Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

かかとのひび割れの原因は何?角質除去で潤いは戻るのか

スポンサーリンク

 

 

かかとがガサガサしていると、ストッキングが引っかかって破けてしまったり、歩くたびに引っかかりが気になってしまったりします。

 

ひどくなるとひび割れをおこし、激しい痛みもともないます。

これらを解決するために、角質を除去するためのいろいろな商品が出回っています。しかし、角質を除去することは、潤いも戻すことにつながるのでしょうか。

 

今回は、かかとのひび割れの改善法についてお知らせします。

 

かかとのひび割れの原因

まずはかかとのひび割れの原因から突き止めてみましょう。以下で考えられる原因をまとめています。

 

 1.乾燥

 皮膚は、皮脂によって水分の蒸発を防ぎ、潤いを保っています。しかし、あしの裏には皮脂腺がないため、汗はかきますが、皮脂は出ません。

 

夏のように汗をたくさんかくときは、かかとの乾燥もおこりにくくなりますが、冬には汗をかかなくなるため乾燥し、ひどくなるとひび割れをおこしてしまいます。

 

一度ひび割れると、そこからさらに水分が出ていってしまうため、さらに乾燥が進むという悪循環におちいります。

 

 2.角質の肥厚

 皮膚は、刺激を受け続けると、その部分の角質が厚くなってきます。足の裏は、常に体重がかかるため、皮膚があつくなりやすいのです。

 

とくにかかとには、歩いたり走ったりするときに強い負荷がかかるため、他の部分より肥厚しやすいといえます。また、冷え性などが原因で、血流が悪くなると、かかとに栄養がいかなくなり、皮膚の新陳代謝がとどこおるため肥厚が進みます。

 

ほかには、はだしで歩くことや、靴の当たり方が悪い場合などにも、皮膚に刺激が加わり続けるため、皮膚が肥厚していきます。肥厚した皮膚は、ひび割れると深い傷になりやすいため、治りにくく、さらに水分が出ていくことによりひび割れが悪化していくという状態になります。

 

 3.水虫

 水虫とは、白癬菌が皮膚に寄生することによっておこる皮膚の病気です。かかとが水虫になると、皮膚が肥厚して冬になるとひび割れをおこし、あたたかくなると改善するといった症状をくりかえします。

 

水虫が原因の場合は、皮膚科を受診して適切な処置をほどこさないとひび割れも治りません。

 

放っておくと、足マットなどを介して家族にも感染が広がるおそれがあるため、早めに病院へ行くことをおすすめします。

 

かかとに潤いをもどすには

 かかとの乾燥や角質の肥厚によって、ひび割れがおこることがわかりました。どちらが原因であっても、かかとをしっかりと保湿することが、ひび割れを改善していくために重要なポイントです。

 

しかし、皮膚が肥厚していると、クリームなどをぬっても、その成分が中に浸透しにくいいため、クリームの効果を十分に得られことはできません。そのため、かかとのひび割れ対策には、まず、角質を除去する必要があるのです。

 

 角質の除去の仕方

というわけで角質除去の仕方をいくつかご紹介します。

 

 1.軽石ややすりでこする

 かかと専用の軽石ややすりで軽くこすることで、少しずつ角質が落ちていきます。このときに、往復するようにこすらずに、一方向に動かすようにしましょう。決して乾いた足をこすってはいけません。

 

皮膚が傷つき余計に悪化する可能性がありますからね。

 

というわけで、足を濡らしてからおこないましょう。足をお湯につけて皮膚をやわらかくしてからおこなうとより効果的です。

 

しかし、一度にたくさん削りすぎてしまうと、皮膚への刺激が強くなり、皮膚が体を守ろうとするはたらきをおこし、さらに皮膚を厚くしてしまい逆効果となるため、注意が必要です。

 

また、道具を清潔に保つことで雑菌の繁殖を防ぐことができます。(雑菌が繁殖すると感染症、炎症の原因となります)

 

 2.スクラブ入りクリームで磨く

角質がそれほど厚くなっておらず、日常の手入れとして角質を落としたい人に向いている方法、それがスクラブ入りクリームです。定期的にこのクリームを塗ることで、かかとやひじをなめらかに保つことができます。

 

やすりなどに比べて、角質を落とす力は弱いため、角質がすでに厚くなっている人にはあまり効果はありません。

 

3.ピーリング剤ではがす

ピーリング剤は、古くなった角質に浸透して、角質がはがれやすくなるようにはたらきかけるものです。ピーリング剤を使用して5日から7日ほどたつと、古い角質が乾燥し、ぽろぽろとはがれ落ちてきます。

 

それを手のひらや清潔な布でなでるようにして落とすことで、角質をきれいに落とすことができます。

 

完全にきれいになるまで2~3週間かかるため、その間は角質が落ちやすい状態が続きます。そのため、その期間はあまり素足で過ごさずに、靴下をはくなどする必要があります。

 

 保湿が大切

 角質を落とすだけでは、かかとの潤いを戻し、ひび割れを予防することはできません。

 

必ず保湿をするようにしましょう。

 

角質を除去した後や、毎日のお風呂上りに保湿クリームをしっかりとかかとにすりこみます。

 

その後、乾燥を防ぐために靴下をはくようにしましょう。管理人もアトピーで全身が乾燥気味ですが、靴下を履くことでかかとだけは潤いをキープできています。

 

ひび割れやかかとの乾燥がひどいときには、クリームを塗った後にラップでくるんでから靴下をはくと、クリームがより浸透し効果が高まります。

 

まとめ

 かかとは、もともと乾燥しやすいところのため、日ごろから保湿を心がけることが大切です。ひび割れてしまうほど角質が固くなってしまうと、治すのにも時間や手間が多く必要になります。

 

乾燥予防には、お風呂上りにクリームをぬることが一番効果的です。お風呂場にクリームを用意して、乾燥しらずのしっとりした肌を手に入れましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る