Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

劇的!子どもの身長をあと10cm伸ばす方法

スポンサーリンク

 

 

お子さんの身長がなかなか伸びないことを悩んでいる方は多いと思います。お子さんのそのままの姿を受け止めてあげることも大切ですが、何かできることがあればしてやりたいと考えるのも親心です。

 

戦後、日本人の平均身長は大きく伸びました。これは、遺伝以外の要素が身長に対して影響を与えている証拠です。

 

しかし平均身長に届かないお子さんもなかにはいます。

 

どうして僕はほかの子よりも背が低いんだろう・・

 

身長って結構、劣等感を感じやすい要素でもあります。僕も小さいころはクラスで3番目に身長が低く、劣等感を感じていました。

 

できることならもっと背を伸ばしたい・・こんな願望を親であるあなたが叶えてあげる。きっとお子さんは喜んでくれるはずです。というわけで今回は、子どもの身長を伸ばす方法をお伝えします。

 

栄養の補給が身長を伸ばす最大の決め手

食べ物

ではさっそく身長を伸ばす方法をお伝えしようと思います。といっても、対策は簡単。様々な栄養を摂取させることで身長は着実に伸ばすことができるからです。

 

バランスのよい食事をすることが身長を伸ばすその仕組み

戦後、日本人の平均身長が大きく伸びたのは、栄養状態がよくなったことが大きな要因です。これは何も日本だけではなく世界的にも年々平均身長が高くなっていいます。

 

この背景にはやはり栄養が絡んでおり、食事が豊かになるほど身長は高くなる傾向にあるようです。身長が伸びずに悩んでいるお子さんは、小食なことが多く、必要な栄養素を十分にとれていない場合があります。

 

健康に成長するためには、かたよりなくバランスのよい食事をとることが大切です。

 

肉や魚などの1群、乳製品や小魚などの2群、緑黄色野菜の3群、単色野菜や果物などの4群、砂糖や穀類などの5群、油脂類の6群が基本栄養群といわれるものです。

 

料理の中にこの6種類の食品が含まれるように献立を工夫しましょう。

 

これに加えて、お菓子の食べ過ぎなどにより食欲が低下していないかなど、生活習慣を見直すようにして、こどもが食事からしっかりと栄養をとれるようにしましょう。

 

特にしっかりと摂りたい栄養素

栄養をまんべんなく摂取することが身長を伸ばす決め手だというのは分かりました。

 

ただより、背を伸ばすために積極的に摂ったほうが良い栄養素もあります。以下でその栄養素を挙げますので参考にされてください↓

 

カルシウム

意識的に摂取したい栄養素があります。まず、骨を強くするカルシウムです。特に日本人は先進国の中でもカルシウムの摂取量が少ないといわれているため、積極的にとるようにしましょう。

 

カルシウムは、乳製品、海産物、小松菜や青梗菜などの野菜、大豆製品に多く含まれています。

 

マグネシウム

次に最近注目されているのがマグネシウムです。体内にあるマグネシウムは、その半分が骨や歯に含まれていて、成長に大きく関わっている栄養素です。

 

マグネシウムとカルシウムの割合が1:2の割合で働くため、2つの栄養素を一緒に摂ることが大切です。マグネシウムは、木綿豆腐、牡蠣、アーモンド、ほうれん草、大豆、カツオなどに含まれています。

 

ただし、アーモンドはカロリーが高いため、とり過ぎは禁物です。また、市販のものでは、塩分が添加されていないものを選ぶようにしましょう。

 

亜鉛

微量ですが必要な栄養素が亜鉛です。亜鉛が不足するとたんぱく質の合成がうまくできないため、骨が伸びなくなってしまいます。

 

たんぱく質

英語ではプロテインといい、骨や筋肉の材料となるとても大切な栄養素です。成長ホルモンの分泌をうながす作用もあります。戦後、日本人のたんぱく質摂取量は大きく伸び、それに比例するように平均身長も伸びてきたのです。

 

2.良質な睡眠で成長ホルモンを分泌させる

赤ちゃん

上記では栄養素についての内容でしたが、実はもうひとつ、身長を伸ばすために大切なものがあります。

 

それが質の良い睡眠をとること。

 

なぜ睡眠が身長を伸ばすのか?それを具体的に説明させていただきます。

 

寝る子は育つは本当だった!

成長ホルモンという言葉を1度は聞いたことがあると思います。成長ホルモンは、人の脳から分泌され、体の成長だけでなく、傷ついた筋肉の修復や疲労回復、心の安定などに大きく関わっています。

 

この成長ホルモンは、睡眠中に分泌されます。

 

しかも、午後10時から午前2時頃までの間に集中して分泌されるため、この時間帯はゴールデンタイムともいわれています。

 

この時間帯に熟睡していることが成長ホルモンをしっかりと分泌させるポイントなのですが、近年、日本の子どもの夜型傾向がすすみ、なかなかこの時間にしっかりと睡眠をとれないことが増えているのです。

 

もしも就寝時刻が遅い傾向にあるのなら、その原因を考え、改善していきましょう。午後10時に熟睡の状態にするためには、遅くとも9時半には眠る習慣を身につけたいものです。

 

また、質のよい睡眠をとるためには、寝室の環境も大切です。部屋は電気を消して、真っ暗にします。音や振動などもできるだけ遮断するようにしましょう。

 

成長を促すメラトニン!

メラトニンは、夜に暗くなると分泌されるホルモンです。脈拍や体温を下げるはたらきがあり、わたしたちがスムーズに眠りにつけるように体の準備を整えてくれます。

 

このメラトニンは、性ホルモンの過剰な分泌を抑えるはたらきもあります。

 

性ホルモンは、2次性徴などをおこす働きがありますが、これがさかんに分泌されると、早くに身長の伸びが止まってしまいます。

 

メラトニンが多く分泌されている子どもは、思春期の到来が遅れ、体の成長が長い期間続きます。小学生の頃に大柄だった子が早くに成長がとまり、小学生のころに小柄だった子が高校生くらいでその子の体格を上回るということはよくあります。

 

メラトニンをしっかりと分泌させるには、光を上手に利用することがポイントです。

 

まず、朝、起きた時にしっかりと光を浴びるようにします。朝に光を浴びると、体内時計がリセットされ、夜に眠くなるような体のリズムが作られやすくなります。

 

そして、夜は、眠る2時間くらい前からなるべく照明を落とすようにします。

 

蛍光灯の光はメラトニンの分泌を抑制するため、暖色照明に切り替える方が効果的です。

 

3.適度に運動をしよう

運動

成長には運動も欠かせません。骨に適度な刺激を加えることで、骨は成長するのです。子どもの場合、激しい運動は必要ありません。子どもが楽しんで体を動かすことが大切です。

 

また、運動することで食欲が増進し、食事がしっかりととれるようになります。

 

運動すれば、疲れて夜はぐっすりと眠り、成長ホルモンの分泌も盛んになります。そして、次の日はすっきりと目覚めることができ、元気に一日を過ごすことができるのです。

 

ぜひ、おうちの人もお子さんと一緒に運動を楽しむようにしてみましょう。

 

まとめ

今回、ご紹介した方法は、身長を伸ばすことだけでなく、子どもの健やかな成長にとてもいいものです。

 

近頃の子どもはキレやすくなったなどという言葉をよく耳にしますが、生活習慣の乱れも原因の一つと考えられます。よく食べ、よく遊び、よく眠る子は、体も丈夫で、ストレスに強い心も持っているものです。

 

身長が伸びるという効果だけを期待せずに、子どもが心身ともに健康的に成長できるように心がけたいですね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る