Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

もやもや病って何?その症状と治療法

スポンサーリンク

 

 

なんだか最近、もやもや病なる病気が注目を集めていますね。その病名を聞くと単にもやもやする、気持ちが晴れないといった症状をイメージするかもしれません。

 

しかしそれは間違いで、実際には脳に栄養を送る太い動脈がつまり、不足した血液を補うように周りから細い血管が発達する病気です。

 

この発達した血管が「もやもや」した血管の様に見えることから、「もやもや病」の名前がつけられています。世界の発症率を見てみると、興味深いことに欧米人の発症率は少なく、アジア系人種に多いとのこと。

 

また女性の方がなりやすく、5~10歳、30~50歳の年齢層がかかりやすいということが分かっています。

 

さてこの病気にかかってしまうと、どのような症状が現れるのでしょうか?

 

また予防、対処法はあるのか?今回はそこに焦点をあてて、記事を書き進めたいと思います。

 

気になるもやもや病の症状とは

ぼっち

では早速、気になる症状を見てみましょう。ただ、もやもや病の症状のきっかけは大人と子どもで若干差異があるのでそれぞれ分けて説明しますね。

 

子どものもやもや病

子供の多くは、繰り返す頭痛、失神発作、脱力発作、けいれん発作などの症状があります。

 

これらの症状にはきっかけとなる動作があるとのこと。

 

そのきっかけが過呼吸になるわけですが、大きな息を短い時間に繰り返すと、血液中のある成分のバランスが崩れ、これにより、もやもや血管が細くなり、血液の流れが乏しくなった結果、脳梗塞のような症状を現れると理解されています。

 

過呼吸になる原因は、不安やストレスだと言われています。

 

さてこのような、もやもや血管の血流が低下して、脳梗塞に似た症状を出す現象を「虚血」と呼ぶのですが、虚血の症状は左右交代で現れたり、片方から反対側へ症状が進行することがあります。

 

虚血の症状がさらに進行すると、麻痺や知能低下が出現することもあります。

 

大人のもやもや病

大人は、約半数が脳出血で発症します。残り半数は、小児と同じような虚血症状です。

 

脳出血の症状は突然起き、頭痛、意識障害、麻痺などで、緊急の対応が必要です。

 

出血はもやもやした血管が弱いことが原因。血管に脹らみができ、そこから出血すると考えられています。

 

診断方法と現在の治療法

医者

突然おこる出血は、CTで診断し、太い動脈のつまりともやもやした血管の診断は、MRIで血管を写し診断します。

 

けいれん発作は、脳波検査を受けるとこの病気に特徴的な結果が得られます。治療方針を検討するために、脳の血管を直接レントゲンで写す脳血管撮影や核医学による脳の血流検査などもあるそうです。

 

薬による治療法としては、血液を流れやすくする抗血小板剤などが使われることがありますが、症状をよくしたり出血を予防する効果はありません。出血した場合は緊急手術が必要で、血液を脳の中から排除する外科治療が行われます。

 

つまった太い血管の血流を、直接開通させる有効な治療は今のところありません。なので現在はもやもや病の治療として、不足している血流を補う「血行再建術」が行われます。

 

脳の血流は低下していても、頭蓋骨の外側で頭皮の下の血流は良好に保たれています。そこで、ここを走行する「浅側頭動脈」を脳の表面の「中大脳動脈」につなげる「吻合術」が血行再建術の代表となっています。

 

難しい話ですが要は血流を改善させる手術だと認識すればいいでしょう。

 

その他、浅側頭動脈とその周囲の豊富な血流を有する組織を一緒に、脳の表面に移植する手術も行われます。

 

治療の経過

万が一、もやもや病と診断され治療を受けることになったら。上記で説明したように、大抵は手術が必要になります。

 

  • もしもこのまま症状が悪化したら・・
  • 手術が失敗したら・・

 

少し不安になる部分もあるでしょう。しかし、日本では手術の実績も多く日々技術力は向上しています。

 

だから僕たちにできることはお医者さんを信じるしか術はありません。

 

以下に書く内容はこの病気の治療経過を表したものです。この病気の危険性を知り少しでも予防に努めていただければと思います。

「もやもや病」は右脳と左脳、両方の脳の血流が低下した状態になっています。

脳の負担を軽減するため、これらの治療は通常両方の脳に対して数ヶ月間の時期をずらして行われます。

子供のもやもや病に適切な吻合術が行われた場合、その経過は良好とのこと。

一方、年齢が低く症状の進行が早い子供では、重い神経障害や知能障害を残す場合があります。

成人に多い脳出血で発症するタイプでは、その出血量と場所により重い後遺症を残す可能性があります。

また時に出血量が大量である場合、生命に対して重大な危険がおよぶことも。

出血で発症するタイプは虚血で発症するタイプに比べ、症状が重い傾向にあり、再び出血することも十分に考えられます。

そして出血を防止する有効な治療方法が今のところないという問題が。太い血管がなぜつまるか、その原因はまだ判明していません。

 

まだこの病気にかかっていないのならその危険性を知り、今のうちに予防を心掛けることが大切です。

 

確実な予防法は分かっていませんが、脳梗塞に似た症状から生活習慣の改善が一番の予防法だと考えられます。

 

  • 食生活は乱れていないか?
  • 運動は定期的にしているか?
  • 睡眠をしっかりととっているか?

 

もしも生活習慣が乱れていると感じるならできることからやっていくと良いでしょう。血液をサラサラにする食べ物(たまねぎ、青魚、納豆)などを積極的に摂るのも良い事だと思います。

 

自分のみは自分で守らなければなりません。大事に至る前にぜひ今からでも予防を心掛けてください。

 

では今日はここまでヾ(・・ )

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る