Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

半身浴は効果がない?医学的観点とその結論

スポンサーリンク

 

 

 

湯船に半身だけを長時間つける半身浴。血行がよくなり、汗を多くかくことから美容やダイエットによいとされ多くの人が実践しています。しかし、その効果に疑問を投げかける研究結果も発表されています。

 

はてさて、半身浴は本当に健康に良いのでしょうか?少し気になったので、今回は、半身浴には本当に効果があるのかをお伝えします。

 

 1.ちょこっと雑学~半身浴の由来とは?

ではさっさく本題へ。とその前にプチ雑学。湯船に全身をつけると水圧の影響で血圧が上昇します。これが高齢者や高血圧の方には大きな負担となり、脳卒中や心筋梗塞のリスクが高くなるのです。

 

そのため、血圧が上昇しにくい入浴法として考えられたのが半身浴です。つまり、美容効果を期待しておこなうものではなかったということです。

 

2.半身浴で代謝はよくなるのか?

半身浴自体は、体に負担をかけない入浴法なので、消費カロリーはとても低いです。立ち話を10分間おこなうと、キャラメル1個分相当の16kcalを消費します。

 

これを半身浴で消費しようとすると100分間かかってしまいます。

 

また、体があたたまり代謝がよくなると考えられていますが、北海道大学病院の研究によると、半身浴を始めて6か月間ほどは、基礎代謝量があがりますが、その後、基礎代謝量はへっていき、効果がなくなってしまうそうです。

 

その原因は、体が慣れてしまうことだそうです。

 

人の体は温熱効果に慣れやすくできており、実際に高い効果を得られるのは1か月間ほどだそうです。体の代謝をあげるには、体の外から温めるのではなく、内側から温めることが大切です。

 

つまり、運動をすることが一番の代謝アップの方法だといえます。

 

3.デトックス効果で肌はきれいになるのか?

 半身浴は、汗を多くかくことから、体の老廃物を排出しデトックス効果が期待されています。

 

しかし、実際に汗の成分を調べてみると、99%が水分で、そのほかは、アンモニアや塩分といった水溶性の成分が含まれている程度で、体内の毒素は含まれていないのです。

 

体の老廃物のほとんどは、便と尿によって排出されています。毒素の排出率は大便が7割以上。続いて小便2割、汗による毒素の排出率はたったの3%です。

 

汗をかく本来の目的は、体温調節をすることです。そのため、汗をかいても体の中がきれいになるわけではありません。つまり、デトックスするためには、腸内環境をよくして、便秘を解消することの方が重要で効果的なのです。

 

毛穴につまった汚れが汗によって排出され毛穴がきれいになると考える人もいるようですが、これも効果は期待できません。それは、お風呂でかく汗が出る毛穴は、皮脂がでる毛穴とは別のものだからです。

 

また、半身浴をすると、汗をかきやすい体質に変化します。そのため、汗による化粧崩れなどが気になる人は、控えた方がよいといえます。

 

さらに、肌には潤い成分のセラミドがありますが、これは、お湯に長くつかっていることで簡単に流れていってしまいます。

 

そのため、長時間の入浴は、乾燥肌を招いてしまうことにもつながるので、美肌については逆効果になってしまうのです。

 

4.血行がよくなり、冷え性は改善するのか?

 残念ながら、入浴によって体が温まっても、それは一時的なもので、冷え性の改善にはつながりません。半身浴は、上半身が冷えやすいため、体を温めることが目的であれば、全身浴の方が効率的です。

 

5.半身浴に期待できる効果とは?

うーむ。これまでの説明だと半身浴で得られる効果というのはあまり期待できないものと思ってしまいますね。ただ効果がないわけではありません。入浴の主な効果は、ストレス解消や筋肉のリラックスにあります。

 

体を温めることで筋肉や神経の緊張がほぐれて疲労が回復し、ストレスも緩和されていきます。

 

特に半身浴では、38度から40度ほどのぬるめのお湯につかることから、副交感神経が優位になり、高いリラックス効果が期待できます。半身浴をした後に睡眠をとると、リラックス効果から、睡眠の質があがります。

 

良質の睡眠をとることは美容や健康にとてもよいため、半身浴はこのような2次的な効果を期待できるものだと考えるとよいでしょう。

 

ただし、汗を多くかく半身浴は、脱水症状におちいる危険があります。

 

水分をとってから入浴し、入浴中にもこまめに水分をとるようにすることが大切です。

 

また、上半身が冷えやすいため、肩に乾いたタオルをかけるなど冷やさない工夫が必要です。入浴中にお湯が冷めてきた場合は、足し湯や追い炊きをして温度を調節しましょう。

 

6.見直される全身浴

疲労回復には、全身浴の方が向いています。40度のお湯に10分間、肩までつかることが一番効果が高いとされています。

 

入浴剤などを利用することで、より体が温まったり、リラックス効果が高まったりすることも期待できます。入浴剤は、お湯の水質をやわらかくするため、肌への刺激を少なくする点でも使用することをおすすめします。

 

まとめ

多くの女性が期待しているダイエット効果や美肌効果は、半身浴には期待できないことがわかりました。

 

しかし、心臓に持病がある方や高齢者の方など、半身浴によって入浴することを楽しめるようになった人もいるのですから、とてもすばらしい入浴方だと思います。

 

もう一度、入浴することの本来の目的を振り返ってみるよい機会になりました。一番大切なのは、入浴することでみなさんが気持ちよくなることだと思います。

 

それぞれのお風呂タイムをどうぞ楽しんでくださいね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る