Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

熱がでると関節痛になるのはなぜ?痛みを和らげる方法はあるのか

スポンサーリンク

 

 

 風邪をひくと、鼻水、くしゃみ、せきなどいろいろな症状がでますね。中でもつらいのは熱で悩まされることだと思います。

 

高熱になると、頭がふらふらしたり、意識がボーッとなったりして、座っていることもままならない。そんなつらい発熱ですがそれと同時に、体の関節が痛んだ経験のある方も多いのではないでしょうか。

 

管理人は健康オタク(自称)なのでここ数年風邪をひいてませんがやはり風邪で熱が出たときのあの関節の痛みは忘れることができません。

 

今回は、熱と関節痛の関係、その痛みの対処法についてご紹介します。

 

発熱時の関節痛の原因

膝の関節

風邪をひくということは、原因となるウイルスが体の中に入り込んだ状態だということです。

 

ウイルスが体内に入り込むと、僕たちの体はそれらと戦うために様々な働きをします。

 

これを免疫機能といいます。

 

その免疫機能がはたくことで鼻水やせき、くしゃみを出して、体内からウイルスを追い出そうとするわけです。

 

また白血球などはウイルスに対して直接的に攻撃を行います。さらにこの免疫機能の中にはサイトカインという物質が含まれています。

 

サイトカインは脳に情報を送り、その情報を受け取った脳は体温を上げるように体に指令を出します。

 

それは発熱することでウイルスの増殖が抑制されるから。そして体が温まると白血球の動きが活発になり、効率的にウイルス排除を行うことができるんですね。

 

しかし、サイトカインが過剰に分泌されると、臓器を傷つけて機能不全を起こしてしまうというデメリットの部分も併せ持っています。

 

そのデメリットを解消させるためにサイトカインの過剰分泌を抑えるPGE2(プロスタグランジンE2)というホルモンを分泌させます。

 

ただこのプロスタグランジンもデメリットになる部分があり、人に痛みを感じやすくさせる働きや炎症を引き起こす働きが。

 

だから人は発熱をすると、体に痛みを感じるのです。辛い思いをするのは嫌なことですが生命を脅かすウイルスに対し免疫は戦っているわけですから多少の損害はやむを得ないと考えましょう。

 

風邪に伴う関節痛の対処法

秘密

では、風邪をひいた際に伴う関節痛を和らげる方法はあるのでしょうか?

 

と、言っても対処法はいたってシンプルなもの。そう、風邪を治しさえすれば熱もひき、関節痛もおさまります。

 

痛み止めを服用して一時的に痛みをおさえる方もいるようですが、そうすると免疫が風邪が治ったと誤認識してしまい、結局、体が充分に休まらずに風邪を長引かせることになってしまいます。

 

薬を飲んで熱を無理に下げると、体の免疫機能の働きも弱くなってしまいます。薬の服用が常識になっていますが一番は脱水症状などに気をつけて水分をとり、ゆっくり体を休ませることです。

 

湿布などの外用薬は免疫機能に影響はないので痛みを和らげる目的に使用するのであれば活用しましょう。

 

またインフルエンザにかかったときは風邪と比べ物にならない激しい関節痛が襲い掛かることもあります。

 

風邪は鼻水や咳などの一部の症状が強く出ることが多いですが、インフルエンザの場合は急速に全身に症状が現れることが多いです。

 

他の人への感染力も強く、ひどいときには脳症を引き起こして死に至る場合もあります。

 

その際は薬が必要になりますので早急に病院へ行き、適切な治療をしてもらいましょう。(僕はそれを放置して周りの方に迷惑をかけたことがありますw←笑い事じゃねえ)

 

別の原因による関節痛

発熱が収まった後も関節痛が長く続く場合は、他の病気の可能性も考えられます。

 

間接リウマチ、全身性エリテマトーデス、血管炎といった自己免疫疾患です。

 

自己免疫疾患とは、本来、体の中に入った異物に対しておこる免疫反応が、自己の組織を異物と認識して攻撃をしてしまい、炎症や組織の損傷を引き起こしてしまうものです。

 

他の症状がおさまっても、2週間以上間接の痛みが続く場合は医師の診察を受けることをおすすめします。

 

自身の免疫の誤動作が原因で起こる自己免疫疾患ですがなぜ誤動作をしてしまうのかは解明に至っていません。

 

また治療と言ってもステロイドを使用するなどの対処療法しか術がなく完治させるのは難しいのがほとんどです。これらの病気になるのは低確率ですが日々の生活習慣がその確率に影響を与えているのは事実。

 

食生活の乱れ、運動不足、睡眠不足など思い当たるところがあれば改善してください。

 

まとめ

以上、発熱に伴う関節痛の仕組みとその対処法でした。熱や痛みの背景に免疫機能が関わっていることが分かったと思います。

 

現状、風邪薬での対処が一般的ですが、それに頼りきりになってしまうと免疫は弱くなってしまいます。薬がなくとも免疫が強ければほとんどの病気は免疫で防ぐことができます。

 

一番怖いのは細菌やウイルスが原因ではない病気。がんや糖尿病などは自身の免疫が狂ってなる病気です。

 

これらは日々の生活習慣が左右させていると言っても過言ではありません。

 

今一度自分には何が必要なのかを時間を十分にとって考えていただければと思います。

 

薬を飲む際はくれぐれもお酒と一緒に飲むような真似はしないでくださいね↓

危険!風邪薬とお酒がNGな理由

 

では今日はここまでヾ(・・ )

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る