Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

花粉症にヨーグルト?どんな種類をとっても改善されない理由

スポンサーリンク

 

 

3月にはいると気温が暖かくなりとても過ごしやすくなりますね。

 

ただ花粉症をお持ちの方はこの季節は地獄。

 

色々と対策法があるとは思いますがよく聞くのがヨーグルトです。

 

管理人はアトピー兼、花粉症なのでこの手の情報には詳しいのですが経験上ヨーグルトはアトピーやアレルギーには効果が薄いといった結論に至っています。

 

今回はその理由と正しい花粉症対策について書いていこうと思います。

 

なぜ花粉症にヨーグルトが効くといわれているのか?

鼻

では初めに花粉症にヨーグルトが効くと言われる理由について。アトピーや花粉症、その共通点にアレルギーというものがあります。

 

アレルギーとは体内に侵入した異物を免疫がそれを敵だと判断し過剰に反応することをいいます。

 

その過剰反応を炎症と言うのですが、アレルギーの方は一般の方が敵だとみなさない物まで敵だと判断してしまうので、炎症反応が現れやすくアトピーや花粉症などの症状が出てくるわけですね。

 

アトピーの場合はほこりやダニに反応して肌に炎症が。花粉症の場合は花粉に反応しくしゃみ、鼻水などの症状が現れます。

 

実際に炎症を起こしている物質は様々ですがその代表にヒスタミンが挙がります。

 

ヒスタミンが体内で合成され放出されると皮膚にかゆみがでたり鼻水がでたりするということです。

 

なので抗ヒスタミン薬を服用すると体内のヒスタミン合を阻害、あるいは働きを抑制させるのでアレルギー反応が抑えられるわけです。

 

ヨーグルトは直接的にヒスタミンを抑える作用はありませんが間接的にヒスタミンの合成を抑えられると言われています。

 

間接的にヒスタミンの合成を阻害する仕組みは以下の通り。少し専門的な内容になるのでとばしてもらってもかまいません。

 

免<疫に深く関係するヘルパーT細胞。このT細胞にはTh1/TH2と二種類ありそれらが互いに拮抗しあうことで免疫バランスが整えられています。

 

つまり元気でいられるということです。しかし生活習慣の乱れや病原に干渉し続けた場合、免疫は生態を維持すべくTh1、もしくはTh2が一時的に優位な状態となります。

 

花粉症やアトピーはTh2が優位になることで発症(またはその一因となる)。具体的にTh2が優位になる条件として考えられているのがリノール酸を含む油、悪玉菌の増殖し腸内環境が悪化することなどが挙げられます。

 

近年は欧米食の普及が進んでいるためリノール酸の摂取、悪玉菌増殖の原因となる砂糖の摂取が多くなっています。アトピーや花粉症の方が増えたのも欧米食が普及し始めた頃。

 

欧米食がTh2を優位にする全ての原因になっているとは言いませんがそれが深く関係しているのは間違いありません。

 

さてここでヨーグルトの登場です。皆さんご存知の通りヨーグルトには乳酸菌が含まれています。ガセリ菌、ラブレ菌、ビフィズス菌など。

 

それらの乳酸菌が機能することで悪玉菌の増殖が抑えられ腸内環境が改善されます。免疫は胃腸にその機能を集中させていますので腸内環境が良くなれば免疫も向上するというわけです。

 

結果、ヨーグルトはアレルギーの一種である花粉症に効果があると言われるようになりました。

 

僕が花粉症にヨーグルトは効かないと思う理由

秘密

冒頭でも言ったように僕はヨーグルトで花粉症を改善させるのは難しいと思っています。

 

以下ではその理由についてお話させていただきます。

 

ヨーグルトの乳酸菌VS腸内細菌

ヨーグルトを取ることで腸内環境が良くなると考えられています。しかしヨーグルトの乳酸菌の数で腸内環境が良くなるのかは別問題。

 

腸内環境が良くなれば免疫が整えられるというのは間違いありません。ただヨーグルトでそれが実現できるのかは甚だ疑問なのです。

 

そもそも腸内環境が良い状態とは一体どのような状態なのかをご存知でしょうか?

