Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

プロテインを飲むと太るの?そもそもどんな人が摂るべきなのか?

スポンサーリンク

 

 

身近なサプリメントとしてよく知られるプロテイン。

 

しかし、飲むと太ると思い、取り入れることをためらっている人もいるようです。

 

まあ僕みたいにガリガリガリクソン(痩せすぎ)の方は太る目的でプロテインを摂取する場合もあります。また、部活動をしている学生の方なんかは体づくりのために半強制的にプロテインを摂取しないといけないルールもあったりなかったり・・

 

はて、それが正しいのかどうか?

 

そもそもプロテインとはどのような効果を求めて摂取するものなのでしょうか。今回は、プロテインを飲む目的とその効果についてお知らせします。

 

プロテインとは

まずプロテインを摂取する目的を説明する前に、基礎知識をさらっと。

 

プロテインとは、日本語でタンパク質のことです。タンパク質は炭水化物、脂質とともに三大栄養素といわれる栄養素の基本であり、人が生きていくために欠かせないものです。

 

タンパク質は、僕たちの体をつくる材料であり、骨や血液、皮膚や筋肉などは、すべてタンパク質を材料として作られています。

 

また、生命を維持するために必要な酵素のもとであり、体を動かすエネルギー源としても使われることがあります。

 

サプリメントとしてのプロテインは、牛乳や大豆を原料とした、タンパク質の栄養補助食品です。

 

種類としては、牛乳からつくられた動物性タンパクの「ホエイプロテイン」と「ガゼインプロテイン」、大豆からつくられた植物性タンパクの「ソイプロテイン」の3種類が主流です。

 

プロテインを摂取する目的

基本的にプロテインは筋肉を増強することを目的として摂取します。

 

運動や筋トレで筋肉を使うと、筋肉中のタンパク質を分解。すると、筋肉が疲労し、筋力が低下。その時、筋線維に小さな傷がつきます。

 

体は、この疲労を回復したり傷ついた筋線維を修復したりするために、タンパク質の再合成をおこないます。

 

上記の過程を経ることで、前の筋肉よりも強くて丈夫な筋線維がつくられます。

 

これをくり返していくことで筋肉がだんだん増強されるというわけですね。当然、この時に必要とされる栄養素がタンパク質であり、筋肉が回復するときにタンパク質をしっかり摂ることで筋肉の回復を助けることができます。

 

食事だけで必要なタンパク質を摂るためには、とても量が多くなることもあり、プロテインのサプリメントを利用することで効率よくタンパク質を摂取することができます。

 

プロテインは太るのか

プロテインは、その摂り方によって太ることも痩せることも可能です。

 

プロテインの多くは低カロリーに作られているため、適正な摂取量であれば太りにくい食品です。しかし、日常の食事や間食に加えてプロテインを摂取すれば、当然カロリーが多くなるため太ってしまいます。

 

しかし、糖質の摂りすぎを防ぐために、高タンパク低カロリーのプロテインを摂取するようにすると体重を落とすことができるのです。

 

ただサプリだけに頼るのではなく、日々の運動も大切。運動には有酸素運動と無酸素運動があり、体重を減らしたいのなら有酸素運動、増やしたいのなら無酸素運動がおすすめ。

 

有酸素運動・・十分な呼吸を確保しながらできる運動の事。ウォーキングやエアロビクスなどゆっくりと継続的な運動がそれにあたる。

無酸素運動・・酸素を補給する時間がないほど、エネルギー量の消費が激しい運動の事。短距離走、ハードな筋力トレーニングがそれにあたる。

 

どちらか一方に偏った運動をするのではなく、目的別に比率を調整することで理想の体形を手に入れることができます。

 

プロテインで体重を増やすには

体重を増やすためにプロテインを利用したい人は、筋肉の増強をするために運動をし、プロテインを摂るようにします。

 

筋肉が傷ついてから再生するのには2~3日かかります。再生する間は筋肉を休める必要があるため2~3日おきに運動を繰り返します。

 

そして、毎日プロテインを摂取すると少しずつ筋肉が増えて、体重も増加していきます。

 

ホエイプロテインは吸収が速く、摂取してから1~2時間で効果があります。

 

そのため、筋トレの前や、筋トレ後30分以内に摂ると運動によって減少したタンパク質を効果的に補うことができます。また、ガゼインプロテインは吸収されてから効果が7~8時間と長く続く性質があります。

 

そのため、運動をしない休息日に1日1回飲むようにすると筋力を保つことができます。

 

また、糖質を多くしたタイプのプロテインも市販されています。これを使用すると筋肉の増強効果が低くなりますが脂肪がつきやすくなるため、体重増加の効果が期待できます。

 

しかし、脂肪で体重を増やすと美しい体形では太れない可能性があります。理想的な体形にするのなら、運動を計画的に取り入れる必要がありそうですね。

 

プロテインでダイエット

ソイプロテインはゆっくりと吸収される性質を持つため、腹持ちがよいのが特徴です。また、代謝をよくする効果もあるためダイエットに向いているプロテインです。

 

ダイエットのためにカロリーを抑えた食事をとると、体は体内のタンパク質を分解してエネルギーに変えようとするため、筋肉が減ってしまいます。

 

筋肉量が低下すると基礎代謝量が低下して、消費エネルギーが少なくなるため痩せにくい体になってしまいます。

 

そこで、ダイエット中にソイプロテインでタンパク質を補うことで筋肉量の低下を防ぎ、健康的にダイエットをすることができます。

 

筋肉を落とさずにダイエットをすると、リバウンドもしにくくなります。ダイエット中は糖質を少なめにした食事をとるようにし、その減らした分をプロテインで補うようにしましょう。

 

空腹感がないため続けやすいダイエット法であるといえます。

 

さらに、適度に筋トレをすることで、引き締まった体形に痩せることができます。ただし、ソイプロテインはホエイプロテインなどに比べると、多少粉っぽく、飲みにくいと感じる人もいるようです。

 

好みのフレーバーのものを見つけるなど、続けて飲むことができるような工夫は必要でしょう。

 

くれぐれも、補助食品として摂取するようにし、食事の代わりにプロテインのみを飲むというような極端なダイエットは健康を損なうおそれがあるので控えるようにしましょう。

 

まとめ

プロテインにも種類があることや、摂取の仕方によっては太ることにも痩せることにも利用できるとは驚きでした。

 

しかし、体を作る栄養素は食事からとることが基本であることは忘れてはいけません。

 

僕たちの体に必要な栄養素はとても種類が多いため、いろいろな食品をとることが必要だからです。

 

プロテインが有効であっても、それは、あくまでも食事の補助でしかありません。健康によい食事を摂ったうえで、サプリメントを上手に活用していきましょう。

 

もちろん運動も大切だということも忘れずにーーー。

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

P.S;イイネとかコメントを残してくれるとウホホーって喜びます。

 

~管理人やまやの過去のお話しと教訓~

  親が離婚、残された子どもの気持ち

  生まれてこなければと思ってる方へ

  ぼっちでも人生を楽しむ方法

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る