病気と健康

美味しいスムージーを作るための5つの秘訣

投稿日:

 

健康やダイエットによいということで、スムージーを飲み始めている人や挑戦しようと思っている人は多いと思います。

 

しかし、どうも美味しいスムージーが作れない、作り方がわからないと困っていませんか。

 

美味しくなければ続けて飲むことが嫌になり、やめてしまう原因となります。スムージーは青汁とは違い、作り方によって自分に合った美味しいものを作ることができます。

 

というわけで今回は、スムージーを美味しく作るためのコツについてお知らせします。

 

1.スムージーに入れる野菜

健康効果の高いスムージーを作りたくて、栄養価のみに注目して野菜を選ぶと、自分の好みに合わないスムージーになってしまいます。

 

スムージーは緑の葉野菜を使いますが、初めはいろいろ試してみて、自分の好みに合う野菜を見つけることが大切です。

 

味や香りが強い野菜は、スムージーにするとさらにそれらが強く感じられるようになるため、不向きです。

 

セロリやニラ、水菜、春菊といった野菜はあまりおすすめできません。やっぱ、くせがある野菜はおいしく仕上がらないのよね。

 

ほうれん草や小松菜、青梗菜などはくせが少ないので、スムージーに向いています。

 

しかし、くせが少ないといっても、何種類もの野菜を入れてしまうと、それぞれの風味がぶつかり合ってしまい、美味しくなくなってしまいます。野菜は、1種類にするか、相性のよいものを2種類混ぜる程度にしておきましょう。

 

また、でんぷん質が高い野菜は、フルーツと組み合わせることによって、腸内にガスがたまりやすくなるため、スムージーには不向きとされています。キャベツや白菜はくせは少なくてもでんぷん質が多いため、スムージーには適さない野菜です。

 

2.果物の選び方

スムージーの主役は野菜ですが、その飲みにくさを和らげてくれるのが果物です。

 

また、食感も飲みやすさには大切ですが、それも入れる果物の種類によって調整します。

 

ダイエットを目的としてスムージーを飲まれる方は、果物を入れ過ぎると糖質が多くなるため、効果が低くなってしまうので、入れる量には注意が必要です。

 

食感を重視して選ぶとき

トロッとした食感のスムージーにしたい場合には、バナナやカキ、ブルーベリーや洋ナシ桃、キウイ、パイナップルを入れましょう。サラッとした食感にするためには、オレンジなどの柑橘類やリンゴ、ナシ、スイカ、ブドウをいれるとよいでしょう。

 

味の好みで選ぶとき

甘みのある味が好みの人は、バナナやリンゴ、カキ、スイカ、モモ、ナシ、洋ナシなどがおすすめです。酸味があるスムージーにしたい人は、柑橘類、イチゴ、キウイ、パイナップル、ラズベリーなどを入れるとよいでしょう。

 

3.野菜と果物の配分

美味しくないスムージーの原因としては、野菜の入れ過ぎが一番だと思われます。健康効果と美味しさの両方を得るためには、野菜4:果物6の配分が目安となります。

 

くわしい配分は、葉野菜1/2把、柑橘類2個(オレンジ程度の大きさのもの)、バナナ1本あるいはリンゴ1個、好みの果物1~2個、水約1カップです。水の量をこれよりも減らすと、とろみが増し、水を増やすとサラッとした口当たりになります。

 

まずは、この量で作ってみて、あとは好みや目的に合わせて少しずつ配分を変えることで、自分に合ったスムージーにすることができるでしょう。

 

4.作るときの注意

美味しいスムージーは、材料の野菜と果物がしっかりと粉砕されてなめらかになっています。

 

なめらかなスムージーは、野菜や果物の細胞がしっかりと破壊されているため、栄養価を最大限に取り入れることができるといわれています。このようなスムージーを作るには、ミキサーのかけ方がポイントとなります。

 

まずは、野菜と果物は1口大に切ってからミキサーに入れるようにしましょう。

 

大きいまま入れると、しっかりと粉砕されないことがあります。

 

次に、ミキサーに入れる順番です。水を含んだ重たいものや柔らかいものを先に入れます。その後固いものを入れて、最後に葉野菜を入れます。粉砕されにくいものをミキサーの歯に近いところに入れることで、しっかりと粉砕することができるのです。

 

最後に水を入れて、ミキサーを回しましょう。できれば、ミキサーもパワーのある、粉砕力が強いものを使用することをおすすめします。粉砕力が弱いミキサーを使用する場合は、野菜や果物を小さめに切ってから入れるとよいでしょう。

 

5.市販の粉末スムージーでは

手作りのスムージーは野菜や果物の新鮮さを十分に楽しむことができるのですが、若干めんどくさい部分もありますよね。

 

そんなときに便利なのが市販の粉末スムージーです。商品化してますので味も栄養バランスも良い。一杯当たり100円からのものが多く手軽に始めることができます。

 

このように利点が多い、粉末スムージーですが、買ってみたものの味が好みではない場合があります。

 

そのような時は、柑橘系のジュースやレモン汁を加えてみたり、豆乳に混ぜたりしてみましょう。糖質量などが変わってしまうので、ダイエット効果などは薄れてしまいますが、飲みやすくすることができます。

 

まとめ

そもそも、味の好みは人それぞれで違います。スムージーも基本的な作り方はありますが、美味しいと思う材料や配分は人によって違うことが当たり前です。

 

1度で、健康効果も高くおいしいスムージーを作ることを目指さずに、何度も試行錯誤を繰り返しながら、自分に合ったスムージーを作り上げていくことを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

作り上げていく過程もご自身にとって素敵な時間になるのではないかと思います。

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

当サイトは病気の方でも前向きに、病気じゃない方でも人生をよりよくすることを願って日々記事を更新しています。

 

病気や仕事、人生についてお悩みの方は下記の「人生についての記事セレクション」を見て頂ければと思います。

 

関連記事

人生についての記事セレクション

成功の反対 1

  いらっしゃいませこんにちわー。ここは生まれてこなければよかった方たちが集まる憩いの場所でございますよー←大ウソ   はい、というわけで今回は生まれてこなければよかった方たちに向 ...

ぼっち 2

  人は孤独を嫌う。   特に日本人は集団帰属欲(人と同じような行動をしたがること)が高い傾向にあり、気の合う仲間でグループを作り行動しようとします。ただそこでそのグループに入れな ...

働く 3

  何の目標もなしにとりあえず大学に行ってそれなりの企業で働けたら良い。   ベネッセの調査では将来なりたい職業があると答えた小・中・高生は実に6割。   僕の予想よりも ...

-病気と健康

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2017 AllRights Reserved.