 

実はそれを決定付けるのが腸内細菌のバランスなのですが「腸内環境が良い=善玉菌4:日和見菌3:悪玉菌3」となります。

 

上記の菌バランスを保つことで免疫は正常に働き健やかな生活を送ることができるのです。

 

僕たちの腸内細菌の数は100兆個。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は100億含まれていたら良いところです。

 

100億と聞いたらすごいと思うかもしれませんが腸内細菌全体の1万分の1ですよ。

 

そんな小さな数で全体のバランスを整えられるとは思いません。100兆と言ってもそれら全てが個別で生息しているのではなく複数の種類で団体となって生息しています。

 

例えば善玉菌で言えば12指腸には有胞子性乳酸菌が、小腸には乳酸菌が、大腸にはビフィズス菌が生息しています。

 

互いが団体を作りそれぞれ縄張り争いをしているのです。上の一文で分かるとおり、腸の部位によって生息できる菌は限られています。

 

ヨーグルトに含まれるたった1種類の乳酸菌を摂っても腸全体に行き届けるのは不可能であり行き届いても縄張り争いに負けてしまうのです。

 

つまり腸内細菌のバランスを変えることはできないということになります。

 

乳酸菌は良いけどヨーグルトはね

それともう一つ。上の文章から分かると思いますが花粉症を改善させるのはあくまでヨーグルトではなく乳酸菌だということ。

 

ヨーグルト自体は乳製品であり比較的アレルギーをおこしやすい傾向にあります。今この記事をご覧になられているのは花粉症の方だと思います。

 

そういった方はアレルギー要素を含んでいるため花粉症のみならず他のアレルギー反応を引き起こすリスクを秘めています。

 

できることならそういったリスクは回避したほうが良いでしょう。また企業はヨーグルトを健康に良いと言う事をアピールして売っているのになぜか砂糖が入っているものが多い。

 

砂糖は悪玉菌の餌になるので腸内環境を悪化させます。摂るにしてもプレーンを選ぶ必要があるということですね。

 

乳酸菌サプリなら試す価値あり

オルニチン

以上、花粉症にヨーグルトはあまり期待できないという話でした。それでもR1ヨーグルトを摂りたい!カスピ海ヨーグルトを摂りたい!っていうかたは試してみてはいかがでしょうか。

 

何もしないよりはマシですからね。

 

もしも花粉症を根本的に治したいのであれば食生活などの生活習慣の見直しをすることです。道具ばかりに頼るのではなく自分自身を強化するという考え。

 

その上でヨーグルトやお茶などを取ると良い。

 

とくに乳酸菌サプリなら試す価値は大いにありだと思っています。サプリであれば一度にたくさんの乳酸菌を摂ることができますからね。

 

その中でも乳酸菌革命というサプリはワンカプセルの中に腸全体に行き届くように数種類の乳酸菌が1000億個入っています。

 

腸全体に善玉菌が行き渡れば時間はかかりますが着実に腸内環境はよくなっていくことでしょう。例え縄張り争いに勝てなかったとしても善玉菌の餌になり細菌バランスが改善させることができます。

 

ただ重要なのは続けること。一度TH1/Th2のバランスが崩れると元に戻すのは困難です。

 

続けなければ当然腸内環境も改善されず免疫を整えることができませんがただ続けさえすれば必ずその努力が実を結びます。

 

  • 毎年目を真っ赤にしている
  • 毎年鼻水をたらしている
  • 毎年春になると憂鬱になる

 

薬を服用すれば症状は抑えられますが根本的解決にはなりません。だったら完治に向け自分にできることをやったほうがよほど楽になると思います。

 

乳酸菌革命はその努力の支えになるものです。もしも根本的解決を目指すのなら一度試してみてはいかがでしょうか?

乳酸菌革命

 

ちなみに僕は抗酸化物質で花粉症対策をしています。

 

花粉症に効く薬と僕が実践していることについての記事を載せておきますので良かったらご覧になってください。

花粉症に効く薬TOP5

 

では今日はここまでヾ(・・)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る