Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

末端冷え性に生姜が良い?寒い季節でもぽかぽか生活を送ろう

スポンサーリンク

 

 

秋が深まり、寒い日が多くなると、手足の冷たさに悩む人が多くなります。

靴下を重ね履きしたり、足湯につかったりといろいろな対策を試みている人も多いことでしょう。

 

僕も痩せすぎて肉がないので冬はかなり辛い。冬場はヒートテックと靴下が欠かせません。

 

こんな大変な思いをするくらいなら、寒さ知らずになるために体を内側から温める効果のあるといわれる生姜を取り入れてみるのもアリだと思うようになりました。

 

実際、ここ最近で生姜の入った食べ物や飲み物を摂取しており前と比べて寒さに強くなった気がします。しかし生姜は取り入れ方によっては、体を温める効果があまり得られないこともあります。

 

今回は、生姜の温めパワーを十分生かし、末端冷え性を改善するための方法をご紹介します。

 

手足の先が冷たい!それ末端冷え性ですよ

末端冷え性とは、手足の指先にうまく血液がまわらず、冷たくなってしまう症状のことです。この症状の人は、夜、布団に入っても手足が冷たいため、なかなか寝付くことができないなどの悩みを持っている場合が多くあります。

 

この原因は、体内で「熱」をうまくつくり出すことができなくなっているためだと考えられています。

 

わたしたちの体内では、「自律神経」が体温調節をしています。

自律神経には「交換神経」と「副交感神経」の2つがあり、これらがバランスよく働くことが大切です。

 

末端冷え性の人は、体の中心部の温度が低いことが多く、そのため、体内の温度を維持しようと交感神経がはたらき、体外に熱をにがさないために手足の血流を悪くして、手足の末端の温度を低くしてしまうのです。

 

つまり、末端冷え性を改善するためには、手足を温めるのではなく、体の中心部をあたためることや、熱をつくりやすい体質に改善し、体全体の熱量を上げることが必要なのです。

生の生姜と乾燥生姜では成分が変わる

体の熱量をあげる効果があると期待されている食べ物が生姜です。

生姜には「ジンゲロール」と「ショウガオール」という2つの体を温める成分があります。

 

「ジンゲロール」は、生の生姜に含まれる成分で、辛みのもとの1つで、殺菌作用や整腸作用、免疫作用などがあります。

 

また、体温をあげる効果もあるため、体もぽかぽかしてきます。ジンゲロールを体内に取り入れると、血管が拡張し、手足の末端まで血液が送られるようになります。

 

じゃあ、ジンゲロールを含む生の生姜を積極的に取り入れれば良いのかというと実はそうでもありません。

体温をあげると汗をかくため、結果として体は冷えてしまうからです。

 

また、血液を手足に送るため、体の中心部の温度は下がり、やはり冷えてしまいます。ジンゲロールによって体が温まる効果は一時的なもので、結局は体を冷やす原因となる場合があるのです。

 

このようなはたらきから、生の生姜は、風邪の引き始めに取り入れて、ウイルスに対抗したり、熱っぽい体を冷ましたりしたいときに用いると効果的です。

 

対して「ショウガオール」は、生姜に熱を加えたり乾燥させたりすることで、ジンゲロールの一部が変化することで生み出されます。

 

ショウガオールには、血管を拡張して血行をよくするはたらきのほかに、胃壁を刺激するはたらきがあります。体に取り入れると、胃が活発に動くことで腸も活動的になるのです。まじでおなかがあったまりますよ。

 

その活動で体の内側に熱を作り出し、体を内側から温める効果があります。

また、冷えの原因である体内の余分な水分を尿や汗とともに排出する効果もあるため、ジンゲロールに比べて、冷えを改善する効果が大きいといえるのです。

 

ええ、つまり冷えを改善させるなら、生の生姜よりも乾燥した生姜を積極的に取り入れたほうが良いということになります。

 

ショウガオールの取り入れ方

生姜をしっかり乾燥させると、ショウガオールの成分が多くなります。

生の生姜を薄切りにし、ザルに並べます。室内では1週間程度、天日では1日ほど干すことで乾燥生姜ができあがります。

 

そのまま食べても効果はありますが、フードプロセッサー等で粉末にすれば飲み物や料理にふりかけて手軽に取り入れることができます。また、水に乾燥生姜を入れて沸騰させると、生姜水ができます。

 

これで紅茶を入れたりスープを作ったりするのも体を温める効果が大きくおすすめです。

 

また豆腐などに添える薬味は、やはり乾燥した生姜の方が風味がよく向いています。調理に用いるときに生の生姜の代わりに乾燥生姜を使ってみてください。

 

生姜ココアで温かさが持続

ココアには、ポリフェノールやテオブロミンという成分が含まれています。

これは、血管を拡張させ血行をよくする効果があります。

 

生姜水でココアを入れることで、生姜が体を一気に温め、ココアの効果で保温するといった相乗効果が生まれ、温かさが持続します。これは調べて分かったことで僕も知らなかったのですが今度試してみようと思います。

 

摂取量は、一日10gが目安。

生姜は、あまりたくさん食べると胃腸の粘膜を強く刺激してしまいます。しかし、量が少ないと、温め効果を実感することができません。スライスした生姜であれば6枚くらい。

 

粉末であれば小さじ1杯くらいが1日の適量です。

まあ、なんでもそうですが健康に良いからと言って大量に摂取すると体に悪いので馬鹿みたいに摂取するのはお控えください。

 

まとめ

生の生姜と乾燥生姜では、成分が変化し、効能も変わってしまうことに驚きを感じますね。体が冷えていると、暖かい室内でじっとして過ごしてしまいがちになります。

 

それでは、精神的にも落ち込みやすくなるなど、あまりよい影響はありません。

生姜を取り入れた生活で、まず体を温め、活動するための元気を生みだしましょう。

 

そして、外へ出かけたり、体を動かしたりして気持ちの元気も維持していくようにしたいものです。

 

体の内側からぽかぽかと温まり、冬の寒さに負けずに毎日を過ごしましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る