病気と健康

風邪と喘息の見極め方~長引く風邪に要注意

投稿日:

 

風邪をひいた後、食欲も戻り、熱や鼻水などの風邪症状は回復したにもかかわらず、咳だけがいつまでも続くという症状を感じる人があります。

 

これは、風邪ではなく咳喘息かもしれません。

 

風邪と咳喘息では、治療法が異なるため、適切に見極めることが回復への近道になります。

 

今回は風邪と喘息の違いやその見分け方についてお伝えします。

 

管理人は生まれつきアトピーで喘息もち。風邪をこじらせるといつも喘息が悪化していたのでとても辛い思いをしてきました。何より予防が大切ですので症状が出ていないうちは最新の注意を払ってください。

 

喘息とは

ほこりやダニなどにアレルギー反応をおこし、気管支の粘膜が炎症をおこします。

 

すると、気管支の空気の通り道が細くなってしまうため、呼吸がしづらくなってしまうのが喘息です。

 

喘息の発作がおこると、某SF英外に出てくるダースベイダーさんみたいにゼイゼイ、ヒューヒューといった喘鳴がおこり、激しい咳や粘り気のある痰が出てきます。多分ベイダーさんも痰が詰まりまくっているものと思われます。

 

そんな憶測はどうでもいいですね。

 

多くの場合は一時的な発作でおさまりますが、症状が重くなると数日も呼吸困難が続き苦しい思いをすることがあります。

 

普通の喘息とどう違う?咳喘息の特徴

少し前までは、喘息とは違う病気に区別されていましたが、今は喘息として扱われています。

 

喘息の特徴である喘鳴がなく、呼吸困難もありません。空咳が1か月以上も続きます。

 

寒暖差を感じた時やタバコの煙をすうということをきっかけとして咳が出はじめる、夜中から早朝にかけて咳が出やすいといった特徴があります。

 

しかし、検査をすると、喘息の患者さんと同じように気道が狭くなっていて、ちょっとした刺激に対して敏感に反応することが分かりました。

 

風邪と咳喘息の見分け方

通常の喘息は、喘鳴などの特徴があるため見極めやすいのですが、風邪と咳喘息を見極めるのは難しく、症状が短期間の場合は医師であっても誤って診断してしまうことがあります。

 

医者のくせにポンコツかよ。おっと医者嫌いの僕の心の叫びが漏れてしまいました。すいません。

 

まず、咳喘息を見極めるポイントは、他の風邪症状がおさまっても咳だけが出続けるという点です。適切な治療をおこなわなければ、その咳は2か月から長い場合で1年以上も続くことがあります。

 

また、風邪によっておこる咳は昼も夜も出るのに対し、咳喘息の咳は、夜中から早朝にかけて出やすいという違いがあります。

 

そして、急に冷たい空気を吸い込んだりタバコの煙を吸ったりするなど、刺激に反応して咳が出るのも咳喘息の特徴です。

 

風邪症状の咳止め薬も、咳喘息には効果がないので、これらの症状にあてはまる場合は咳喘息の可能性があると考えられるでしょう。

 

それぞれの喘息の治療

喘息も咳喘息も気管支の炎症が原因なので、治療法はほとんど同じです。

 

喘息の症状がある場合には、まず、気管支拡張薬を用いて、気道を広げる処置をします。これにより、呼吸困難や咳症状はある程度抑えることができます。

 

しかし、気管支の炎症を抑えなければ、また発作をおこしてしまいます。

 

そのため、吸入ステロイド薬などを用いて治療をおこないます。

 

ステロイド薬は1~2か月ほど継続して使用しなくてはいけません。症状の重症度によっては2年間程度吸入治療をおこないながら徐々に使用量を減らしていく場合もあります。

 

ステロイドと聞くと副作用を心配する方がいますが、ステロイド吸入剤は内服薬に比べ薬量そのものが小量なため副作用の影響をほどんど受けません。

 

なので通常の喘息患者には安心して服用することが可能。

 

まあ僕みたいなアトピー患者からするとこういった免疫系の疾患に薬を使うこと自体間違った処置だと思うのですがそれ以外に症状を確実に抑える方法もなくやむを得ず使用するといった形をとっています。

 

喘息の発作をおこさないために

喘息も咳喘息もアレルギー症状であるため、医療的な治療のほかに、発作のきっかけとなるようなアレルゲンを身の回りから除去することが必要です。

 

医療機関でアレルゲンテストを受けることで自分が何に対してアレルギーを持っているのかを調べることができます。

 

もっとも多いのがハウスダストとダニです。

 

ハウスダストを除去するためには、こまめに床を水拭きするなど、掃除の回数を増やすことが重要です。

 

掃除機では、掃除機から出る風でほこりを巻き上げてしまうことがあるため、拭き掃除をする方が効果的です。

 

ダニが多く潜んでいるのが寝具です。寝具にいるダニのフンや死骸を夜寝ている間に吸い込むことで発作をおこしやすくなります。

 

枕カバーなどをこまめに洗濯することが大切です。そして、もっとも効果が高いのが寝具に掃除機をかけて死骸やフンを除去することです。

 

1週間に1度くらいの頻度でおこなうとよいでしょう。

 

日本では、昔から布団を天日干しにして殺菌効果をねらってきましたが、ダニには天日干しは効果がありません。ダニは、日の当たらない布団の裏側に移動するため、天日によって死滅することはないからです。

 

ダニを死滅させるためには乾燥機を用いることが効果的です。熱が逃げないように他の布団や毛布でくるむようにしながら布団乾燥機をかけることで、布団全体の温度が高くなり、ダニを死滅させることができます。

 

その後は、丁寧に掃除機をかけて、死骸を取り除きましょう。

 

そのほかには、寒い日に外出するときはマスクを着用し、冷たい空気を直接吸い込まないようにすることや、喫煙をやめる、タバコの煙を吸わないように周囲の人に協力をしてもらうといったことが、発作をおこさないため有効です。

 

激しい運動をきっかけとして発作がおこることもあるので、運動中の自分の体調の変化を見逃さないようにしましょう。

 

また上記の方法は発作を起こさないようにするための対処となります。

 

根本的に喘息を治していくには免疫力の向上が必要です。アレルギーを起こしている場合はTH2が傾ている状態ですのでそのバランスを是正するために生活習慣の改善を心がけるようにしなければなりません。

 

物的対処として乳酸菌の摂取、黒酵母やプロポリスなどの摂取が挙げられます。

 

ただこれらの方法に関しては個人差がありますので根本治療である生活習慣の改善を軸として、物的対処はそのサポートと考えて取り入れていくことが必要となってきます。

 

間違っても効果があると言われている乳酸菌の摂取で喘息は治ると思ってはいけません。

 

まとめ

咳が出るといった症状は似ていても、風邪は感染症であるのに対し、喘息はアレルギー症状であるのでまったく違う病気であるということがわかりました。

 

正しい知識を持つことで、風邪と喘息を見極めることが、適切な治療を受けられるようにしたいものです。

 

アレルギーは体質であるので、すぐに病気を完治することは難しいですが、症状がでないように気をつけることは可能です。

 

喘息は、一度発作がおこると再発しやすい病気です。なるべく発作をおこさないように予防に力を入れ、元気な毎日を送れるようにしてくださいね。

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

当サイトは病気の方でも前向きに、病気じゃない方でも人生をよりよくすることを願って日々記事を更新しています。

 

最後に記事をシェア、コメントを残していただくとウホホーって喜びます。

 

関連記事

-病気と健康

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2017 AllRights Reserved.