Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

花粉症にはエピナスチン?第二世代の抗ヒスタミンの効力とは

スポンサーリンク

 

 

ネットで花粉症対策の情報を見るとエピナスチンというワードをよく目にします。

 

気になって調べてみるとエピナスチンというのは薬の成分名にあたるみたいです。薬であげるならアレジオン

 

薬の名前ならよくCMで宣伝されているので知っている方も多いのではないでしょうか?

 

さてこのエピナスチンという成分。実際に花粉症に効くのか調べてみることにします。

 

アレグラ(フェキソフェナジン)よりも効果は上

比較

では実際にその効果について説明します。と言っても正直薬というものは個人差があり効果の現れ方も違ったりします。

 

エピナスチンも同様のことが言え、花粉症に効果がある、ないは完全に個人差がでてしまいます。

 

ただ同じ花粉症対策で有名な薬、アレグラ(フェキソフェナジン)よりは効果は上のようです。

 

詳しくはこちらで説明してますので興味のある方はご参照を。

アレグラとアレジオンはどっちが効く?

 

第一世代、第二世代って何?

考え事

本タイトルにあるようにエピナスチンは抗ヒスタミン薬の一種であり第二世代に分類されています。

 

第一と第二の違いは簡単に言うと副作用の効果の違いにより分類されています。

 

抗ヒスタミンと表記されているとおり、ヒスタミンの働きを抑え花粉症の症状を抑えるのがこの薬の役割です。

 

化学伝達物質であるヒスタミンはかゆみや炎症の元となりその働きを阻害することで症状が抑えられるというわけです。

 

ただ悪さをするだけではなく生態を保つために必要な覚醒作用なども持ち合わせています。

 

そのため抗ヒスタミン薬を服用すると脳内のヒスタミンの活動が抑えられ眠たくなるといった副作用がでるのです。第一世代の薬はこの副作用の影響が大きかった。

 

そこを考慮し開発されたのが第二世代の抗ヒスタミン薬です。

 

第一世代のものと比べると副作用がでにくいので安全に使用することができます。

 

エピナスチンはどの位置?色々な成分名と比較してみる

比較

さて第一世代は効能は強い分副作用も強いのが特徴。第二世代は効能は第一に比べると弱いですが副作用が出にくいのが特徴でした。

 

今は色々と使用者のことを考えられて薬の開発が進められているのが分かります。

 

ただ第二世代だけでもエピナスチンやフェキソナフェジンなど色々な成分がありそれぞれ効能も違います。そこで効能の強さと副作用の強さの早見票を作成しましたのでご確認ください。

第二世代抗ヒスタミン

エピナスチンはちょうど中間の位置。ある程度効果も強く、副作用も少しあると言った感じ。

 

アレルギー反応が強い方は薬の強さを高めるなどの工夫が必要です。

 

ただ第二世代とはいえ副作用もその分強くなるので個人の判断で使用しないほうが無難だといえるでしょう。症状の強い方は病院に行き適切な薬を処方してもらったほうが結果的に時間もコストも抑えられます。

 

管理人が服用している薬

オルニチン

以上でエピナスチンの説明は終わりとさせていただきます。花粉症にエピナスチンが効くかときかれるとそれは服用してみないと分からないというのがその答えとなります。

 

冒頭のでも言ったように薬の効き方は人それぞれ。症状がひどい場合はそれ相応の効果のある薬でないと意味がありません。

 

素人が症状の違いにより薬を選択するのは難しいので素直に病院に行ったほうが得策だと思います。

 

ちなみに管理人はアトピーのほか、鼻炎、花粉症も患っています。病院で処方してもらっているのがタリオンと言うお薬。

 

正直管理人は薬が嫌いなので医者の出す薬は基本、飲みません。飲み続けないと効果がないという人もいらっしゃると思いますが僕はそうだとは思いません。

 

それは小さい頃から薬を飲み続けた結果、どちらを選択しても結果的に行き着く先の症状は変わらなかったためです。

 

そもそも花粉症を含め、アレルギーを薬で治すという考えが間違え。薬は対処療法でしかなく症状を抑えることはできても病気自体を治すことは不可能なのです。

 

だから僕は症状がひどい場合のみ薬を服用し後は根本的解決に向け治療を施しているのが今の対策になります。

 

もしも花粉症対策は薬が一番だと思っているのならそれは間違いだと気づいてください。花粉症対策に一番必要なのは体質改善しかありません。

 

免疫の誤動作を正常に戻す作業が根本的解決となります。

 

さて根本的解決に向け何ができるのか?人それぞれでしょうが僕は抗酸化物質が多く含まれている白井田七茶をおすすめします。

 

毎年、その場しのぎで薬を服用するなら根本的解決に向けこちらのお茶を飲んでみてはいかがでしょうか?

【白井田七。茶】

 

結果的に将来にかけるコストは安く抑えられるはずです。

 

薬に関しての詳細が以下の記事となります。

花粉症に効くおすすめ市販薬TOP5

 

薬で症状を抑えたいというのであれば一度見てみると参考になるでしょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る