Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

アレルギー性結膜炎が治らないときの最も確実な治療法

スポンサーリンク

 

 

春先、もっとも辛い病気と言えば「花粉症」ではないでしょうか。

 

花粉症の一つの症状である「アレルギー性結膜炎」は特につらい症状の一つですよね。しかし、この症状についてあまり詳しいことは知らないという方も多いと思います。

 

もしもアレルギー性結膜炎が治らないで困っているのでしたら是非最後まで記事に目を通してください。

 

今回は眼科看護師のお力を借り、詳しい内容を説明させていただきたいと思います。

 

 【1.アレルギー性結膜炎とは】

目

結膜炎は細菌やウイルスなどで起こる「感染性結膜炎」とアレルギーを主な原因とする「非感染性結膜炎」とに分類されます。

 

この非感染性結膜炎で最も多いのがアレルギー性結膜炎。文字通り感染することは無いですが症状としてはさほど相違はありません。

 

アレルギーにかかっている人は2000万人ともいわれていますので、結膜炎の原因としては最も多いのではないでしょうか。

 

 【2.アレルギー性結膜炎の起こる原因とは】

考え事

アレルギー性結膜炎はⅠ型アレルギー反応という反応によって起こります。

 

この反応は「即時相」と「遅発相」に分けられ、「即時相」は結膜に侵入した異物によっておこります。

 

異物は、花粉・ハウスダスト・ダニ・犬や猫の毛・皮膚の落屑・カビなどで、これに対して特異的IgEというものが形成されることにより発生します。

 

「遅発相」は、抗原が侵入して数時間後に起こるもの。長期にわたって起こるとやっかいなことになりやすいのがこのタイプです。

 

アレルギーを持っている方は免疫機能が整っていないので異物に対し適切に敵味方を判断することができません。

 

だから花粉などが侵入したときそれを駆除するためにIgEという武器を生産することになるのです。

 

 【3.アレルギー性結膜炎の分類】

 薬

大きく分けて「非増殖型」のものと「増殖型」のものに分けられます。

 

「非増殖型」のものとしてはスギ花粉症に代表されるような「季節性アレルギー性結膜炎」のほか、ハウスダストなどに代表される「通年性アレルギー性結膜炎」があります。

 

「増殖型」としては「春季カタル」「巨大乳頭結膜炎」「アトピー性角結膜炎」などがあげられます。

 

一般的に「増殖型」のものは重症で角膜の障害などをきたし、視力低下を起こします。

 

逆に「非増殖型」のものは「かゆみ」や「涙が出る」などといった自覚症状が強いですが軽症ですむことが多いようです。

 

 【4.アレルギー性結膜炎の症状】

 目

特徴的なのは強いかゆみでしょうか。他にも「充血」「異物感」「涙が出る」「目やに」などが辛い症状としてあげられます。

 

また症状が悪化して、角膜に障害が出ると痛みを伴うこともあります。

 

ちなみに管理人はアトピー性角結膜炎により片目の角膜が剥がれ落ちて現在視力が0.1以下になってしまいました。もしも以上のような症状が現れた場合は僕のようになる前に直ちに病院で診て貰いましょう。

 

 【5.アレルギー性結膜炎の治療】

目薬

治療の基本は点眼薬で、まず使用されるのは「抗アレルギー点眼薬」です。

 

細胞膜を安定化させる「マストセルスタビライザ-」と、放出されたヒスタミンのレセプターをブロックしてかゆみや血管拡張が起こらないようにする「H1遮断薬」に分類され、これを単独または併用して使用します。

 

これらの点眼薬は副作用が非常に少ないため、長期に使用することができ、症状が起こる前から投与する「季節前投与」により症状を抑えることができます。

 

逆に例え症状が治まっても、スギ花粉症などでは、シーズンが終わるまで点眼を続けることが大切ですので、自己判断で中止しないようにしてください。

 

 【6.ステロイド点眼薬の使用】

 目薬

症状が改善されない場合、ステロイド点眼薬を追加使用します。ステロイドの場合、2週間の使用で、眼圧があがることがまれにあります。

 

眼圧とはいわゆる「眼球の硬さ」のことで上昇した眼圧を放置しておくと、視力にとって大切な視神経という部分が傷んでしまい、最悪の場合失明することもあります。

 

眼科に定期的に通院していれば検査を行い適切な対処をしてもらえますが、通院せずに使用し続けていると大変なことになる場合も。

 

処方された場合は必ず医師の指示を守り、検診を受けることが大切だとされています。

 

眼圧を測定するあの空気が出る機械。角膜がはがれた状態でぷしゅってされるとマジで痛いです。涙止まらなくなります。←ってどうでもいいか・・

 

 【7.治療効果を高めるために】

太陽

アレルギー性結膜炎で悩む方々の中には「眼を取り出して洗ってしまいたい」と感じる方も少なくないでしょう。

 

実際に「洗眼薬」としてアイボンなどの薬品が販売されていますが、眼科医の間では「眼に必要な成分まで奪ってしまうことがあり、あまりお勧めできない」というのが大半の見解のようです。

 

また、点眼薬の使用において「不潔な手で使用する」「点眼びんの先をまつ毛やまぶたにつける」などの不適切な使用も避けるべきです。

 

さらなるばい菌を眼の中にいれてしまい症状を悪化させることになりかねませんので。

 

さらに気をつけたいのは2つ以上の点眼薬を使用する場合に一つ目の点眼薬をいれた後、すぐに二つ目の点眼薬をいれると先に入れた薬を押し出してしまうことになり効果が激減するということ。

 

できれば3分から5分くらい間をあけて入れるのがベストだと言われています。市販の点眼薬も販売されていますが、市販のものは防腐剤の使用が多い傾向にあります。

 

アレルギー体質の方は防腐剤自体が症状の悪化につながる場合も。ひどい症状の方はやはり眼科で処方されたものを使用されたほうがよいと思います。

 

まとめ

以上、アレルギー性結膜炎について述べさせていただきました。症状が強いと集中力がなくなり仕事やプライベートにも支障を及ぼしかねません。

 

さわやかですごしやすいこの季節を思い切り満喫できるように早めに適切な対処を行いましょう。

 

また「アレルギー性結膜炎」だと思って放置していたら他の病気だったというケースもあります。充血や目やにがひどい場合などはいわゆる「はやり目」と言われる感染症である可能性があります。

 

適切な処置を施しているにも関わらず治らないのでしたら、面倒くさがらずに眼科にて受診してください。

 

まあ、それがアレルギーのものであっても薬では完治させることができないので体質改善に努めるのが一番です。

 

薬で症状を抑えながら食事、運動、睡眠と日々の生活習慣にも気をつけていただければと思います。

 

P.s

アレルギーが薬で完治しない理由については長くなりますのでまた別の機会で記事にします。

 

では今日はここまでヾ(・・ )

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る