病気と健康

歯茎の腫れが治らない!考えられる原因とその対処法

投稿日:

 

歯茎が腫れると気持ちが悪いものですね。痛みがないと、つい放っておいてしまいますが、歯茎の腫れは歯や歯茎に異変がおきていることを知らせているものです。

 

少し天然な管理人
僕も虫歯ができた後は歯茎が腫れてしまいました。その後放置してたんですけどどんどん膨らんで膿が出てそれはそれは痛い思いをしましたよ。
しっかり者たかし君
放置はいけませんね。中には放置では治らない歯茎の腫れもありますので注意が必要です。

 

腫れる原因を知って、対処できるようにしておきましょう。

 

 歯茎が腫れる原因

歯痛

というわけで早速歯茎が腫れる原因を探ってみたいと思います。

 

1.歯周病

歯周病は、歯周病菌への感染によって歯を支えている歯槽骨が溶かされていく病気です。

 

症状が軽い場合の歯肉炎であるときから歯茎の腫れがあらわれます。痛みがないと気がつかないこともあります。歯周病の細菌と白血球の死骸が膿となってたまり、歯茎に腫れがおこります。

 

膿が外に出てしまうと腫れはおさまりますが、また腫れてしまうので適切な治療が必要です。

 

その間に歯の周りの骨がどんどん溶けていき、歯の腫れがおこらなくなるころは、もう、歯が抜けるくらい症状が進んでしまっています。

 

2.根尖膿瘍 歯槽膿瘍

虫歯が進んだり、歯の神経の治療がうまくいかなかったりした場合に、歯の根っこの部分に細菌が増えて、中に膿がたまる状態です。

 

僕がなったのはこれですね。

 

骨を溶かして膿が外に出ようとしているときに歯茎に腫れがおこります。この場合、腫れる前に強い痛みがあるのが特徴です。

 

3.歯牙破折

顔面を強打するなどの原因で、歯の表面や歯根が欠けたり折れたりすることがあります。

 

その破片は、消えてしまうことも多いのですが、そのまま残ってしまい歯茎の腫れを引きおこすことがあります。

 

4.口内炎

歯茎に口内炎ができることで、腫れる場合があります。この場合は、白い潰瘍になっていることが特徴です。

 

また、歯ブラシで強く磨きすぎることにより、歯茎に傷ができてしまうことがあります。この傷に細菌が感染すると口内炎のように痛みが出る場合があります。

 

 5.親知らず

親知らずは、歯磨きがしにくいこともあり、細菌がたまりやすく歯茎の腫れにつながります。

 

歯茎が腫れた場合の対処法

歯の治療

それでは実際に歯茎が晴れた場合の対処法について説明させていただきます。

 

1.歯科医院で治療を受ける

根本的な治療をするには、歯科医院を受診するのが一番よい方法です。

 

歯周病が原因の場合は、治療に時間がかかります。早期発見、早期治療が治りを早くするポイントなので、少しでも早く歯科医院を受診することが大切です。

 

膿がたまっている場合は、歯に穴をあけたり、歯茎を切開したりして膿を取り除きます。その際、炎症をおさえるために抗生剤や鎮静剤を投与します。

 

そして、腫れの原因となる細菌や歯垢、歯石を取り除く治療をおこないます。

 

歯周病などは、歯磨きの仕方が悪いと再発することもあるので、ブラッシング指導などもしてくれます。←意外と勉強になる。

 

また、なかなか治らない口内炎などの場合、レントゲンをとるなどして、ほかに原因となる病気がないか調べてくれます。

 

親知らずが原因の場合は、虫歯になりやすい状況であったり、他の歯への悪影響があったりする場合は、抜歯をすることも。

 

歯も人体の一部なので失ったものの喪失感と言ったら半端ないです。だからこそ早期治療を。

 

歯茎の腫れが治っても、定期的に通院し、歯垢を除去したりクリーニングをしてもらったりして口内を清潔に保つことや、異常がないかを診てもらったりすることで再発を予防することが大切です。

 

2.家庭でできる対処

家庭でできる対処は、あくまでも応急的なものです。すぐには歯医者に行けないときなどにとりあえずおこなうものなので、治療ではないことを心得てください。

 

