Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

夏バテの原因を知って熱さを乗り越える方法

スポンサーリンク

 

 

日本の夏は高温多湿であることが特徴です。このような環境の中で人の体は体温調節をするためにとても多くのエネルギーを消費することになります。

 

これがストレスとなり、猛暑が続いたり、体が弱ったりしたときに負担に耐えられなくなってしまいます。

 

体がだるい、食欲がない無気力になるなど、夏におこる体調や心の不調全般を夏バテとよんでいます。

 

猛暑は年々厳しさを増しますが、毎日の生活の中でほんの少しだけ気をつけることで防ぐことが可能。楽しい夏を過ごすために、夏バテの原因と対策をチェックしておきましょう。

 

夏バテの原因は何か

疲労

では早速夏ばての原因は何なのかをいくつか考えてみたいと思います。

  1. 自律神経の失調
  2. 脱水症状
  3. 食欲不振
  4. 睡眠不足

 

以上がその考えられる原因です。詳しく見てみましょう。

 

①自律神経の失調

人の体温調節をつかさどっているのは自律神経です。夏に冷房のきいた室内と暑い外気との間を行き来していると、この自律神経がうまく働かなくなり、体温調節ができなくなります。

 

自律神経の働きが弱まると、頭痛やめまい、食欲不振といった症状があらわれます。

 

それにしてもこのサイトで自律神経というワードを頻繁にだしてます。まあそれだけ自律神経が様々な病気に関わるということ。なのでその重要さに気づいていただければと思います。

 

②脱水症状

暑くなると、体温を下げるために人は汗をかきます。汗がきちんと出なくなると体温調節ができなくなり、熱中症などの原因となります。

 

夏には、少しの活動でも一日に2~3リットルの汗をかきます。それだけ水分と体内のミネラル分を排出しているのです。

 

言い換えれば、これだけの水分とミネラルを体内に取り入れる必要があるということ。

 

ミネラル分の不足は脱水症状をまねくことにもつながるので意識的に摂ることをおすすめします。

 

脱水症状になると、頭痛、吐き気を感じたり、体がむくんだりする症状があらわれます。重体にもなりかねませんので、こまめに水分補給し、病院にいくのもありですね。

 

③食欲不振(栄養失調)

気温が高くなると、胃腸の働きは弱くなります。また、大量の汗をかいて水分が不足すると胃酸も減少し、消化がうまくできなります。

 

そこに、冷たい飲み物や食べ物をたくさんとると、胃腸が冷えてさらに消化する力が弱まってしまいます。

 

暑いからといって、冷たいものばかりを摂ってはいませんか?それが続くとそこから、食欲不振になり栄養不足による体力の低下がおこり、夏バテになってしまいますよ。

 

④睡眠不足

熱帯夜など暑い夜には、寝苦しさから睡眠が十分にとれなくなってしまいます。このような状態が続くと、疲れがとれず体のだるさを感じるようになります。

 

 夏バテの対策は?

考え事

さて原因が分かれば自ずと対策も分かってきます。

 

  1. 部屋の室温を調整する
  2. 食事をしっかり摂る
  3. 快眠のための工夫をする
  4. 適切な運動をする

 

以上がその対策になるわけですが、それぞれポイントを抑えなが解説していきますね。

 

①部屋の室温を調整する

室内と外気との気温差を小さくすることが一番効果的です。

 

温度差を5度以内に保つことが理想とされています。

 

扇風機との併用して室内の空気を循環させることでエアコンの設定温度を高くしても、体感温度を下げることができます。室温の設定が難しい場合は上着や膝掛けなどを用いて冷気を直接体に当てない工夫をするとよいでしょう。

 

②食事をしっかりとる

食事は、栄養だけでなく水分をとることもできます。インスタント食品などを控えて、栄養価の高いものを積極的に食べるようにしましょう。

 

肉類や豆類、山芋などはたんぱく質やビタミンがとれ、エネルギーも多く含まれています。

 

食べる量は少なくても、体によいものを選んで食べると良いです。また、水分の補給には、冷たいジュースなどは控えめにして、温かいお茶なども飲むようにしましょう。

 

胃腸を温めることで、働きを改善することができます。僕自身も夏場はできるだけ、白湯を飲むようにしています。

 

一度にたくさん飲むのではなく、定期的に飲むことが大切です。アルコール類は利尿作用があるため、水分不足を促してしまいます。

 

ビールがおいしい季節ですが、夏バテにならないためにも、ほどほどにしておきたいですね。

 

③快眠のための工夫をする

 エアコンを上手に使って、室温を適温にすることが快眠のこつです。寝ている間にエアコンをつけておくと、夜中に体が冷えすぎてしまい、寝冷えの原因となります。

 

寝る前に少し強めにエアコンをかけて、寝室を十分に冷やしておくと寝付きがよくなり、寝冷えも防ぐことができます。

 

それでも、寝ている間に暑くて目が覚めてしまう場合は、寝るときに設定温度を高め(28度くらい)にしてエアコンをつかいましょう。

 

そのときは、風が体に当たらないようにすることが大切です。

 

④適切な運動や入浴をする

寒い室内にばかりいると、汗を上手にかけなくなってしまう人がいます。これは上記で説明した自律神経が関わっているんですね。

 

そこで、軽い運動や入浴によって汗をかくと体温調節など自律神経系の機能を高めることができます。

 

また、寝る前に入浴をして体温をあげると、その体温が下がるときに眠気を感じて寝付きがよくなるという効果があります。

 

暑いからといって、シャワーだけですまさずに、湯船につかって体を温めるようにしましょう。

 

まとめ

最近は地球温暖化もあってか、夏バテの症状を感じる人が出てくる時期も早まっているように思います。

 

5月の時点で25度とか、もう当たり前になりつつありますからね。夏に限らずに普段から体調管理を心がけた生活を送ると自律神経も整い、丈夫な体を作ることができます。

 

ぜひ今のうちに対策を取って頂ければと思います。

 

管理人は日々そういったことを心がけているためか、ここ数年は夏バテになった記憶がありません。もともと暑さには強いのもありますが、日々の生活習慣の改善が影響しているのは確かなこと。

 

つくづく、生活習慣がいかに大切なのかを感じる次第です。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る