Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

夏バテに効く食べ物はこれだ!暑さに負けない体を手に入れよう

スポンサーリンク

 

 

暑い日が続くと、体がだるい、やる気がでないといった症状に悩まされる方がいらっしゃると思います。

 

そのような夏の体調不良を夏バテといいます。夏バテの予防法があるのでそちらを参照してもらえたらと思います。

夏バテの原因とその対策法

 

今回は少し踏み込んだ話。夏バテの予防のほか、どんな食品を食べるとよいのかを紹介します。暑さに負けない体を作るためにも、ぜひ食生活にも気を遣っていただければと思います。

 

1、野菜、果物類

夏バテに効く食べ物

トマトやキュウリ、ゴーヤといった夏野菜は、さっぱりとしていて食べやすく、食欲がないときに向いています。

 

また、生で食べるとビタミンCがとれ、疲労回復の効果があります。キウイフルーツやレモンなどの果物もビタミンCが多く含まれ、酸味と甘みが食欲を増進してくれます。

 

夏に取れる野菜や果物は体を冷やす効果もあるので、体が暑いと感じるときに摂るのがポイント

 

ただ摂りすぎると胃腸の働きが低下してしまうので、そればかりを摂るのはよくありません。

 

大切なのはバランス。根菜類の野菜、冬に取れる果物(りんご、ぶどう、みかんなど)は体を温める作用がありますのでそちらも積極的に摂りましょう。

 

2、大豆

豆腐

大豆には良質なたんぱく質やビタミンB1が多く、体力の回復に効果があります。

 

冷や奴や枝豆など、夏に向いた食べ方も多いため、毎日でも無理なく食べることができます。枝豆の状態で食べるとビタミンCもとれ、疲労回復効果が期待できます。

 

また、納豆にするとビタミンB2がとれエネルギーを作る効果が期待できるのでおすすめです。

 

3、肉、魚類

肉

たんぱく質をしっかりとるためには、肉、魚類が適しています。豚肉にはビタミンB1が多く含まれています。

 

ビタミンB1には体内の糖分をエネルギーに変える働きがあります。鶏肉は、消化がよいため、胃腸が弱っているときにはおすすめ。

 

また夏バテ気味の際は、体力回復に効果が大きいレバーがおすすめです。少量でも成人が一日に必要とされるビタミンAやB2をとることができる優秀な食品です。

 

苦手な人もいるかと思いますが、調理法を工夫して、なるべく食べるようにすることをおすすめします。

 

夏の魚として有名なのが、ウナギとカツオですね。ウナギにはビタミンA、B1、B2、D、Eのほかに、鉄分、亜鉛、カルシウムといったミネラルも多く含まれています。

 

体調を整え、汗で失われたミネラル分を補うのに適した食品です。

 

カツオは、高タンパクで低カロリーの健康食材。血合いの部分に鉄分やビタミンA、B1、B2、B12などが含まれています。なんと、レバーと匹敵するほどの栄養価の高さがあるのでびっくりですよね。

 

ニンニクやネギなどの薬味と一緒に食べることで、さらに効果を高めることができます。

 

4、香辛料、薬味

香辛料

夏バテの原因の一つである冷えを解消するのに、香辛料や薬味に用いられる野菜が効果的です。

 

体を温める効果がある野菜として、ショウガやネギ、ニンニク、唐辛子などがあります。これらの食品をとることで、血流がよくなり、新陳代謝がすすみ、内臓が活発に働くようになります。

 

食欲増進の効果もあるため、そうめんなどの冷たい食べ物をとるときには、薬味をたくさん入れるようにして、体の冷えを防ぎましょう。

 

ニンニクに含まれるアリシンという成分にはビタミンの吸収を助ける効果があります。他の食品と上手に組み合わせて取り入れるようにすると良いですね。

 

 5、ねばり気のある食材

 

納豆

納豆やオクラ、山芋、モロヘイヤなど、ねばり気のある食材はたくさんあります。

 

このねばり気の正体はムチンという成分です。ムチンには、胃の粘膜を保護したり肝臓や腎臓の働きを活発にしたりする働きがあり、夏バテで弱った胃腸を元気にしてくれる効果が期待できます。

 

また、ムチンは、たんぱく質を効率よくエネルギーに変える働きがあるので、体力の増加にも効果が。

 

ただ、熱に弱い性質があるため、できるだけ生で食べるようにすること。加熱する場合は短時間におさえることが大切です。

 

まとめ

暑くて食欲がないからといって、食事をぬいたり、冷たいものばかり食べたりしていると、胃腸の働きが弱ってしまいます。

 

すると、ますます食欲が落ち、体力が低下して夏バテを悪化させてしまうことになります。暑いときには、少しの量しか食べられなくても栄養価の高い食品を選んで食べることが必要なのです。

 

予防法をはじめ、暑くなる前から食生活に気をつければ、夏バテ知らずの快適な夏を送れることと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る