車

病気と健康

車酔いの克服法は三半規管を鍛えるのが良い?その具体的方法とは

投稿日:

 

天気もよいので、みんなでドライブを楽しもうというご家族もいらっしゃるかと思います。

 

しかし、乗り物酔いをする人にとっては、車に乗るというだけで、「酔うかもしれない」と不安を感じ、せっかくのお出かけも楽しみではなくなってしまうかもしれません。

 

まさに管理人がそのうちの一人。

 

少し天然な管理人
田舎の山奥に住んでるおばあちゃんの家に行くときは道が険しく必ずと言っていいほど酔っていました。豊かな自然の中、栄養たっぷりのゲ〇をお供えするのが日課でした。

 

冗談はさておき、車酔いは、耳にある三半規管のはたらきと密接な関係があります。この三半規管は鍛えることができ、その結果、車酔いを起こりにくくすることができるといわれています。

 

今回は、車酔い克服のための三半規管の鍛え方をご紹介します。

 

三半規管の役割と車酔いとの関係

三半規管は、耳の鼓膜より奥にある内耳にあります。半円形の管が三つあるため、三半規管と呼ばれています。

 

三半規管は体の平衡感覚を調整しています。

 

三半規管の中はリンパ液で満たされていて、頭が動くと、このリンパ液も動きます。この動きの速さや方向などを感覚細胞が捉えて、脳へ信号を送ることで体の平衡を保つことができます。

 

しかし、平衡感覚は、目から入った視覚情報なども加えて、総合的に脳が解析して保っています。車に乗っていると、車の減速や加速、カーブでの傾きといった刺激が三半規管に伝わります。

 

しかし、視覚的には、乗り物によって、外部から隔てられた空間にいるため、それほど動きを感じません。

 

その結果、三半規管からの情報と目からの情報にずれが生じてしまい、脳が混乱をおこすことで、からだのコントロールができなくなり、乗り物酔いの症状となってあらわれます

 

近頃では、3D映画やゲームの視聴中に乗り物酔いと同じ症状がおこる人がいます。これも、体の実際のうごきと、目からの情報にずれがあるためおこるので、原理は乗り物酔いと同じです。

 

三半規管には強さがある

三半規管が強いとは、「平衡感覚がしっかりしている」ということです。

 

どんなに乗り物に乗っても酔わない人や、すごく速く回転しても平気なフィギュアスケートの選手などは、三半規管が強いといえるでしょう。

 

三半規管は加齢によっても衰えてくるため、中高年になって、若いころは平気だったブランコに酔うようになったり、歩いていてもふらついて転びやすくなったりすることに悩む人も増えてきます。

 

三半規管の鍛え方

うれしいことに、三半規管は鍛えることで強くすることができます。体の感覚と目からの情報のずれを適度に感じ続けることで、脳を慣れさせていくのです。

 

1.揺れる、回転する

ブランコに乗って揺れてみたり、回転いすに座って回ってみたりしましょう。

 

シンプルイズベスト!!

 

三半規管が弱い人は、ほんの少しでも気持ち悪さを感じるかもしれません。

 

はじめは、ブランコの揺れ幅も小さくして、ゆっくりとした速度でおこないましょう。また、揺れや回転に身をまかせるような受け身でおこなうと酔いやすいようです。自分から、積極的に揺れや回転に向かっていく気持ちでおこなう方が、早く慣れることができます。

 

回転は、左右両方の回転を体験することがポイントです。慣れてきたら揺れ幅を大きくしたり、回転の速さを大きくしたりして、三半規管を鍛えましょう。

 

でんぐり返しをすることも同様の効果があります。前回りと後ろ周りの両方に挑戦してみるとよいでしょう。

 

2.目を閉じて歩く

目を閉じて歩くと、体がふらふらとすることがあります。これは、目からの情報がなくなり、脳が平衡感覚を保てなくなっているからです。

 

この状態で歩くことで、三半規管からの情報によって平衡感覚を保つ力を伸ばすことができます。転んでも安全なように危ないものは片づけて、ふらついたときに壁などに手をつけるような場所でおこなってみましょう。

 

なるべく手をつかないで、まっすぐに歩くことができるようになることをめざしましょう。

 

歩く場所がない人は、目をつぶって片足立ちをすることも効果があります。30秒間立つことを目標にしましょう。

 

3.バランスをとる運動をする

力士がおこなっている「四股」は、頭と片足を動かしながらバランスをとるため、三半規管の訓練にとてもよい動きです。

 

ほかにもバランスボールに取り組んでみたり、お子さんであれば一輪車に乗れるように練習をしたりすると、バランス感覚がよくなり、平衡感覚も鍛えられます。

 

4.いつもと違う動きをする

上記のほかには、後ろ歩きをする、スキップをする、逆立ちをする、日常の動作をつま先立ちでおこなうなども効果があります。どれも特別な道具等を使わずに、気軽にすることができるものばかりなので、毎日の生活に取り入れてみましょう。

 

5.乗り物に乗る回数を増やす

乗り物に酔いやすいからと、乗ることを避けるのではなく、積極的に乗る回数を増やして乗り物自体に慣れることも効果的です。

 

はじめは船酔いをしていた漁師さんも、乗り続けることで三半規管が鍛えられるため船酔いをしなくなります。子どものころは乗り物酔いをしていた人が、大人になって酔わなくなったという場合も、慣れからくる改善だと考えられます。

 

同じく不安な気持ちがあると酔いやすくなるので、短い距離から挑戦して、徐々に距離を長くしていくとよいでしょう。

 

まとめ

今回、ご紹介した方法のほかにも、ご自身が苦手と思われる動きを克服していくようにすれば、三半規管を鍛えることができます。

 

しかし、決して無理はせず、安全に気を配りながら、少しずつおこなうようにしてください。毎日繰り返して「慣れる」ことが三半規管を鍛えるコツです。いろいろな動きを楽しみながら挑戦してみてくださいね。

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

当サイトは病気の方でも前向きに、病気じゃない方でも人生をよりよくすることを願って日々記事を更新しています。

 

最後に記事をシェア、コメントを残していただくとウホホーって喜びます。

 

関連記事

-病気と健康

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2017 AllRights Reserved.