Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

鼻水が止まらないのでネットに書いてあった方法を全て試してみた結果

スポンサーリンク

 

 

にょーん( ̄ii ̄)ズルズル

 

アトピーを患っているせいかアレルギー性鼻炎も合わせて持っている管理人。そして3ヶ月に一回は、鼻水が止まらないなぞの現象に襲われます。

 

もう唾液の分泌量をはるかにしのぐ量の鼻水が朝から晩まで放出し仕事や生活がままならない程です。

 

今までは鼻炎薬を飲んで対処していたのですが体の健康のことを考えるようになりなかなか鼻炎薬に手が出せなくなりました。しかし何か対処法を見つけなければいつしか脱水症状でしんでしまうw

 

そこで僕はわらをも掴む思いでネットの情報をくまなく調べました。

 *一ページ目までだけど。

 

そこでいくつか鼻水を止める方法があったのでその方法を片っ端から試して鼻水が止まるかどうか実験してみました。

 

というわけで今回はその情報と実際に試してみた結果を合わせながら管理人がどうなったのかをご紹介させていただきます。

 

鼻水が出る原因とその仕組み

鼻

では実際に鼻水を止める方法を実践していきたいわけですがまずその前に鼻水が出る原因、また鼻水の仕組みというのを理解しなければなりません。

 

というのも鼻水が出る原因は様々で以下で紹介する実践法が適切であるとは限らないからです。ただ管理人は一刻も早く鼻水を止めたいので動画の力を借りることにします。

上の動画を見れば鼻水が出る原因と、その仕組みがお分かりいただけたでしょう。

 

上記でも述べている通り管理人はアレルギーが原因となっています。もしも原因が風邪である場合はもう諦めて風邪薬を飲んで寝るというのが最善の策となるでしょう。

 

さてこうしている間にも管理人の鼻からはだらだらと分泌液が放出されているので早速実践に取り掛かります。

 

鼻水を止める方法と実践結果

比較

1.水を口に含ませる

結構有名な鼻水の止め方です。

 

管理人もこの方法は知っていましたが実際に試したことはありませんでした。やり方はとても簡単。少量の水を口に含ませしばらく待つだけです。

 

そうすると鼻水が咽頭に流れ込み鼻からの放出を避けることができます。

 

では早速トライ!

・・・

ぶはあああっっ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ

 

鼻も詰まってるし口に水を含んでいるため息ができずブハーってなっちゃいました。ということで当然効果は現れませんでした。

 

2.脇にペットボトルを挟む

脇にペットボトルを挟むことで交感神経が刺激され鼻の粘膜からの分泌を抑えることができます。脇にはそういった神経が集まっている部分なので効果があるということですね。

 

なぜ交感神経が優位になると鼻水が止まるのかは上の動画で説明されていますので今一度ご確認を。ペットボトルではなくても適度に脇に物が挟まれば何でも良さそうです。

 

では早速トライ!

ふんぎゅーふんぎゅー。

だらだらだらーん。

 

どうやら管理人には通用しないみたいです。

 

そもそも自律神経の乱れがアレルギーの原因にもなっているので今更、神経系に刺激を与えたところで効果が見込めないというのは分かっていました。

 

3.鼻を暖める

蒸しタオルを用意して鼻を暖めると鼻水を止めることができるとの事。水でぬらしたタオルを電子レンジでチンするだけで簡単に蒸しタオルは作ることができます。

 

これも交感神経の刺激による対策になるので僕には効果はなさそうですが・・・やらずして結果というのは生まれないものなので早速トライ!

 

・・・

撃チン。

なんだか粘り気が少ない鼻水が出るようになりました。

 

4.ツボを押す

つぼを押すと鼻水が止まる当話はよく聞く話です。

 

以前僕もやってみてことはありますがその時はあまり効果を得られなかった記憶があります。さてそのツボというのが睛明、鼻通、迎香と言われるところ。

 

言葉で説明するのが難しいので画像でご確認ください。

鼻水を止めるツボ

睛明は目頭のすぐ隣にあるツボ。鼻通は鼻の側面の真ん中にあるツボ。迎香は小鼻の左右にあるツボです。

 

これらのツボを少し痛みを感じるほどの強さで指圧する、あるいは優しく擦ってあげると鼻水が止まることがあるそうです。

 

ではだめもとでトライ!

清明グニグニ→たらーん。

鼻通グニグニ→たらーん。

迎香グニグニ→だらーん。

 

はいだめでした!他にも耳の周辺はツボがたくさんあるみたいです。指でつまんで少し痛いところがあればそこがツボなのでそのツボを刺激すると鼻水が止まるかもしれません。

 

管理人はだめでした。

 

5.呼吸を変える

以下の一連の動作をすることで鼻の通りが良くなり鼻水を抑えることができます。

 

深呼吸→息を止める→首を上下にゆっくりと動かす

 

半信半疑でいざトライ!

 

深呼吸→たらーん→息を止める→鼻水は止まらない→

首を上下にゆっくりと動かす→動作に合わせてたらーん

ってなる

 

やっぱりだめでした。

 

6.おとなしく薬に頼る

以上が薬を頼らずに鼻水を止める方法です。

 

管理人はこれら全てをやってみたのですがどうやらこれらの方法では僕の鼻の機能を抑えることはできないみたいです。

 

IGE値が普通のアレルギー患者の100倍もあればそりゃあ何したって無理ですよね・・・というわけで管理人の鼻炎は並大抵の方法ではだめだということが分かりました。

 

そこで最終的に残された選択というのが薬を頼るという方法です。あまり乱用すると効果が薄れてしまうので継続的な使用は避けたいところ。

 

ただ何をやってもだめだったので、こういったどうしても鼻水が止まらない状況に陥ってしまったときは薬を使うのもやむを得ないなと感じました。

 

これからはこういった状況に陥ったときはおとなしく薬を服用しさっさと寝ることにします。まあ相当なアレルギーの持ち主ではない限り上記の鼻水を止める方法は有効だと思っています。

 

その方法一つ一つに根拠がありますからね。

 

なのでこの記事をご覧になっている方は薬をほいほいと使うのではなくご紹介した方法をまず実践されてみてはいかがでしょうか?

 

何でも薬に頼ってしまうと管理人のように本当に薬なしでは治らない体質になってしまいます。どうか同じ過ちを踏むことの無い道を選んでいただければと思います。

 

ああ辛い・・・

 

では今日はここまでヾ(・・)

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る