Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

プール熱は大人もかかる?その予防と対処法

スポンサーリンク

 

 

これから夏本番、暑さ対策といったらプールですね。コミュニケーションも計れるし、運動不足解消にもなる場所のひとつですが、そこにはある病気のリスクが潜んでいました。

 

それが今回の題材であるプール熱です。もともとこの「プール熱」とは、子供たちが学校の水泳の授業(だいたい6-7月あたり)で感染することが多いため、この名前が付けられています。

 

正式名称は「咽頭結膜熱」といい、アデノウィルスが原因の夏風邪の1つです。

 

また、アデノウィルスは感染力が強い病気ですので、子供が感染して病気が治ったとしても、看病していたお母さんやお父さんに感染することもあります。

 

つまりプール熱は大人でも発症するということです。

 

特に子供の看病をしていて、疲れがたまり免疫力が低下している頃にこの病気に感染しやすので注意が必要です。

 

一番危険なのは、お子さんが快復して「看病で疲れたかな?」と体のだるさを感じる時です。

 

もし「ちょっとおかしいな」と感じることがあれば、すぐに体温を測りその体温を確認して病院へ早期に受診することをお勧めします。

 

プール熱にかかるとどんな症状が出るの?

考え事

まずはプール熱の症状から説明させていただきます。

 

この病気の潜伏期間はだいたい5-7日間です。主に

 

  • 体温が39~40℃の高熱が出ること。(だいたい4-5日、もしくは体のだるさが何日も続いている)
  • 強い咽頭痛(のどの痛み。食事も摂れないほどの強い痛み)
  • 結膜炎(目が充血している、他に目やにが多く出る、目がかゆいなど)

 

の症状があります。

 

また頭痛・吐き気・腹痛・下痢などが伴うこともあります。この病気は熱が下がりにくく、のどの痛みも強いため、症状を我慢して仕事などで働いていると、食欲低下や脱水症状を引き起こします。

 

特に糖尿病や透析治療中の方、高齢者など、もともと免疫力が低い方がこの病気に感染した場合、重篤な状態になる可能性が極めて高いため、注意が必要です。

 

 対処法や治療はないの?

 治療

今のところ、この「咽頭結膜熱」の原因であるアデノウィルスに対する治療薬はありません。症状である高熱や咽頭痛に対しての治療がメインになり、消炎鎮痛剤(ロキソニン)などを使用していきます。

 

また、病院で処方される内服薬の他にもしプール熱に感染した場合…

 

  1. 十分な睡眠を摂る。
  2. 脱水症状の予防のため、ポカリスウェットなどの経口補水液で水分補給をする。
  3. 感染力が強いウィルスのため、外出は控える。
  4. 熱が下がっていて、体のだるさがあまりない場合、できるだけ食事を摂る。
  5. 感染の原因になるため、家族で共有しているものは使用しない。
  6. 子供の看病をしている場合、家の中では必ずマスクを着用する。
  7. 家族は感染予防のため手洗い・うがいを必ず行う。
  8. 感染した人の洗濯物は家族と別々に洗濯する。
  9. 仕事へ出勤する場合、マスク着用・入念な手洗い・職場での共有物は使用しないなど職場内での感染に注意する。
  10. 感染した場合、かかりつけ医に仕事に出勤していいか相談する。

 

を行います。

 

大事なのは、症状を長引かせないこと、他の人へウィルスを感染させないことです。

 

予防はどうしたらいいの?

マスク

基本的にはもし家族内でこの病気に感染した場合、必ず注意してほしいのが「他の人に病気をうつさないこと」です。

 

そのためには、マスク着用や手洗い・うがいは徹底して行う必要があります。

 

今あなたはお子さんの病気は回復して安心されていると思います。また、あなた自身も熱もないし、のどの痛みも出ていない状態だと仮定しましょう。

 

それでも感染した家族がいる時点であなたはまだ「病気を持っている」ことになります。それは症状に出ていないだけでウイルス自体は体の中に潜んでいる可能性があるからですね。

 

そのため、マスクを普段から着用することや、手洗いやうがいを毎日行うことで、感染拡大を予防する必要があります。

 

もし、あなたがお子さんの病気が回復した後に病気に感染したとしても、予防をしっかり行うことで、再びお子さんに感染する確率を減らすことができます。

 

何度も言うように、被害を最小限を抑えるには適切な処置と予防が大切だということです。

 

まとめ

以上、大人も知っておくべきプール熱の対処、予防法でした。どんなに予防に励んでいても感染症にかかるときはかかります。

 

その時にいかに適切な対処を取れるかで被害を最小限に抑えることができるかが決まります。

 

プール熱に限らず、流行の病気だけでもその存在を知っておくと適切な対処を取ることができます。

 

ぜひ、暇なときはそういった情報収集をしておきましょう。必ず役に立ちますから。

 

というわけで今日はここまでヾ(・・ )

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る