病気と健康

花粉症の対策は実は食事の改善が一番いい?

投稿日:

 

もはや国民病ともいえるほど、多くの人が悩まされている花粉症。

 

メガネやマスクをつけて外出をしたり、鼻うがいや目薬でケアをしたりと、いろいろな対策をしていらっしゃると思います。

 

少し天然な管理人
僕も春になると一日でティッシュを消費してしまうほどの花粉症+鼻炎持ちでした。いやあこのころは発情もお盛んでありますからな。ティッシュがいくらあっても足りませんわー。
しっかり者たかし君
一体この人は何の話をしているのだろう。でもほんと、花粉症って辛いですよね。ただ食事の改善だけで割と症状が抑えられるので是非これからの食生活を見直していただければと思います。

 

というわけで今回は、花粉症対策の食べ物についてお伝えします。

 

まずは基本をおさえよ。花粉症の原因とは

花粉症は、スギやマツ、ヒノキやブタクサなどの花粉をアレルゲンとするアレルギー症状です。

 

これらの花粉が体内に入り込むと、体の免疫機能が反応して「抗体」をつくります。

 

その後、再び同じ花粉が体内に入ったときに抗体が反応し、これを異物であると判断すると、細胞からヒスタミンを分泌して鼻水やくしゃみによって異物を体外に排出しようとします。

 

ヒスタミンが分泌されると、その周辺の粘膜は腫れて炎症をおこし腫れやかゆみを引きおこします。

 

これも免疫細胞が異物と戦いやすい環境をつくるためにおこる反応です。

 

本来なら、体を守るはたらきなのですが、花粉症の場合、体に無害な花粉を異物と判断して過剰にヒスタミンを分泌してしまい、体をまもるための反応そのものに苦しめられるという状態になってしまうのです。

 

ヒスタミンの分泌を抑えることがポイント

ヒスタミンが過剰に分泌される背景には、生活習慣の乱れやストレスを原因とする自律神経の乱れがあります。

 

自律神経が乱れることにより、免疫機能がうまくはたらかなくなり、花粉症などの症状がひどくなってしまうのです。

 

花粉症に限らず、睡眠不足や栄養のかたよった食事を摂り続けることで、体の免疫機能がおとろえると、風邪をひきやすくなるなど、ほかの病気にもかかりやすくなります。

 

まずは、栄養バランスがとれた食事をとることを前提として、以下に上げる栄養素を意識的に摂取することで、花粉症の緩和に効果が期待できます

 

花粉症対策として摂りたい栄養素一覧

1.EPA・DHA

EPAには、炎症の原因となる物質をつくるために必要な酵素のはたらきをおさえたり、アレルギー反応を促進する酵素の働きを阻害したりする効果があります。

 

DHAには、炎症の原因となる物質をおさえるはたらきがあります。

 

そのため、EPA・DHAには、アレルギー症状を緩和させる効果があることがわかっています。EPA・DHAが多く含まれる青魚をたくさん食べるようにしましょう。

 

2.ビタミンB6

アレルギーの患者さんの多くが、ビタミンB6の不足状態にあるといわれています。

 

ビタミンB6には、免疫機能を正常に保つはたらきがあり、アレルギー症状を緩和する効果があります。

 

魚や肉、豆類や穀物に多く含まれています。動物性の食品のほうが吸収率がよいとされています。

 

紫外線に当たると分解され、冷凍保存や加工食品では、減少してしまう栄養素なので、新鮮な食材を食べるようにするとよいでしょう。

 

3.ビタミンA・C・E

活性酸素の影響で、粘膜が炎症しやすくなり、かゆみが強くなってしまいます。

 

ビタミンA・C・Eは抗酸化作用があり、活性酸素のはたらきを抑えます。

 

これらのビタミンは合わせてとることで効果が大きくなるため、乳製品や緑黄色野菜、魚介類などを組み合わせて食べるようにするとよいでしょう。

 

4.亜鉛

亜鉛には、粘膜の健康を保ち、喉の痛みや鼻水を和らげる効果や、活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

 

亜鉛は牡蠣に多く含まれますが、日常的に摂取するのであれば、緑茶や抹茶、きな粉、ゴマなどを食べるようにするとよいでしょう。

 

しかし、加工食品を多く食べると、それに含まれる添加物によって、体内の亜鉛が排出されてしまいます。手軽なファストフードばかりを食べることは控えるようにしましょう。

 

5.ヨーグルト

アレルギー体質には、腸内環境ととても深い関わりがあります。

 

免疫細胞の多くは腸内に存在しています。

 

そして、ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内で免疫細胞を活性化するはたらきがあるのです。

 

ヨーグルトなどの乳酸菌を含む食べ物を摂ることで免疫機能を高める効果が期待できます。

 

厚生省などの調査においても、乳酸菌を毎日摂取することで花粉症の時期の鼻水や鼻詰まりの症状の悪化を防ぐことができたという結果が出ています。

 

乳酸菌にはいろいろな種類があり、人によって相性のよいものと悪いものがあります。いろいろなものを食べ比べてみて、自分と相性のよいものを見つけるとよいでしょう。

 

食べ方としては、乳酸菌は酸に弱いため、空っぽの胃に直接入れても胃酸によって死滅してしまいます。

 

ほかの食べ物によって胃酸が中和されている食後に摂ることで効果を高めることができます。

 

ここを抑えておかないとだめですよ!花粉症を悪化させる食べ物とは

花粉症を悪化させる食べ物としては、ヒスタミンを多く含む生のトマトがあげられます。

 

加熱すれば問題はありません。また、インスタント食品や食パン、マーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸も花粉症を悪化させるため、控えるようにしましょう。

 

食生活の改善は花粉症を抑えられる食べ物を摂ることだけでは不十分。花粉症を悪化させる食べ物を摂らないという意識も大切なわけです。

 

ダイエットにしてもそう。いくら酵素とかとっても肉ばっかり食ってるから痩せられないんですよ。

 

これだえ摂れば大丈夫という生ぬるい精神を捨て、真の食生活の改善に挑戦していただければと思います。

 

まとめ

食事の改善をするということは、体質を改善するということです。

 

これには、継続が必要で、即効性は期待できません。

 

1~2か月間続けることで、効果を感じることができるようになるでしょう。花粉症を改善するための食事は、体全体の健康にもよい食事です。

 

アレルギーに負けない体をつくり、気持ちよく春を過ごせるといいですね。

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

当サイトは病気の方でも前向きに、病気じゃない方でも人生をよりよくすることを願って日々記事を更新しています。

 

最後に記事をシェア、コメントを残していただくとウホホーって喜びます。

 

関連記事

-病気と健康
-

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2017 AllRights Reserved.