病気と健康

更年期になってコレステロールが気になりだしたときの対策

投稿日:

 

女性は卵巣から分泌される女性ホルモンのはたらきによって、心身の健康を保っています。

 

更年期に入ると、卵巣の機能の低下により、女性ホルモンが減少していきます。

 

すると自律神経の失調がおこりイライラや不安、急なほてりといった更年期障害とよばれる症状をひきおこします。

 

ところが、これらの自覚のある更年期障害のほかに、コレステロール値が上がるといった、自覚のない症状もあらわれます。コレステロール値が高いと動脈硬化による心筋梗塞などの病気になるリスクが高くなります。

少し天然な管理人
うちの母親も50を過ぎて物忘れが多くなったように感じます。健診でもコレステロール値が上がったって言って騒いでいるし何かできることはあるのでしょうか。
しっかり者たかし君
歳を取るって認めたくない事実ですが、現実はそう甘くもなく、体にあらゆる影響を及ぼします。ただ対策のしようによっては影響を少なくすることもできますのでぜひ今のうちに対策をしたいですね。

 

更年期にコレステロール値が上がるわけ

コレステロールには、悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HLD)の2種類があります。

 

悪玉コレステロールが多いと、血液がドロドロになり、血管内にコレステロールが沈着して壁をつくりやすくなります。

 

これが動脈硬化の始まりです。

 

善玉コレステロールは、血管内のコレステロールを回収し、肝臓へもどすはたらきがあります。肝臓には、コレステロールの受け皿となり、血中のコレステロールが多くならないように調整しています。

 

そのため、善玉コレステロール値が高い人は、動脈硬化になりにくいのです。

 

女性ホルモンのエストロゲンには、善玉コレステロールの合成を促進するはたらきがあり、40代代までの女性は、高コレステロール血症になりにくいです。そう、40代までは!!

 

ところが、40代後半の更年期に入ると、エストロゲンが減少し、その結果、悪玉コレステロール値が上昇してしまいます。50代をこえると、血中のコレステロール値が基準より高い人の割合は、男性よりも女性の方が多くなってしまいます。

 

つまり、更年期以降の女性は、急激に動脈硬化になる危険が高まってしまうのです。

 

更年期のコレステロール対策

ではLDLコレステロールの増加を抑えるにはどのような対策が必要なのでしょうか?以下で解説致します。

 

1.コレステロールを下げる食事をする

脂質異常への一番の対策は、食生活を見直すことです。

 

肉の脂身やバターなど、コレステロールを多く含む食品は食べ過ぎないようにしましょう。

 

血糖値が急激に上昇することもよくないため、炭水化物の摂りすぎにも注意が必要です。

 

特に菓子パンや揚げ菓子などを食べることは、炭水化物だけでなく、油分も多く含むため要注意です。量をきちんと決めて食べるようにしましょう。

 

逆に、しっかりと食べた方がよいものもあります。

 

まずは、野菜や海藻などの食物繊維を多く含む食品です。

 

食物繊維は、体内のコレステロールを排出するはたらきがあります。

 

次に、油の種類が重要です。肉の脂身などに含まれる脂肪は「飽和脂肪酸」とよばれ、動脈硬化を促進してしまうものです。

 

もう一つ油には「不飽和脂肪酸」とよばれるものがあります。

 

この中の「n-3系」といわれる脂肪酸は、コレステロール値を下げる効果があることがわかっています。

 

この油は、サバやイワシなどの青魚に多く含まれる「DHA」や「EPA」、亜麻仁油などに多く含まれています。食生活が肉中心だった人は、積極的に魚を食べるようにするとよいでしょう。

 

2.女性ホルモンを補う食事をする

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似たはたらきをします。

 

また、血管の老化を防ぐはたらきもあるなど、女性にとってとてもおすすめの食材です。

 

納豆や豆腐などの大豆製品を意識的に食べるようにしましょう。

 

イソフラボンは体内に蓄積されないため、継続して摂取することが大切です。

 

また、ゴマに含まれるポリフェノールの一種であるリグナンも腸内細菌のはたらきによって、エストロゲンと同じ作用を持つ物質に変化します。

 

なるほど、だから某サプリにはセサミンがプラスされているのか。

 

まあそれは置いといて、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品にはエストロゲンが豊富に含まれていますのでそれらも合わせて摂ると良いでしょう。

 

ただし、たくさん摂りすぎることにより、乳がんや子宮の病気のリスクが高まる可能性があるともいわれています。

 

1つの食品に偏らないように気をつけて、これらの食品を上手に生活に取り入れていくことが大切だと言えます。

 

3.家事は運動になると思ってる?運動をすることの大切さ

更年期になると、基礎代謝が下がってしまうこともコレステロール値を上げる原因となります。運動をして筋肉をつけることでこれを防ぐことができます。

 

脂肪燃焼もねらう場合は、ウオーキングなどの有酸素運動がおすすめです。

 

家の中でする場合は、スクワットや腹筋運動などをするとよいでしょう。運動は、気持ちがいいと思える程度のものを継続することが大切です。

 

決して無理をせずに、コツコツと取り組みましょう。

 

家事は運動になるから別にいいやと思うのはダメですよ。掃除機掛けを1時間で190kcalの消費になりますがそれ以外の家事はというと大した消費量にはなりません。

 

やはりウォーキング(1時間280kcal消費)を取り入れ継続することが肥満解消には良いですね。

 

4.睡眠をしっかりとる

睡眠不足は、成長ホルモンの分泌を下げてしまいます。

 

その結果、食欲の制御ができなくなり高カロリーのものを欲するようになり、悪玉コレステロールの増加につながるといわれています。

 

また、睡眠中は、体の修復をおこなう時間です。しっかりと睡眠をとることで傷ついた血管も修復されます。なので毎日7時間以上の睡眠をとるように心がけると良いですよ。

 

まとめ

女性ホルモンは、女性の体を守ってくれる大切なはたらきをしていることがわかりました。更年期はだれもが迎えるものです。

 

そのことを恐れるのではなく、正しい知識をもって、早めに対策を始めることで障害を小さく抑えることができると考えられます。

 

更年期以降も人生は続きます。その人生を健康で明るく過ごすために、少しずつでよいので取り組んでいきましょう。

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

当サイトは病気の方でも前向きに、病気じゃない方でも人生をよりよくすることを願って日々記事を更新しています。

 

病気や仕事、人生についてお悩みの方は下記の「人生についての記事セレクション」を見て頂ければと思います。

 

関連記事

人生についての記事セレクション

成功の反対 1

  いらっしゃいませこんにちわー。ここは生まれてこなければよかった方たちが集まる憩いの場所でございますよー←大ウソ   はい、というわけで今回は生まれてこなければよかった方たちに向 ...

ぼっち 2

  人は孤独を嫌う。   特に日本人は集団帰属欲(人と同じような行動をしたがること)が高い傾向にあり、気の合う仲間でグループを作り行動しようとします。ただそこでそのグループに入れな ...

働く 3

  何の目標もなしにとりあえず大学に行ってそれなりの企業で働けたら良い。   ベネッセの調査では将来なりたい職業があると答えた小・中・高生は実に6割。   僕の予想よりも ...

-病気と健康

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2017 AllRights Reserved.