Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

きのこの免疫力アップ効果がすごい!どうすごいのかを徹底解説

スポンサーリンク

 

 

僕たちの健康の要となる免疫力。

 

免疫力が機能するからこそ、身の回りの細菌や体内の活性酸素、そしてガン細胞からも体を守ることができるのです。

 

現代社会に生きる僕たちは、ストレスや運動不足、栄養のかたよった食事などの影響で免疫力が低下しているといわれています。

 

しかし、この免疫力を高める効果があると注目されているのが今回の題材である”きのこ”です。その効果とはどれほどのものなのでしょうか。今回は、きのこの持つパワーについてお知らせします。

 

 豊富な食物繊維で腸内環境改善

 きのこ

人の体内にある免疫細胞の実に約6割が腸内に存在しているといわれています。

 

腸は、人が食べたものから栄養素を吸収するはたらきをする器官ですが、食べ物と同時に体には病気の原因となる細菌やウイルスも入りこんできます。そこで、それらの病原体の侵入を妨げるために免疫細胞は腸内で待機し、日々、戦っているのです。

 

ところが、腸の活動が弱まり、腸内に便がたまると悪玉菌が増加して善玉菌が減少してしまいます。

 

すると腸の免疫力も低下してしまうのです。

 

きのこには、食物繊維が豊富に含まれているため、腸のはたらきを活発にし、便秘を予防したり解消したりする効果があるのです。腸内環境がよくなると、腸内のリンパ球が増え、免疫力が高まります。

 

ゆっくり消化して免疫力がアップする

 きのこは消化に時間のかかる食べ物です。そのため、きのこを食べると、消化器官が活動する時間が長くなります。

 

すると副交感神経が優位にはたらき、心身をリラックスさせる効果があり、免疫力を高めることにつながります。

 

 免疫力を高めるβ‐グルカンとは

β‐グルカンとは、多糖類の一種です。ブドウ糖などの単糖がいくつも結びついてできたもので、食物繊維の仲間に入ります。

 

このβ‐グルカンは、の免疫細胞の白血球の中にあるマクロファージやリンパ球のT細胞やB細胞を刺激して免疫力を高める効果があります。

 

さらに、免疫に関係のあるインターフェロンという物質の生成をうながす作用があることも確認されています。また、β‐グルカンには、抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去する効果があります。

 

この活性酸素。最近ではあらゆる病気の元凶だとされている悪い物質。(善玉活性酸素と悪玉活性酸素があり、ここでは悪玉活性酸素のことを言っています。)

 

活性酸素を除去することで、体の老化を防ぐだけでなく、ガン細胞の発生を抑える効果もあります。それだけでなく、できてしまったがん細胞の増殖抑制効果があることも分かってきており、がんの再発や転移を予防する効果が期待されています。

 

特にβ‐Dグルカンというサルノコシカケ科、シメジ科、ハラタケ科のきのこに多く含まれる成分は、ガンを抑制する効果が強いとのこと。

 

そのため、これらの種類である霊芝やアガリクスといったきのこは、漢方薬やサプリメントの原料としてよく利用されています。β‐グルカンは、きのこのほかには、オーツ麦や大麦に多く含まれています。

 

マイタケに含まれるすごい成分

マイタケには、D-フラクションというβ‐グルカンの一種である成分が含まれています。

 

これは、マイタケ特有のもので、免疫細胞の力が弱まってくると、とても強い刺激を与え、活性化する効果があります。

 

それによって、発生したがん細胞を減らし、免疫力が高まることから、風邪やインフルエンザにもかかりにくくなるといわれています。

 

 天日干しでさらにパワーアップ

干しシイタケに代表されるように、きのこは乾燥したものもよく利用されています。きのこを天日干しにすると、紫外線のはたらきで、ビタミンDが作られます。

 

ビタミンDには、免疫のバランスを整えるはたらきがあり、免疫力を高める効果が高い栄養素です。

 

ビタミンDを摂取することで、インフルエンザの感染リスクが下がったという研究結果も発表されています。

 

市販のものは機械で乾燥させたものがほとんどなので、生のきのこを買ってきて、自宅で2~3時間天日干しにすると、ビタミンDの量を数十倍に増やすことができます。

 

ただしビタミンDは過剰に摂りすぎると健康被害が出ることも報告されています。もともとビタミンDは体内のカルシウムやミネラルの濃度の調整に深く関わるもの。

 

過剰摂取するとカルシウムが血中で沈着し、心臓や肺、腎臓に負担をかけることになります。それを防ぐため、サプリメントにたよらずに、食品からとるようにしましょう。つまりキノコを摂れとそういうことですw

 

きのこの効果を高める食べ方

β‐グルカンの効果を高めるためには、空腹時に摂取することが望ましいです。空腹時には、β‐グルカンは胃の内壁にある免疫細胞にはたらきかけやすくなるためです。

 

摂りすぎによる大きな健康被害はありませんが、過剰に摂取すると下痢をおこし、老廃物や有害物質だけでなく、体に必要な栄養素までが体外に排出されてしまうことがあります。

 

しかし、たべたきのこの成分は、3日間ほどですべてなくなってしまうので、継続して食べ続けることが大切です。

 

いろいろな調理法に向いた食材なので、できるだけ毎日の食事の中に取り入れていきましょう。

 

まとめ

 きのこにこんなすごいパワーが秘められていたとは驚きでした。シイタケやサルノコシカケなどの成分は、実際に抗がん剤としても利用されているほどです。

 

肉や他の野菜など、さまざまな食材とも合わせやすい食材ですから、毎日の料理に取り入れていくのはさほど難しくないと思います。

 

今日から、きのこ生活を始めてみましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る