市販の痛み止めを服用する

痛みを我慢すると、心身に負担がかかるため、我慢をしないで痛み止めを服用し、体を楽にしましょう。

 

痛みが強いと、食事ができなくなり体力も低下してしまいます。すると細菌の活動が活発になり、さらに炎症が強くなることがあります。

 

痛みがおさまったら、食事をしっかりとり、睡眠をとるなどして体力を保つようにしましょう。

 

腫れた部分を冷やす

腫れた部分は、血液や膿によって内圧が高くなっています。冷やすことで血液の循環を抑えて内圧を下げると、痛みが和らぎます。

 

氷などで直接冷やすと、刺激が強すぎて痛みが強くなることがあります。濡れタオルや、冷却シートなどを用いて、やさしく冷やしましょう。

 

やわらかい歯ブラシで歯磨きをする

歯磨きをしないと、口の中の細菌が増え、痛みが増してしまいます。痛い部分を刺激しないように、やわらかいブラシで歯磨きをしましょう。

 

痛い部分は、磨くことで傷がつくことがあるので、無理に磨く必要はありません。

 

うがい薬でうがいをする

殺菌作用があるうがい薬を用いてうがいをすることで、口の中を清潔にします。

 

歯茎の腫れを予防するセルフケア

治療を終えた後は予防に努めましょう。

 

1.ブラッシングの仕方を見直す

細菌は、歯の磨き残しである歯垢の中で繁殖します。

 

歯磨きの仕方には、人それぞれクセがあるため、毎日、同じところを磨き残している可能性があります。

 

歯ブラシの当て方や、力の入れ方など、きれいに歯を磨くのは、なかなか難しいものです。歯科医院でチェックを受けて、歯磨き指導を受けることで改善していきましょう。

 

また歯磨き粉も割と大切ですね。僕は歯槽膿漏の予防にカムテクトを使っています。割といい感じ。この味を好む人が多いみたいな表記があるけどめっちゃまずい。まあ今となっては慣れましたが・・

 

2.歯間ブラシ、デンタルフロスを使用する

歯と歯の間の歯垢は、歯ブラシでは取り除くことができません。歯間ブラシやデンタルフロスを使う習慣をつけましょう。

 

3.歯茎の様子を観察する

毎日の歯磨きのときに、鏡で歯茎を観察する習慣をつけましょう。小さな腫れであれば、その場所を丁寧に磨くことで多くの場合、症状が改善されます。

 

また、腫れを早期発見し、早めに歯科医院を受診することで、簡単な治療で治すことが可能になります。

 

まとめ

歯や歯茎の病気は、強い痛みが伴うことが多く、つらいものです。しかし、これらの病気の多くは予防することができるものです。

 

歯や歯茎の健康を保つためにも歯科医院を定期的に受診することをおすすめします。口は、体内への入り口です。口内を健康に保つことは、体全体の健康を保つことにもつながります。

 

病気になってからあわてるのではなく、病気にならないように気をつけた生活を送るようにしましょう。

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

当サイトは病気の方でも前向きに、病気じゃない方でも人生をよりよくすることを願って日々記事を更新しています。

 

病気や仕事、人生についてお悩みの方は下記の「人生についての記事セレクション」を見て頂ければと思います。

 

関連記事

人生についての記事セレクション

成功の反対 1

  いらっしゃいませこんにちわー。ここは生まれてこなければよかった方たちが集まる憩いの場所でございますよー←大ウソ   はい、というわけで今回は生まれてこなければよかった方たちに向 ...

ぼっち 2

  人は孤独を嫌う。   特に日本人は集団帰属欲(人と同じような行動をしたがること)が高い傾向にあり、気の合う仲間でグループを作り行動しようとします。ただそこでそのグループに入れな ...

働く 3

  何の目標もなしにとりあえず大学に行ってそれなりの企業で働けたら良い。   ベネッセの調査では将来なりたい職業があると答えた小・中・高生は実に6割。   僕の予想よりも ...

-病気と健康

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2017 AllRights Reserved.