病気と健康

お酒を飲み過ぎて下痢を引き起こしたときは要注意!その対処法は?

投稿日:

 

お酒を飲んだ翌日に下痢をおこしてしまった経験はありませんか。

 

実は、飲酒は下痢を引き起こしやすい要素をたくさん含んでいます。しかし、その下痢の症状には、怖い病気がかくれている場合があります。

 

少し天然な管理人
そういえば管理人もお酒を飲み過ぎた翌日は下痢の症状に苦しんだことがあります。まあそん時は放置して、自然回復したんですけどねー。
しっかり者たかし君
本当は放置は良くないんですけどねー。だってあんな病気や、こんな病気が潜んでいるのですから。

 

今回は、お酒による下痢についての知識と、その対処法についてお伝えします。

 

お酒を飲むと下痢をしやすくなるわけ

1.アルコールによる刺激

お酒に含まれるアルコール分は刺激物であるため、飲むと胃や小腸の粘膜を傷つけてしまいます。

 

そのため、胃や腸の消化機能が落ちてしまいます。それに加えてアルコールが自律神経に影響を与えることによって腸のぜんどう運動が活発になります。

 

その結果、体内のものを早く外へ出そうとするはたらきが進み、下痢症状が起きるわけです。

 

 2.水分の過剰摂取

お酒に限らず、水分を大量に摂取すると下痢をおこします。

 

これは、腸が吸収する以上の水分を摂取したために、吸収されなかった水分が便と一緒に外に送り出されるためです。お酒も多くは水分ですから、大量に飲むと下痢になるというわけです。

 

なんで普通の飲み物はあまり飲めないのにお酒はあんなにも飲めてしまうのでしょうね?不思議なものです。

 

3.胆汁の不足

アルコールを分解するのは、肝臓で生成される胆汁が担っています。胆汁は、このほかにも食べたものの消化吸収を助けるはたらきを担っています。

 

しかし、大量にアルコールが体内に入ってくると、その分解に追われて、食べたものの消化がおろそかになってしまいます。そのため、しっかりと消化されずに下痢をしてしまうのです。

 

また、お酒の場の雰囲気にのまれて、食べ過ぎてしまうことも下痢をひきおこす原因となります。

 

何でも飲まれるのは良くないということですね。

 

お酒を長期間飲み続ける危険性

上記のような、すぐにあらわれる下痢症状とは別に、長期間お酒を飲み続けたことによって、体内に異変がおこり、下痢の症状としてあらわれる場合があります。

 

1.アルコール性肝炎

大量の飲酒を長期間続けていると、肝臓が本来おこなうべきである脂肪の分解が十分にできなくなるため、脂肪肝になる場合があります。

 

脂肪肝の状態でも、なお飲酒を続けるとさらに状態が悪くなり肝臓に慢性の炎症がおこり肝細胞の破壊が進んでしまいます。

 

これがアルコール性肝炎です。

 

アルコール性肝炎になると肝機能が悪化するため、発熱や腹痛、食欲不振や嘔吐、下痢といった症状があらわれます。さらに肝硬変にまで症状が進んでしまう場合もあります。

 

2.膵炎(すいえん)

アルコールの長期摂取は膵臓にも悪影響をおよぼし、膵臓に炎症がおきた場合にも下痢がおこることがあります。

 

膵臓がアルコールの刺激を受けると膵液が過剰に分泌されます。その膵液によって膵臓自体が傷つき炎症をおこす可能性とアルコールが分解されるときに発生する物質によって膵臓が傷つけられる可能性があります。

 

また、アルコールを摂取する人はコレステロールがたまりやすく、その結果、胆石もできやすくなります。胆石が膵液の出口をふさぐことによって、急性膵炎になることもあります。

 

膵炎になると、上腹部の痛みのほか、吐き気や腹部重圧感、倦怠感を伴うことがあります。

 

