Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

最近クロセチンという成分が注目されているけどこれって何?

スポンサーリンク

 

 

クロセチンという成分を知っていますか。日本では衣食において着色料として身近に使われてきた色素です。しかし、最近はクロセチンが持つ健康効果に注目が集まっているのです。

 

今回は、そのクロセチンの持つ効果についてお伝えします。

 

クロセチンとは

 クロセチンとは、トマトに含まれるリコピンやニンジンなどに含まれるβ‐カロテンと同じカロテノイドに分類される黄色の天然色素です。

 

クチナシの果実やハーブのサフランに含まれており、日本ではたくあんや栗きんとんなどの食品のほかに、繊維などに色付けをする着色料として用いられてきました。

 

パエリアなどに使われるサフランライスの鮮やかな黄色もクロセチンによるものです。世界中で着色料のほかに生薬や香辛料として用いられています。クチナシの実1kgから5gしか抽出することができない貴重な成分です。

 

クロセチンの特徴

最近、クロセチンが脚光を浴びてきたのは、強い抗酸化力があることがわかってきたからです。体内において活性酸素を除去する効果があります。

 

また、他のカロテノイドの多くは脂溶性のため、油と一緒に摂取することで吸収力があがりますが、クロセチンは油にも水にも溶けやすい性質のため、非常に体内に吸収されやく、体の隅々までいきわたりやすいという特徴があります。

 

そして、体のあらゆるところで効果を発揮するのです。また、クロセチンの分子は非常に小さいため体内に吸収されるまでの時間が短いことがわかっています。

 

他のカロテノイドは食べてから血中濃度があがるまでに約1日かかりますが、クロセチンは約4時間と圧倒的に短く、即効性が期待される成分なのです。

 

クロセチンの効果

ではクロセチンが健康面でどのような効果をもたらすのかを見てみましょう。

 

1.眼精疲労の軽減

僕たちの目は、レンズの役割をする水晶体の厚みを変えてピントを調節しています。その水晶体の厚みを変えるはたらきをしているのが毛様体筋です。

毛様体

 

近くを見るときには、この毛様体筋を緊張させることによって水晶体を厚くしています。

 

この状態が長時間続くと毛様体筋にコリが生じ固くなってしまい、うまくピントを合わせることができなくなり、目がショボショボしたりかすんだり、疲れを感じたりするようになります。

 

分子量の小さいクロセチンは、毛様体筋にも届きやすく、毛様体筋のコリをほぐして眼精疲労を軽減する効果があります。


 
2.老化防止

クロセチンは、活性酸素の一種である「一重項酸素」を除去する効果が高いことがわかっています。一重項酸素は、X腺や紫外線があたることで大量に発生し、皮膚がんや白内障などを引きおこす非常に怖い活性酸素です。

 

クロセチンは一重項酸素にはたらきかけるため、これらの病気を予防する効果が期待されています。

 

3.網膜の病気に効果

紫外線やパソコン、スマートフォンから発せられるブルーライトは、目の網膜にダメージを与えます。光によるダメージは加齢黄斑変性症のような目の網膜におこる病気を引き起こします。

 

また、糖尿病を患っている患者さんは、血糖が高い状態が長く続くことで網膜内の血管が傷ついたり血管がつまったりするなどの障害がおこり、糖尿病網膜症を発症することがあります。

 

これらの病気では、異常な血管が発生し血液の成分の漏出や血管の破損により網膜に障害をおこします。マウスによる実験では、クロセチンには、このような血管ができることを抑制するはたらからきがあることが認められています。

 

また、視細胞の萎縮や網膜内の細胞死を減少させる効果も確認されており、網膜障害を予防する効果が期待されています。

 

4.血流をよくする

クロセチンには、血流をよくする効果があります。血流が悪くなると、酸素や栄養が十分に運ばれないため、疲労物質が蓄積したり免疫力が低下したりしてしまいます。

 

クロセチンを摂取することにより、疲労感の軽減や肩こりの改善などの効果が認められています。


 
5.睡眠障害の改善

睡眠に対して軽い問題を持つ人にクロセチンを2週間摂取させたところ、中途覚醒回数が減少し、目覚めたときのすっきりとした感じが増したという報告があります。

 

しかし、これは、被験者へのアンケート調査による評価であるため、クロセチンがもたらす睡眠改善効果は科学的にはまだ証明されていません。

 

クロセチンを摂取するには

食品に含まれるクロセチンは大変少ないため、健康効果を期待するのであれば、サプリメントで摂取することが現実的といえるでしょう。

 

また、アスタキサンチンというシャケやカニ、イクラなどに含まれる赤色の色素があります。

 

これは、クロセチンと同じカロテノイドの一種で、これも毛様体筋の疲労回復や眼精疲労の改善に効果のある成分です。

 

クロセチンと一緒に摂ることで相互に効果を高め合うことがわかっているため、両方が含まれているサプリメントを選ぶようにするといいでしょう。

 

まとめ

体の不具合の多くが活性酸素によって引き起こされているといわれています。その活性酸素に強く立ち向かう成分があるというのはとても心強いと感じました。

 

これまで予防することが難しかった病気にも対応できるというのは、長く健康に過ごすためにもうれしい情報です。

 

ぜひ、毎日の生活に取り入れてみてください。

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

P.S;イイネとかコメントを残してくれるとウホホーって喜びます。

 

~管理人やまやの過去のお話しと教訓~

  親が離婚、残された子どもの気持ち

  生まれてこなければと思ってる方へ

  ぼっちでも人生を楽しむ方法

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る