Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

花粉症に使われる市販薬のおすすめTOP5

スポンサーリンク

 

 

3月に入り暖かくなってくると気分も一新。今までだらだらしてたけど頑張るぞーとやる気が出てきますね。

 

ただこの季節、逆にあるものが原因でやる気が低下している方も多いはず。

 

そう、花粉症にかかっている方は毎年この季節が来るたびにあれこれと対策をしなければならないので大変です。

 

管理人もアトピーのほかに花粉症も持ち合わせているので花粉対策をするのがめんどくさくて仕方がありません。できることならささっと対処して楽になりたい。

 

そんなときは市販薬がお手軽で簡単です。

 

あとはどれを選べば良いのか?花粉症に効く薬は色々と種類があります。今回は内服薬を中心に花粉症におすすめな薬TOP5をご紹介します。

 

まずは薬の効能と副作用の強さを見るべし

スキルアップ

冒頭でも言ったように花粉症に効く薬は大抵抗ヒスタミン薬と呼ばれるものになります。

 

ヒスタミンは炎症物質に相当し免疫が花粉を敵だと判断したときに分泌されます。症状は皆様がご存知の通り。

 

くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどが挙げられます。

 

抗ヒスタミン薬は文字通りヒスタミンの働きを抑える薬になりますのでこうした症状が抑えられるというわけです。

 

ただ症状は人それぞれであまり表に出ないという方もいればひどく症状に出るという方もいます。薬はそれらの症状に違い適切に選択し服用する必要があります。

 

一般人は薬の名前こそは知っているかもしれませんが効能の強さ、副作用の強さまで把握している方と言うのはあまりいらっしゃらないでしょう。

 

そこで以下に花粉症に効果があるといわれている薬を効能、副作用別に分類したものを貼っておきます。

第二世代抗ヒスタミン

上の図を見てわかるとおり効能と副作用は比例することが分かります。

 

副作用が気になるのでしたら効能は抑えられるものの副作用が少ない薬を選ぶべきでしょう。

 

花粉症に良い市販薬ランキング

ランキング

効能や副作用の強さは分かったけど結局どれを選べば良いのか分からない。

 

その疑問に答えるべく、今回はアレグラ、アレジオン、エバステル、コンタック鼻炎Z、ザジテンAL鼻炎カプセル、この5つの薬のランキングを作成します。

 

完全に管理人の独断になりますので結果を鵜呑みにしないでください。もしも不安を感じるのでしたら素直に病院で処方薬をもらったほうが無難です。

 

アレジオン

比較的、効能も期待でき副作用も少ないという理由で一位に。薬の効果が現れるのに約1.9時間かかります。

 

正直紹介する側としては効果よりも副作用が極力出ないものをおすすめしたいところ。だってクレーム来たら対処できないし・・・

 

僕のようにアレルギー反応が強い方を除けば十分アレジオンでも効果はあると思います。

 

アレグラ

やはり副作用が少ないという理由で二位に。効果が出るまでの時間は約2.2時間。

 

アレジオンよりは効果は少ないものの副作用がほとんど無いのが特徴。花粉症の疑いがある方など症状が顕著ではない方が服用するといいかもしれません。

 

コンタック鼻炎Z

比較的効能が高いので症状が強いという方は試してみると効果があるかもしれません。

 

ただその分副作用も強いので慎重に選ぶこと。効果が現れるまでの時間は約1.4時間。

 

即効性があるので我慢出来ない時に役立つでしょう。ザイザルと言う薬はコンタック鼻炎カプセルの上位互換。高い効能に副作用を減らしているのでこちらがおすすめ。

 

ただ市販薬では販売されていないので時期を待つ必要があります。

 

エバステル

効果はアレジオンと同位置。ただし効果が現れるまでに15時間ほどかかるのが難点。

 

なので4位という結果。対処と言うよりは予防という認識で服用したほうが良いでしょう。ただ薬で予防するという考え方は個人的に嫌いです。その理由は後ほど。

 

ザジテンAL鼻炎カプセル

効果は絶大。しかしその分副作用も強いので残念ながら最下位と言う位置づけ。

 

僕は服用したことがないので分かりませんが相当眠気が強いらしい。仕事や運転の支障になるのでできることなら必要最小限に抑えたいところ。

 

もしも症状が辛くて死にそうだという方はこの薬がいいかも知れません。効果が現れるまでの時間は約1時間です。

 

薬以外で花粉症対策するなら

ポイント

以上、花粉症に効くといわれる薬ランキングでした。

 

僕たち一般人が市販薬で対処する場合はある程度の前知識が必要です。何の知識もないまま市販薬を使うと副作用により命に危険が及ぶことだってあるのです。

 

そんな危険を冒すくらいなら素直に病院に行くこと。ただ長年花粉症で悩み病院にも通っていた僕ですが結局薬を飲み続けても花粉症は治りませんでした。

 

それもそのはず。薬は対処療法に値するもので根本的解決にはならないからです。

 

あくまで症状を抑えるもの。

 

僕が薬を予防のために使うのが嫌いなのはこれが理由。ドーピングで体を強くしたって意味がない。薬を予防のために使うのはそれと同じことです。

 

もしも根本的解決を目指すのなら体質改善が一番です。アレルギーは免疫が関係するのですから考えてみればそれは当然のこと。

 

免疫の誤作動を抑えるには日々の食事や運動、睡眠の質の改善をする必要があります。

 

  • 甘いお菓子に脂っこい食事
  • 仕事以外は体を動かさない
  • 夜更かしばかりをしている

 

こんな生活を送り続ければ免疫も馬鹿になるのは目に見えたことです。薬以外で花粉症対策をしたいのなら体質改善を。

 

と、声を大にして言いたいのですが一度定着したライフスタイルはなかなか変えることができないんですよね。

 

例えばダイエットがいい例です。心の片隅に痩せたいと思ってはいても、ついつい脂っこい食事になってしまう。

 

一度覚えた楽しみは失いたくないものです。

 

そこで僕がおすすめするのはライフスタイルを変えずに体質改善をすること。その方法と言うのが白井田七茶というお茶を飲むこと!ごくごく簡単なことです。

 

白井田七茶というお茶を飲み僕もライフスタイルをそんなに変えることなく花粉症対策に成功しています。新鮮な茶葉の香りが鼻いっぱいに広がりとてもおいしく飲ませていただいてます。

 

薬のように即効性はありませんが飲み続ければ効果を実感できるようになりました。

 

何よりも対処療法ではなく根治療法になりうるのが一番の魅力。結果的に薬にかけるコストよりも安くなるのでおすすめだというわけです。

 

さて毎年薬で症状を抑えるか時間はかかっても確実に症状を解消していくか。

 

あなたはどちらに投資しますか?

【白井田七。茶】

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る