病気と健康

チョコレートを食べると肌荒れになりやすい理由と対処法

投稿日:

 

チョコレートを食べるとニキビができるなど、肌荒れが心配になります。

 

少し天然な管理人
僕の場合は心配ってレベルじゃないくらい。アトピーだとダイレクトに症状に表れるので恐怖なのです。
しっかり者たかし君
え、じゃあ食べなければいいんじゃ・・いや、分かります。口の中に広がるカカオの香りとほんの少しの苦みがすーと溶けるようにして伝わるその触感。おいしいから辞められないんだね。

 

そもそもチョコレートが肌荒れをおこす原因は何なのでしょうか。

 

それに、チョコレートは健康によい効果があるという話もよく聞きます。

 

今回は、チョコレートを食べることによる身体への影響と、チョコレートの選び方などの対処法についてお伝えします。

 

チョコレートに含まれる肌荒れの原因成分

チョコレートの原料といえばカカオですが、カカオ自体は肌荒れの原因にはなりません。

 

口当たりのよいおいしいチョコレートを作るには、カカオに加え、糖分や脂肪分、乳化剤などの添加物などいろいろなものを混ぜることが必要です。

 

この後から加えられた脂肪分は動物性脂肪であることが多く、肌にある皮脂腺を刺激して過剰に皮脂を分泌させてしまいます。

 

糖質にも皮脂腺を刺激する作用があるため、毛穴がつまりやすくニキビをつくる原因となってしまいます。また、糖質や脂質は、血液中のコレステロールの値を上昇させやすくします。

 

コレステロールの値が高くなると、血液がドロドロになり、血のめぐりが悪くなります。すると、肌に充分な栄養がいきわたらなくなり、新陳代謝が滞ってしまい、肌荒れにつながります。

 

つまり、肌荒れの原因はチョコレートというよりも、それに含まれる糖質や脂質にあるのです。

 

でもでもチョコレートにはこんな健康効果が!!

チョコレートの原料であるカカオには多くの健康効果があることが知られています。

 

カカオにもカカオバターといわれる脂肪分が含まれますが、これはニキビの原因にはならないといわれています。

 

逆に、コレステロール値を下げる効果があるんですよ。脂肪分以外のカカオの部分には、カカオポリフェノールが含まれています。

 

ポリフェノールには、活性酸素を除去するはたらきがあるため、細胞の老化や破壊をおさえる効果があります。

 

そのため、がんや生活習慣病の発病のリスクを下げる効果があるとされています。

 

カカオポリフェノールの抗酸化効果は、他のポリフェノールよりも高く、含有量も多いことが特徴です。

 

同じくポリフェノールが多いことで知られている赤ワインには100mlあたり200mgのポリフェノールが含まれています。

 

ブラックチョコレートでは1枚(約70g)あたりに1100mgものポリフェノールが含まれています。

 

肌の老化も活性酸素によるところが大きいため、ポリフェノールを含むチョコレートには、肌のシミやくすみ、たるみやしわを予防する効果が期待できるのです。

 

このほかにも、チョコレートの独特の苦みを生み出す成分としてテオブロミンがあります。

 

テオブロミンには血行を促進する作用があるため、冷えや肩こり、むくみなどを改善する効果があります。

 

また、脳へはたらきかけ、リラックス効果のあるセロトニンの分泌をうながします。

 

チョコレートを食べるとホッとした気分になる人は、テオブロミンの効果を感じ取っているのかもしれません。

 

仕事や勉強が忙しく、ストレスが溜まっているとチョコレートが食べたくなるのは、このリラックス効果を体が求めているとも考えられます。

 

そのように体や心が疲れているときは、肌荒れがしやすいものです。

 

肌荒れがしやすい時期とチョコレートを食べたくなる時期が重なることも、チョコレートを肌荒れの原因と考えてしまう理由と一つといえるでしょう。

 

そのほかにも、チョコレートには、カリウムや銅、亜鉛、鉄などのミネラル分やビタミンC、ビタミンE、βカロテンなども含まれており、日常的に摂取しにくい栄養成分を摂るためにもチョコレートは優れた食品であるといえます。

 

知って得するチョコレートの選び方

では、肌荒れをおこす成分を摂らずに、チョコレートの体によい成分だけを摂取するにはどうすればよいのでしょうか。

 

最近では、糖質を抑えたチョコレートというのも商品化されています。

 

また、カカオ成分を多く配合したチョコレートも種類が多くなり市販されるようになってきているため、これらを食べるようにするといいでしょう。

 

無添加チョコレートなるものもありますね。

 

しかし、カカオの含有量が多くなると、苦みも強くなり、食べにくさを感じる人もいます。

 

おいしくないものを我慢して食べることはストレスを増やすことにつながり、肌の健康にはよくありません。健康のために食べるのか、自分の楽しみのために食べるのかなど、食べる目的によってチョコレートを選ぶことが大切です。

 

皮脂の分泌は、ビタミンB2ビタミンB6によって調整されています。

 

また、ビタミンC は、皮脂が酸化することをおさえる作用があるため、ニキビ予防に効果的です。ニキビができることを心配する人は、チョコレートを食べるときに意識的にこれらの栄養素を含む食品を摂るようにするとよいでしょう。

 

まとめ

チョコレートには、肌を荒れる作用を持つ成分と、肌を美しくする成分の両方が含まれていることが分かりました。それぞれの作用をよく理解して、自分に合ったチョコレートを選んだり、食べ方に気をつけたりしていきましょう。

 

口に入れるだけで、幸せな気分にしてくれるチョコレート。上手に食べて、日々の生活の潤いとなればよいですね。

 

管理人は大の甘党。なかでもチョコレートが大好物です。ただ冒頭でも書いた通り肌に影響がでやすいので今では月に一度肌の調子が良いときにだけ食べるようにしています。

 

もしもこんな病気抱えてなかったら毎日でも食べたいんですけどね。ま、その分食のありがたみみたいなものを感じられるので良しとしますか・・

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

当サイトは病気の方でも前向きに、病気じゃない方でも人生をよりよくすることを願って日々記事を更新しています。

 

最後に記事をシェア、コメントを残していただくとウホホーって喜びます。

 

関連記事

-病気と健康

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2017 AllRights Reserved.