Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ヘルパンギーナって何?大人も要注意なので対策しよう

スポンサーリンク

 

 

あまり聞きなれない病気、ヘルパンギーナは、夏場に乳幼児や子どもを中心に流行する「夏風邪」の一つです。

 

発症すると高熱が出て、唾液も呑み込めなくなるほど、のどが痛くなります。また、子どもだけでなく大人も感染することがあり、大人の方が子どもより重症化しやすいといわれています。

 

今回は、ヘルパンギーナという病気とその対策についてお知らせします。

 

ヘルパンギーナの原因

子ども

ヘルパンギーナの原因は、コクサッキーウイルスやエコーウイルスの感染によるものです。感染経路は、唾などによる飛沫感染と便を介した接触感染です。

 

毎年、5月頃から流行し始めます。流行のピークは6~7月で、8月に入ると患者数は減っていきます。現在が5月の中旬なので今のうちに対策をした方がよさそうですね。

 

発熱時に最も感染力が強く、解熱して2日ほどで感染力は弱まります。しかし、この後も2~4週間程度の期間は便からウイルスが出るため感染の危険があります。

 

ヘルパンギーナの症状

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナに感染して発症するまでの潜伏期間は2~4日と短く、突然39℃以上の高熱が出ます。

 

のどの奥が赤くなり、白い水泡が半円状にできます。この水泡が破れて潰瘍を作ります。

 

冒頭でも言ったとおり、痛みが強いため唾を呑み込むのも辛いです。そのため、子どもの場合、よだれが普段よりも多くみられるようになります。

 

そのほか、高熱による脱水症状や熱性けいれんなどをおこす危険がありますので注意が必要です。まれに、無菌性髄膜炎や急性心筋炎を合併することもあります。

 

嘔吐や頭痛、顔面蒼白などの症状がみられたら、ヘルパンギーナの診療を受けた後でも、もう一度、医療機関を受診しましょう。

 

ヘルパンギーナの治療

医者

さて、予防法は後述するとして実際にヘルパンギーナにかかったときはどのような対処をしたらいいのでしょうか?

 

治療は、熱や脱水症状に対する対症療法が中心になります。残念ながらこの病気、感染の原因となるウイルスに対する抗ウイルス薬やワクチンがありません。

 

しばらくは安静に過ごし、水分補給をしっかりと行います。最近は、体に吸収されやすい経口補水液も市販されているので、症状に合わせて利用していくといいでしょう。

 

食べられるのであれば、アイスクリームなどを取ると、のどが冷えてエネルギーもとれるので体力の回復を早めることができます。

 

ただアイスの食べすぎは胃腸の働きを弱め免疫力の低下を招く恐れがあるので、食べすぎには注意しましょう。氷を口に含むことも水分補給と痛みの緩和が同時にできのでおすすめです。

 

大人のヘルパンギーナ

風邪

ヘルパンギーナは子どもに多く、患者のほとんどは4歳以下です。しかし、大人も感染することがあるのをご存知でしょうか?

 

多くの場合は子どもの看病をしていた大人です。

 

夏場の発症が多いので、夏バテをしていたり、看病のために睡眠不足になっている時は要注意。疲れがたまり、免疫力の低下から感染することがあります。

 

大人がかかると子どもよりも高熱が長期間続いたり、痛みがひどかったりする場合が多いようです。看病する際には、感染の予防とともに、大人も体をしっかり休めて体力を落とさないようにすることが大切ですね。

 

ヘルパンギーナの予防

ではヘルパンギーナの予防法を以下で紹介します。何といっても、感染した人との接触を避けることが一番の予防法です。

 

マスクをして、手洗いうがいと手指の消毒をおこなうことが有効となります。アルコールに強いウイルスのため、消毒剤は次亜塩素酸系のものを使用してください。

 

便にはウイルスが混入しているので、特にトイレの後の手洗いは重要です。できればタオルの共用も避けたいところ。

 

そして子どもから子どもへの感染を防ぐために保育園や学校はしばらく休ませること。

 

症状が回復すると保育園や学校に行くことは可能です。しかし、感染力はまだありますから、トイレ後の手洗いをしっかり行うようにさせ、ほかの子どもへ感染を広げないように気をつける必要があります。

 

感染の原因となるウイルスは数種類あるため、何度も感染する可能性があることも心にとめて、感染予防対策をとりましょう。

 

まとめ

ヘルパンギーナは子どもの病気と思っていたら、誰でも感染する可能性がある病気でした。

 

ヘルパンギーナになると、つらい症状に耐えなければいけないのはもちろん、家族に心配をかけたり、仕事を何日も休まなければならなかったりと周りの方に対する影響も大きくなります。

 

流行期間は子どもも大人もしっかり予防に努めることが大切ですね。また、感染しても、免疫力が高ければ発症までは至らないかもしれません。

 

日ごろの生活に気をつけて体調管理をし、病気にかからない体作りを心掛けていただければと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る