病気と健康

血圧が高いと冬が大変!快適に過ごすための方法と適切なサプリ

投稿日:

 

心臓病や脳梗塞など、さまざまな病気の原因ともなる高血圧。高血圧症の方は、特に冬場に注意が必要なのはご存じでしたか。

 

冬場に血圧が上がりすぎないようにするには、日常でどのような点に気をつけるとよいのでしょうか。

 

今回は、日常生活での過ごし方と高血圧の方にむけたサプリメントのご紹介をします。

 

高血圧は冬が大変なのはなぜ?

血圧は、体内の塩分が高いとあがります。

 

 

夏場はたくさん汗をかきますが、冬は汗の量が減ることもあり、体内の塩分が高くなりがちです。

 

それに加えて、忘年会や新年会などを通して塩分の摂取量が増える人も多いため、血圧が高くなりやすいと考えられます。

 

また、気温が低いことも血管の収縮につながり、血圧が高くなる原因となります。

 

しかし、もっとも注意すべき点は、気温差です。

 

温かい浴室から寒い脱衣所に出る、夜中に温かい布団から寒いトイレに行く、暖房のかかった室内から寒い外に出る、というように、温かい環境から急に寒い環境に移動する場面が冬には多くあります。

 

すると、温かい環境では広がっていた血管が、寒い環境に移った瞬間に急激に収縮をおこします。

 

すると血圧も急激に上昇します。

 

動脈硬化のある人や血管が硬くなっている人は、このときに血管が破れ、脳出血やくも膜下出血などの発作をおこしやすくなるのです。

 

高血圧の人が冬に快適に過ごすには

風呂から上がって脳出血で裸のまま逝去。こんな恥ずかしい死に方はしたくはないでしょう。

 

 

そうならないように、万全の策を練っておきましょう。

 

1.家の中の温度差を減らす

家の中で一番温度差が大きいのが脱衣所と浴室です。一番風呂の場合、浴室が温まっていないため、裸になって入ると寒さで血圧があがります。

 

あらかじめ、浴槽のふたを開けたままお湯をわかしたり、温かいシャワーを浴室内の壁にかけたりするなどして浴室全体を温めておきましょう。

 

また、浴室から出るときの温度差をなくすために入浴中に脱衣所も温めておくことが大切です。小型の暖房器具などを活用すると良いですよ。最近のは5000円以内で良いのが買えますし。

 

同様に、トイレも温度差が大きい場所です。

 

暖房器具を置くことができない場合は、暖房便座を使用するだけでも効果があります。夜中にトイレに起きるときには、寝間着の上にもう一枚羽織るようにして、寒さ対策をしましょう。

 

2.入浴はぬるめのお湯につかる

高血圧の人は、お風呂の入り方にも注意が必要です。42℃以上の熱いお湯につかると急激に血圧が上昇するため危険です。

 

 

38℃~40℃くらいのお湯につかり、ある程度温まってからお湯の温度を上げるようにすると、血圧がゆるやかに上昇するため負担がかかりません。

 

ぬるめのお湯につかることは、血管を広げる作用があるため、血圧を下げることができます。

 

高齢者の方は、皮膚の感覚がにぶくなっていることもあり、お湯が温かくないと思って、熱めのお湯に入りがちです。

 

かくいう管理人も熱めのお風呂が好きなんですけどね。気持ちいいよねー。あ、でもそれで体を壊しては元もこうもないです。

 

湯温表示などを参考にして、お風呂の温度があがりすぎないようにしましょう。また、長風呂をして血圧が下がりすぎると、湯船から出るときにめまいをおこすことがあります。

 

高血圧の人は5~10分くらいを目安にしてお湯から出るようにしましょう。

 

3.外出時の防寒を徹底しよう

冬の外出時には、冷たい外気に肌がふれないように防寒着を着用するようにします。

 

特に首には大きな血管があるため、マフラーやタートルネックの服などで覆うことで血管の収縮を防ぐことができます。

 

手足の末しょう神経が収縮することも血圧の上昇につながるので、手袋の着用や保温性のある靴を履くなどして手足を冷やさないようにすることもポイントです。

 

4.適度に運動をする

冬は運動不足になりがちなため、体重が増加してしまう人も多くいます。

 

体重が増えると血圧が高くなることにつながるため、冬でも適度に運動をおこなうようにしましょう。

 

寒い戸外で運動をするのではなく、室内で階段の上り下りをしたりストレッチをしたりすると、血行がよくなり、血圧の上昇をおさえる効果があります。

 

筋トレも高血圧の改善には効果がありますが、きつい運動になると、息を止めてしまい、逆に血圧をあげてしまうので逆効果になります。弱めの運動が高血圧の解消には適しているんですね。

 

高血圧によいサプリメントは?

高血圧によい成分についてご紹介します。これらの成分を食材から摂ることもできますが、サプリメントを用いることで、手軽に摂取することができます。

 

 1.ミネラル

カリウムやカルシウム、マグネシウムなどが高血圧の予防に効果があるといわれています。

 

カリウムは体内の余分な塩分を体外に排出する効果があります。カルシウムには血管を収縮させる副甲状腺ホルモンやプロビタミンDを抑制するはたらきがあります。マグネシウムはカルシウムのはたらきを助けます。

 

2.タウリン

交感神経が活発になると体内の余分な水分や塩分が排出されにくくなり血圧が上がりやすくなります。

 

また、強いストレスを感じると脳からノルアドレナリンというホルモンが分泌され、その影響で血圧が上がります。

 

タウリンには交感神経のはたらきやノルアドレナリンの分泌を抑えるはたらきがあるため、高血圧の予防に効果があります。

 

3.DHA、EPA

DHAとEPAには、血管をやわらかくするはたらきがあります。そのため、血液が流れやすくなり、血圧を下げる効果があるのです。

 

この2つを一緒に摂ることで1つだけで摂るよりも大きな効果を得ることができます。つまりオーン、DHAPEPAなのです。←ピコ太郎かよ。

 

4.ペプチド

ペプチドには血圧を上昇させるアンジオテンシン変換酵素Ⅰのはたらきを抑える効果があることがわかっています。

 

まとめ

高血圧は、普段の生活ではあまり不調を感じることはありません。

 

しかし、放置することで命を奪う危険がある大きな病気を引き起こすことから「サイレントキラー」と呼ばれることがあります。しかし、血圧は、毎日の生活の中のちょっとした心がけでコントロールをすることが可能です。

 

冬場は特に血圧の管理には注意が必要ですが、危険な点を知っておけば、予防することができます。できるところから実践して、冬も元気に過ごしましょう。

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

当サイトは病気の方でも前向きに、病気じゃない方でも人生をよりよくすることを願って日々記事を更新しています。

 

最後に記事をシェア、コメントを残していただくとウホホーって喜びます。

 

関連記事

人生についての記事セレクション

成功の反対 1

  いらっしゃいませこんにちわー。ここは生まれてこなければよかった方たちが集まる憩いの場所でございますよー←大ウソ   はい、というわけで今回は生まれてこなければよかった方たちに向 ...

ぼっち 2

  人は孤独を嫌う。   特に日本人は集団帰属欲(人と同じような行動をしたがること)が高い傾向にあり、気の合う仲間でグループを作り行動しようとします。ただそこでそのグループに入れな ...

失敗 3

   仕事でミスをした、失敗をしたときにひどく落ち込む時ってだれでもあると思います。 僕も以前、まだ会社の入りたての頃は仕事になれず、よくミスをして落ち込んでいたものです。   そ ...

-病気と健康

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2017 AllRights Reserved.