Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

おならが臭い!これって病気かもと思ったときの対処法

スポンサーリンク

 

 

おならの主成分は僕たちが飲み込んだ空気です。

 

それが7割を占めていて残りの3割が腸内で食べ物が発酵、腐敗したガスとなります。飲み込んだ空気は当然匂いがありませんので匂いの元はこの食べ物が発酵、あるいは腐敗したことによるガスだということです。

 

ということは食べ物の種類によって、匂いが決まるといっても過言ではありません。ここではどんな食べ物がおならの匂いを強めているのか?

 

またおならが臭いことで考えられる病気についても触れてみたいと思います。

 

おならが臭いことで考えられる病気

鼻

まずはおならが臭いことで考えられる病気について。

 

それを知る前に、まずはおならがどのような過程で生成されるのかを見てみましょう。

 

  • 食事の際に一緒に飲み込んだ空気
  • 腸内の分泌物が気化してできたもの
  • 消化活動の過程で発生する無臭性ガス
  • 悪玉菌により生成される悪臭性ガス

 

この4つの過程により混ざり合った空気、ガスがおならとなります。このうち匂いの元となるのが悪玉菌が生成するガスです。

 

腸炎、胃炎、直腸がんなどは悪玉菌が異常増殖しその毒素が原因で発病するといわれています。

 

普段の食生活で匂いは決まるのですが食生活を改善しても匂いが改善されない場合は腸炎や胃炎になっている可能性があるので早めに病院にいくなどの対策が必要です。

 

また胆嚢、すい臓、肝臓に病気を患っている場合はおならの出る頻度が高くなるようです。大人のおならの回数の平均は5回から20回。

 

それをはるかに上回るのであれば、それらの病気も危惧されますので病院で検査したほうが良さそうです。

 

おならに匂いをつける食べもの

肉

おならに匂いをつける食べ物というか、これを食べるとおならが臭くなる食べ物があります。

 

上記では悪玉菌が増殖することで、おならの匂いが強くなると述べましたが、その増殖には食べ物が深く関係します。

 

そもそも悪玉菌とは腸内細菌の一種。

 

その反対の属性を示す善玉菌があるのですが、これらは共生という形で存在するものです。つまり僕たちが生きていくには善玉菌はもちろん、悪玉菌の存在も必要だということです。

 

しかし悪玉菌が好む食べ物を摂りつづけると、腸内環境は悪化し悪影響を及ぼします。

 

悪玉菌を減らすという考えではなく、生きていくためにはどんな食生活を心掛ければ良いのか?そういった考えを持って食生活をおくっていただければと思います。

 

さて、少々話が脱線してしまいましたが、それを踏まえて悪玉菌の増殖の元となる食べ物をいくつか挙げていきます。

 

悪玉菌が好む食べ物

  • 肉類
  • 砂糖

 

悪玉菌は主に動物性のタンパク質を好む傾向にあるようです。

 

また砂糖が入った甘いお菓子も悪玉菌は好むので、過剰な摂取は控えたほうが良さそうです。ああ、おいしいものばっかりで困るわー。

 

このほかに、豆類、イモ類は発酵型のガス(有害性はない)を発生させるので匂いが強くなります。

 

このほかに硫黄成分を含む、たまねぎ、にんにくも匂いを強くさせます。ただこれらの食べ物は健康にいい食べ物です。

 

おならの匂いを強める食べ物が全て、悪玉菌の増殖につながるとは限らないということですね。

 

善玉菌を増やすことで腸内環境はよくなる

カイテキオリゴ

おならが臭い原因は分かりました。一番の対処法は悪玉菌の増殖につながる食べ物の摂取を控えることです。

 

しかし、そうは言っても肉やお菓子が大好物で、なかなか改善できないという方も多いでしょう。我慢してストレスをためても体に悪影響を及ぼします。

 

なぜなら過度のストレスは胃の消化液の分泌を妨げ悪玉菌の増殖につながるからです。体を壊してまでおならの匂いを改善させるのもおかしな話。

 

できれば健康的に治したいところです。

 

そのためにできる対処というのが善玉菌を増やすことです。善玉菌を増殖させるには乳酸菌、有機野菜、ハーブなどの摂取をすることが有効です。

 

これらを積極的に摂り食生活のバランスの是正を計りましょう。乳酸菌を摂取しても腸内環境は良くならない?

 

乳酸菌を摂取することで腸内環境がよくなるというのは有名な話。しかしその一方で効果が見られないという声もよく聞きますよね。

 

実は僕たちの胃腸には約100兆個の細菌が住み着いています。

 

これらの菌が互いにバランスを取りながら共存と言う形で住んでいるのです。一度形成されたバランス(腸内フローラ)はなかなか崩すことができません。

 

仮に乳酸菌サプリを取ったとしてもそのサプリに含まれる乳酸菌の数は一粒でわずか100億個が相場です。

 

そんな数で腸内環境が良くなるのか?

 

効果が無いといえばそうでもありませんが、その効果を実感できるまでにかなりの期間が必要だということが言えるでしょう。

 

だからサプリを取るのであれば、ある程度の月日がかかるというのを知っておくこと。

 

3日で腸内環境がよくなるなんていう甘い話はないのです。

 

僕の場合は乳酸菌で善玉菌を増やすことよりも、善玉菌の餌となるオリゴ糖の摂取をオススメします。腸内細菌のバランスを崩すことなく、自分の腸内に生息する善玉菌を活性化させたほうがはるかに効率が良いからです。

 

免疫に深く関わる腸内細菌。

 

腸内細菌のバランスの是正で、ほとんどの病気の発症リスクを抑えられるのではないかとも思っているほどです。

 

おならの匂いを改善させることも大切ですが、健康そのものについても腸内細菌のバランス是正は重要だということです。

 

もしも健康に気を遣うのであれば、僕も愛用しているオリゴ糖(カイテキオリゴ)を試してみてはいかがでしょうか?

カイテキオリゴ

 

腸内環境を整える重要性についてはこちらの記事でまとめています。よかったら参考にしてみてください↓

腸内細菌叢を整えれば元気になるという話

 

では今日はここまでヾ(・・)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る