Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

なぜ肩こりと目の疲れは併発するのか?そこでおすすめの対処法とは

スポンサーリンク

 

 

ああ、同じ姿勢を長時間続けていたら肩こったー。パソコンなどのデスクワークで目が疲れると、同時に肩こりがおこることはありませんか。

 

実は、目の疲れと肩こりは非常に関わりが深いのです。

 

肩をマッサージしても治らない頑固な肩こりは、目の疲れが原因なのかもしれません。今回は、肩こりと目の疲れの関係と、その解消法についてお伝えします。

 

目の疲れと肩こりが併発するわけ

肩こり

ではさっそく肩こりと目の疲れの関連性について・・

 

1.眼精疲労からくる自律神経の乱れ

現代社会では、パソコンを用いて仕事をすることが多く、私生活でも長時間スマートフォンを見るという人が増えています。

 

集中して画面を見ている状態を続けていると、目のピントを常に近くに合わせることになるため、目の毛様体筋に負担がかかります。

 

これが目の疲れとなります。

 

目の疲れを解消しないまま無理にその状態を続けると、自律神経の機能が乱れてしまいます。そのため、筋肉の緊張とリラックスのバランスが上手にとれなくなり、常に筋肉が緊張することから、肩こりをおこしてしまうのです。

 

このような状況の人は、同時に緊張性の頭痛をおこす場合も多くあります。

 

2.姿勢の悪さからくる筋肉の緊張

デスクワークをしているときの姿勢も大きく影響しています。画面を見るために知らず知らずのうちに前かがみになることが多くありませんか。

 

そのような姿勢でいると、首から背中にかけてある僧帽筋や肩甲挙筋、三角筋、広背筋などに負担をかけてしまいます。これらの筋肉が血行不良になることで、肩こりと目の疲れを併発することになるのです。

 

僕の場合は背筋がピーンとなっているみたいで上司から〇〇君は姿勢がイイネと良く褒められます。

 

ただなで肩なせいか、方はこりやすい・・ってどうでもいいか。

 

パソコンによる目の疲れの原因

pc

パソコンやスマートフォンの画面からは、ブルーライトといわれる光が出ています。

 

この光が目の疲れに大きく影響しています。ブルーライトは、目の奥で錯乱しやすく、まぶしさや光のチラつきを感じさせます。

 

これが目の疲れを引き起こします。また、集中して画面を見ていると、まばたきの回数が減ってしまいます。一般的に人は1分間に20~30回ほどまばたきをしますが、パソコンの画面を凝視している人はそれが5~8回ほどになっていることがあります。

 

この状態では、眼球に涙液が十分にいきわたることができないため、目が酸素不足になったり、目の表面が乾いて角膜が傷つきやすくなったりしてしまいます。

 

パソコンによる目の疲れを防ぐには、パソコンの位置を目よりも低くし、目を伏せて画面を見るようにすること、意識的に瞬きをおこなうこと、1時間ごとに5分程度休憩をとり、目を休めることなどの対策が必要です。

 

眼精疲労から肩こりをおこしやすいタイプ

自分の生活を振り返って、眼精疲労をおこしやすいタイプかどうかをたしかめてみましょう。

 

  • 仕事でも、家庭でもパソコンやスマートフォンを見ている。
  • 仕事に追われて、パソコンを凝視している。
  • 姿勢がわるい。猫背である。
  • 運動不足である。
  • 継続して仕事をし、あまり休憩をとらない。
  • ストレスがある。
  • 睡眠不足である。

 

ご自分にあてはまる項目はいくつくらいありましたか。上記のような行動は、目や筋肉を緊張させるため、目が疲れやすく肩こりも併発しやすくなります。

 

気が付いた点を意識して改善していくと症状を予防することにつながります。はじめは1つでもいいので、何かに取り組むようにしていきましょう。

 

 疲れ目と肩こりのW解消法!

ポイント

1.疲れ目を解消するビタミンAとB群

ビタミンAは、目のビタミンといわれるほど、目によいことはよく知られています。目の網膜に含まれる視物質が活動するためにビタミンAは必須なのです。緑黄色野菜やウナギなどに多く含まれています。

 

また、ビタミンB群は、眼精疲労の回復にとって大切な栄養素です。B1は疲労回復と筋肉の緊張の緩和。B2は目の充血の解消や視力の回復に効果があります。

 

B12は視神経の働きを高める効果があります。ビタミンB群は汗や尿で体外に排泄されてしまうことも多いため、毎日しっかりと摂ることが大切です。ビタミンB群を摂取するには、卵や魚肉、のりなどを食べるようにしましょう。

 

2.アスタキサンチンで血行改善

アスタキサンチンは筋肉疲労に効果のある栄養素です。毛細血管にまで働きかけ血行を促進し、眼精疲労による目の調節力を回復する効果が期待できます。また、筋肉疲労を改善することから、同時に肩こりの解消にも効き目があります。

 

鮭やカニ、エビなどに多く含まれています。

 

 3.目の体操

まず、目をギュッと閉じて開くということを5回ほどおこないます。次に、眼球を上下と左右に大きく動す。最後に目をぐるっと1回転させ、これを3~5回繰り返します。

 

簡単なので継続してやると効果が表れやすいと思います。

 

 4.肩から背中のストレッチ

背すじを伸ばし、目を閉じてゆっくり首を下に曲げます。頭の重みで首の後ろが自然に伸び、首が長くなったような感覚を10秒間味わいます。

 

首が痛い場合は、痛くない範囲でおこないましょう。

 

5.蒸しタオルでリラックス

蒸しタオルやホットアイマスクを目に当てることで、目の周りの血行がよくなります。気持ちがいいのでリラックス効果も期待できます。ホットアイマスクとか良いんじゃないかな。

 

まとめ

目の疲れからくる肩こりと、筋肉の疲れからくる肩こりと目の疲れというように、どちらかが悪くなるともう一つの症状も悪化するという悪循環があることが分かりました。

 

忙しい現代社会では、休むことがなかなか難しい場合も多いですが、軽い症状を見過ごさずに体をケアする時間を作ることが大切です。

 

ケアをしながら活動する方が、長い目で見た時には絶対に仕事もプライベートも充実するはずです。

 

今日から、さっそく疲れ目肩こり解消生活を送りましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る