アルコールによる下痢への対処法

さすがに肝硬変になるまで症状が悪化するのはまれなことですが、放置した状態を続けると大きな病気になってもおかしくはありません。

 

ですから下痢という分かりやすい症状が出たのなら早めの対処をしましょうね。

 

1.急性的な症状を予防するために

一番大切なのは、「飲みすぎ、食べ過ぎ」をしないようにすることです。

 

自分の適量を超えてしまうと、体の代謝能力が追いつかなくなり下痢症状につながります。

 

自分にとっての適量を飲むという点を踏まえたうえで、さらに注意することが、下痢の予防につながります。まずは、お酒に合わせて食べるものに気をつけましょう。

 

お酒を飲むときには、たんぱく質を含むものを一緒に食べることがおすすめです。

 

たんぱく質はアルコールを分解する酵素をつくるための材料となります。

 

イカやタコに多く含まれるタウリンも肝機能を向上させるためおすすめです。

 

空腹の状態でいきなりお酒を飲むと、胃や腸への負担が大きくなるので、これらの食べ物を先に食べておいてからお酒を飲むようにすると効果が高まります。

 

揚げ物は消化に悪いので、それ以外の調理法のものを選ぶことも大切です。

 

また、ビールやウイスキーなど体を冷やす作用があるお酒は下痢症状に悩む人には不向きです。

 

日本酒や赤ワインなどは体を温める作用があるため、下痢になりにくいといえます。

 

体調に合わせて、飲むお酒の種類にも気をつけるようにするとよいでしょう。

 

2.肝臓や膵臓を守るために

毎日飲酒をすることで内臓が疲れていることも下痢を引きおこす原因となります。

 

週に何日かはお酒を飲まず、内臓機能を回復させるようにしましょう。

 

肝炎や膵炎は再発率も高く、その最大の原因は継続した飲酒です。肝臓や膵臓に無理をさせないようにすることが結果として長い期間お酒を楽しめることにつながるのです。

 

3.下痢からの回復を早めるには

 アルコールが体内に残っているときに薬を服用するのは、ききめが強く出過ぎて危険な場合があるため、控えるようにしましょう。

 

下痢で一番注意するのは脱水症状です。

 

スポーツドリンクなど体内にとどまりやすい飲み物をこまめに摂るようにしましょう。固形物を食べることは避け、おかゆなど消化のよいものを食べて胃腸の負担を和らげるようにします。

 

まとめ

お酒は、適量を飲めば人生を豊かにしてくれるものですが、飲み方を間違えると大変な病気につながってしまいます。

 

特に急性肝炎や急性膵炎は、重篤な症状におちいり、死亡してしまうこともある恐ろしいものです。

 

慢性的な肝炎や膵炎になってしまうと、一生お酒が飲めない「断酒」が必要になる場合もあります。

 

下痢症状がある人は、体からの注意信号と受け止めて、自分の飲酒の仕方をぜひ見直してください。

 

それが、長くお酒を楽しむためのポイントだと思います。

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

当サイトは病気の方でも前向きに、病気じゃない方でも人生をよりよくすることを願って日々記事を更新しています。

 

病気や仕事、人生についてお悩みの方は下記の「人生についての記事セレクション」を見て頂ければと思います。

 

関連記事

人生についての記事セレクション

成功の反対 1

  いらっしゃいませこんにちわー。ここは生まれてこなければよかった方たちが集まる憩いの場所でございますよー←大ウソ   はい、というわけで今回は生まれてこなければよかった方たちに向 ...

ぼっち 2

  人は孤独を嫌う。   特に日本人は集団帰属欲(人と同じような行動をしたがること)が高い傾向にあり、気の合う仲間でグループを作り行動しようとします。ただそこでそのグループに入れな ...

働く 3

  何の目標もなしにとりあえず大学に行ってそれなりの企業で働けたら良い。   ベネッセの調査では将来なりたい職業があると答えた小・中・高生は実に6割。   僕の予想よりも ...

-病気と健康
-

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2017 AllRights Reserved.