少ない肉も食べるとこんなメリットが↓

 

大豆製品と組み合わせると、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の両方を取り入れることができるため、体をつくるために必要な栄養である必須アミノ酸を効率よくとることができます。

 

つまり健康に良いってことです。

 

ツボを押して胃の調子を整える

食べ過ぎや飲み過ぎによる胃の不調は、胃の働きが低下して食べ物の消化がうまくいかない状態です。次に紹介するツボをマッサージすることによって胃の活動を助けたり、消化を促したりしましょう。

 

胃兪(イユ)

胃兪

引用:http://kimeyaka-blog.com/premenstrual-syndrome-symptom-4164

 

背中にあるツボで、胃に関わる不調全般に効果があります。特に消化機能を正常に戻す働きがあります。仰向けに寝て、げんこつにした手を背中に入れると当たる部分になります。

 

やさしく、コリをほぐすようにマッサージをしましょう。テニスボールを当てて、その上に寝るような形で刺激するのもよい方法です。

 

脾兪(ヒユ)

脾兪

引用:http://5000blog.com/05/2013/06/04/胃の弱い人は、脊椎の脇に、上から下まで並ぶ胃/

 

胃兪から指2本分上にあるツボです。これも消化を促進する働きがあります。ほかにも便秘や下痢を改善する効果もあります。これも、胃兪と同じような方法で刺激をしていきます。

 

背骨の両側には、このほかにも胃腸の調子を改善するツボが多く並んでいるので、1つのツボを3~5秒程度押したら、順番に次のツボへ移動して刺激をするというようにしてもよいでしょう。

 

背骨の上を押さないように注意しておこないましょう。

 

中脘(チュウカン)

中脘

引用:http://beautiful-eye.com/wp/?p=1073

 

おなかにあるツボで、内臓の機能全般の働きを活発にします。おへそとみぞおちを結んだ線の中間に位置します。食べた直後は刺激が強すぎるので、マッサージは控えるようにしましょう。

 

足三里(アシサンリ)

足三里

引用:http://二日酔い.jp.net/?p=67

 

ひざのお皿の下の外側にくぼみがあります。そのくぼみから指4本分下にあるツボです。腹痛や下痢、嘔吐に効果があるとされています。ツボに中指の腹があたるようにして、3本の指で押しながらまわすようにマッサージをします。

 

3~5回ほどおこなうとよいでしょう。

 

内関(ナイカン)

内関

引用:http://二日酔い.jp.net/?p=67

 

手首のしわの真ん中から、指3本分ひじ側にあります。胃の不調全般に効果があります。これも、3本の指で優しく刺激しましょう。

 

薬を飲む

即効性を期待するのであれば、薬を飲むとよいでしょう。胃を修復する働きがあるのは、「銅クロロフィリンカリウム」などが配合されている薬がおすすめです。

 

胃酸が出過ぎていて、胸やけなどをおこしている場合は、「水酸化マグネシウム」や「無水リン酸水素カルシウム」などが配合されている薬を選びましょう。

 

吐き気を止めたいときは「オキセサゼイン」のような鎮痛鎮痙成分が配合されているものを選ぶようにします。自分の症状をよく見極めて、合うものを服用しましょう。

 

サプリも考慮してみよう

一番はお酒を控えることですが、社会で働く以上、お酒の席を免れない場面も多いかと思います。そんなとき、普段からサプリを摂取することでアルコールの負担を減らすことが可能です。

 

特にこの手のサプリで人気なのが「レバリズム」というサプリです。僕が働いている職場の上司もこのサプリを飲んでいるとのこと。

 

上司「シジミの力がすごいんだよ」

僕「ああ、そうですか(棒読み)

 

こんな感じで耳にタコができるくらい、同じ話を聞かされています。飲酒前にこういった対策を取っている方は結構多いです。以下はその統計画像↓

サプリ

このように、一般人だけではなく、医療に従事している方もサプリを摂取していることが分かります。3人に1人はサプリやドリンクを飲んでますね。

 

その中で、シジミのサプリは肝臓に良いとされていますし、「レバリズム」は初回1000円以下のお試し可能ですのでこれを気に、サプリの摂取も考えてみてはどうでしょうか。公式サイトからご注文可能です↓

レバリズム・L初回モニター価格980円

 

シジミに多く含まれるオルニチンの有用性について詳しく知りたいという方は、過去記事がありますのでそちらを参照してください。

お酒を飲む前に!オルニチンの正しい摂り方

 

まとめ

ご紹介した方法を試していただいて、胃痛が軽減されても、まだまだ胃は弱っている状態です。胃痛が起きた時は、しばらく飲酒を控えて、胃を休ませるようにしましょう。

 

飲酒による胃痛をくり返すことで、大きな病気を引き起こす危険もあります。体を十分にいたわってお酒を飲むようにしてくださいね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る