Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

足の爪が臭い!その原因と劇的予防法

スポンサーリンク

 

 

靴を脱いだとたんに、足からいやな臭いがする。そんな経験がある人はいませんか。

 

足が臭いと家族に苦情を言われたり、友人たちと座敷に上がって食事をするときなどに靴を脱ぐのがためらわれたりしますね。

 

その足の臭いは、実は爪からにおうことが多いのです。足が蒸れてにおいが気になる夏の前に、その原因を知って、しっかり予防しましょう。

 

かくいう管理人も、家の中で一日中靴下を装備しているせいか、足の爪から変な臭いがしています。くっさ。←1日中靴下を履いているのは冷え性対策とアトピーの悪化防止のためです。

 

足の爪のにおいの原因は?

鼻

爪の間には、靴下のくずやほこりなどの他に、垢もたまります。垢とは、わたしたちの体から出る角質が古くなったものや汚れが固まったものです。

 

爪の中や生え際は、垢がたまりやすい場所。

 

その垢をえさとして、雑菌が繁殖。さらに靴をずっとはきっぱなしだったりすると、汗で蒸れてさらに雑菌が増えてしまいます。

 

この、雑菌の出す排泄物が腐敗して、あのいやーな臭いを出すのです。このにおいは、ウオッシュタイプのチーズと同じにおいの成分を含んでいるのだとか。

 

だから、爪の垢が臭いの原因の場合、靴を脱いだときにチーズのようなにおいがする場合があるんですね。

 

なぜ、爪に垢がたまるのか

膝

もともと爪の形は少し曲がっています。そのため、爪の両端には垢がたまりやすくなります。

 

巻き爪の人や長い爪の人は、さらにたまりやすい。←巻き爪損ですよ。

 

黒色をした爪の垢は、すぐに見つけられますが、白い爪垢の場合、気がつかずに放置されることに。だから垢がたくさんたまってしまうことがあるのです。

 

臭いを予防する方法

消臭

臭いの元になる爪垢ですがどのような対処をすればいいのでしょうか?爪の奥深くに垢がたまってしまうと、お風呂でこすっても取ることができません。

 

そこで以下で足の爪がにおう前に、日ごろからどのようなことに気を付ければいいのかを紹介します。

 

  1. 爪をこまめに切る
  2. 垢をとる
  3. しっかり洗い、清潔にする

 

以上が爪垢をたまらないようにする対処となります。

 

① 爪をこまめに切る

爪をこまめに切る、これ基本的な対策です。爪が長ければ垢がたまりやすくなるのですから、とても重要です。

 

手入れの一番よいタイミングは、入浴後です。

 

入浴後は、爪がやわらかくなっていて切りやすく、ひび割れなども入りにくいからです。また、切りすぎは、深爪や巻き爪の原因になり、足指が痛くなることもあるので注意しましょう。

 

長さは白い部分が1mm程度残っているくらいがベスト。

 

切り方は爪の全体を横にまっすぐ切り、その後、両端部分を少しだけ斜めに切ります。この形にすることで、爪が伸びたときに巻き爪になることを防ぎます。

 

② 垢をとる

次に、爪に残っている垢を取り除きます。これは入浴中にするのが一番効率的で、しっかりと取ることができます。

 

やりかたは簡単、歯ブラシ(やわらかめのもの)で爪の間や周りをこすります。

 

ブラシで垢をかき出すように、やさしくブラッシングします。古い歯ブラシで毛が広がっているようなものは垢を十分にとることができません。新しい歯ブラシか、「爪ブラシ」という専用のものを用意しましょう。

 

垢がたまって白く見えるまでになってしまうと、においが出るため、できるだけ毎日、お風呂で爪の手入れをする習慣をつけるようにしましょう。

 

さらにきれいにとりたい人には、爪の垢をとるための専用の道具を使うと、簡単にきれいに取ることができます。

 

よく爪楊枝を使って垢を取る方もいるようですが、爪楊枝などを使うと皮膚を傷つけてしまうこともあるので控えたほうがいいでしょう。

 

③ しっかり洗い、清潔にする

雑菌の繁殖を抑えるために、石鹸などで足全体をしっかりと洗いましょう。指の間や爪の周りの細かいところも指を使って丁寧に洗ってください。

 

石鹸の残りかすが雑菌のエサになることもあるので、最後に流すときも丁寧に行いましょう。

 

まとめ

足裏は汗をよくかくところなので、汗がにおいの原因と思っていた方は多いのではないでしょうか。

 

汗だけでは、そこまでにおいはきつくありません。爪垢に潜む雑菌が、汗などで蒸れた環境の中で雑菌が繁殖することがにおいの原因なのです。

 

爪の手入れをするほかにも、靴に風を通したり、靴下の種類を蒸れにくいものに変えたりして、雑菌の繁殖を食い止め、においを気にしないすっきりとした生活を送りましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る