Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

オルニチンの飲み方を徹底公開!手っ取り早く摂るならサプリがいい

スポンサーリンク

 

 

二日酔いには、シジミの味噌汁がよく効くといわれます。これは、シジミに含まれるオルニチンによる効果です。

 

しかし、オルニチンの効果はこれだけではありません。わたしたちの体にとって、とてもよい働きをしてくれる栄養素なのです。オルニチンの効果をしっかり得るためには、何からどのように摂取するとよいのでしょうか。

 

今回は、オルニチンの飲み方についてご紹介します。

 

  • 二日酔いをおこしやすい
  • 年末の飲み会が多く体調が不安
  • 外食が多いせいか体がだるい

 

社会人になると、いろいろ健康を気にするケースが多くなりますがオルニチンはあなたの健康をサポートする強力な味方。上手に摂っていつまでも健康的でいられると良いですね。

 

1.オルニチンの効果とは

オルニチン

オルニチンは、もともと人の体内にもありますが、食べ物を通しても体内に取り入れられます。オルニチンには、体にとってとてもいい働きをいくつも持っています。まずは、疲労回復効果です。

 

肝臓には「オルニチンサイクル」といわれる、体内のアンモニアを解毒する働きがあります。

 

オルニチンはこのサイクルを活性化させ、アンモニアの解毒をさらに進めます。その結果、体内のエネルギーを生産する力が高まり、疲労回復につながるのです。

 

また、オルニチンの効果として有名なのが、二日酔いの予防への働きです。

 

二日酔いの原因と一つが、アルコールが分解されてできるアセトアルデヒドです。肝臓のオルニチンサイクルは、アルコールが体内で分解されてできるアセトアルデヒドの解毒も行っています。

 

オルニチンを摂取することで、アセトアルデヒドの解毒が促進され、二日酔いを防ぐことができるのです。

 

また、オルチニンは、アミノ酸の一種であることから、筋肉を増やし強くする効果もあります。

 

オルニチンは成長ホルモンの分泌をうながします。この成長ホルモンはトレーニングなどによって傷ついた筋肉を修復する働きがあります。筋肉は修復されることで、その前よりも強くなる性質があるため、筋肉が増強されていくのです。

 

そのほかにも、基礎代謝や新陳代謝を向上されるはたらきから、ダイエットや美肌つくりにも効果があるといわれています。

 

2.オルニチンを含む食品

しじみ

オルニチンを含む食品は、いくつかあります。最も知られているのがシジミです。シジミ100g中に10~15mgほどのオルニチンが含まれています。

 

しじみ100gはシジミ約35個分です。味噌汁やスープにすると、汁に栄養素が溶けだして、食べやすくなります。

 

それ以外には、キハダマグロには刺身約10切れ中に1.9mg~7.2mg、スライスチーズ約5枚に0.7~8.5mg、6枚切りの食パン1.5枚に0.4mgのオルニチンが含まれています。

 

これらを見ると、シジミがとびぬけてオルニチンの含有量が多いことがわかります。

 

3.オルニチンの摂取量

オルニチン

オルニチンの効果を得るために必要な摂取量は、1日に400mg~1000mgほどが目安とされています。シジミに例えると、1日にシジミを1400個食べなくてはいけないという計算になります。

 

他の食品では、含有量が少なすぎて、とても必要量を食べることは不可能です。

 

これらのことから、食品だけで必要量のオルニチンを摂取することは、大変難しいことがわかります。効率よく摂取するには、サプリメントを利用することがおすすめです。

 

4.効果的な飲み方

飲み方

オルニチンンの吸収率を高めるためには、空腹時にサプリメントを服用することが一番良いとされています。

 

これは、血糖値が高いと成長ホルモンの分泌が抑制されてしまうからです。筋肉の修復や美肌効果を得るためには成長ホルモンの分泌を促進することが大切です。

 

そのため、就寝前にサプリメントをとると効果的だといわれています。

 

しかし、オルニチンが成長ホルモンの分泌効果を高めるには、体内の血糖値との関わりから、食後6~8時間空けなければいけないともいわれています。

 

効果を高めようとするならば、夕食後から6~8時間後にサプリメントを服用して就寝するということになり、現実的ではありません。

 

そこで、近頃進められているのは、朝食の30分前の服用です。朝食の前にオルニチンを摂取すると、脳下垂体に蓄積されます。そして睡眠中のホルモン分泌をうながしてくれるのです。

 

また、さらに効果を高めたいのであれば、非必須アミノ酸の1つであるアルギニンと一緒に摂取するようにしましょう。

 

アルギニンは脳下垂体が正常にはたらくようにうながす作用があり、成長ホルモンの分泌にも関わっています。

 

オルチニンとの相性がよく、同時に摂取することで相乗的効果を期待することができます。しかし、二日酔いを防ぐために服用するのであれば、食後であっても、アルコールを飲んだ後にすぐ飲むのがよいでしょう。

 

翌朝に服用しても効果はありますが、すでに二日酔いの症状が始まってしまっていては、効果が出るまでの間、苦しい思いをしなくてはいけません。

 

また、筋肉増強のためには、朝食前に加えて、運動の前後にも服用するとより効果的です。ただし、過剰摂取による影響を防ぐためにも、製品に記載されている1日当たりの摂取量は超えないように注意しましょう。

 

まとめ

オルニチンの摂取をうたったサプリメントは、数多く市販されています。それぞれオルニチンの含有量や同時に摂取できる栄養素や1回の摂取量は異なっています。

 

成分表を比べたり、継続のしやすさを考えたりして、自分に合ったものを選ぶようにしてくださいね。

 

サプリについての詳細も追記する予定ですのでしばしお待ちを。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る