Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

寒がりさんのための冷房病の予防法

スポンサーリンク

 

 

暑い夏にクーラーのきいた部屋にいるのは心地よいものです。ああ、天国じゃあー(o´ω`o)

 

しかし、長時間の冷えや暑い部屋の外との気温差によって、体調が悪くなる人も多いはず。

 

これは、血行不良と自律神経の働きが低下しているためにおこるため。いわゆる冷房病などといわれています。

 

管理人はがりっがりの冷え性体質であるため、体調が悪化しがちでした。ただここでご紹介することを実践してからはあまりそれも気にならなくなりました。

 

というわけで夏本番を向かえる前に冷房病の予防について知識を身につけておきましょう。

 

  1. エアコンの設定温度を変える
  2. 服装
  3. 食生活
  4. 運動と入浴
  5. 快適な睡眠をとる
  6. 腹式呼吸

 

以上はどれも自律神経を整える上で有効な手段となります。冷房病の対策になりますのでぜひ実践してみましょう。

 

 1、エアコンの設定温度を変える

エアコン

外気と室内の温度差を小さくすることが対策のひとつ。理想は外気温よりもマイナス5度以内ですが、最近の猛暑では、これは難しいと思います。

 

環境への配慮からも室温は27~29度に設定することが望ましいです。

 

24度以下になると体への負担が大きくなります。

 

また、冷気が直接当たらないように自分の居場所を変えたり、エアコンのルーターの向きを変えたりするすることで体の負担を軽減させることができます。

 

 2、服装

ファッション

職場などでは、自分の思うようにエアコンの設定温度を変えることができない方も多いでしょう。管理人の職場の上司もやたら暑がりのおっさんばかりで、冷房がんがんに効かせてます。

 

夏が来て冷房がついてると、ああなんで夏なのに北海道みたいな寒いところで仕事しなければならんのだって心の中でぼやいております。

 

とにかくそのような場合は、服装を工夫して、自分の体を冷やさないようにすることが大切。

 

長袖の上着や膝掛けは、体にかけたりはずしたりが容易なので手軽に調節ができます。

 

また、冷たい風が体に直接当たることを防いでくれますね。頭痛や肩こりを感じている人は、スカーフやマフラーで首を温めることが効果的。首の血行がよくなり、症状が改善します。

 

腹巻きなどで腹部を温めると、体全体を温めることも可能です。少しおじさん臭いという印象ですが、これはまじでおすすめ。これつけてると体があったかいのなんのって。

 

別に腹巻をしていても、着用していることが他の人に分かりにくいため、そんなに気にされる必要はないかと思います。

 

冷気は下の方にたまるため、レッグウオーマーや靴下の重ね履きなどをして、足下を温めることも冷えを防ぐ有効な手段です。

 

3、食生活

和食

暑いからといって、冷たい飲み物や食べ物ばかり食べていると、体の内部が冷えてしまいます。

 

エアコンがきいている涼しい場所では、温かいものを食べるようにしましょう。また、体を温める食材があるので、積極的に取り入れるといいですよ。

 

しょうが、にんにく、ねぎ、たまねぎ、かぼちゃなどの食べ物や、とうがらし、こしょうなどの香辛料にも体を温めて、血行をよくする効果があります。

 

ちなみに管理人は冷房が効いたところでは、冷たい水ではなく白湯を飲んでいます。

4、運動と入浴

運動

軽い運動と入浴は、血行をよくして冷えを改善します。足先は体で一番冷えやすいと言うのは上記で説明したとおり。

 

仕事中でも休憩の時に屈伸運動や、かかとを上げ下げする運動をするだけで、足先の血流がよくなります。

 

日常では、ウォーキングなどをして、足の筋肉をつけると足から心臓へ向けて血液を流す力が増して、足先の冷えの改善につながります。

 

入浴も、夏はシャワーだけですませる人もいると思いますが、ゆっくりと湯船につかって体を温めることが大切です。ぬるめのお湯(38~40度)にゆっくりとつかると、体が内側から温まります。

 

軽い運動や入浴には自律神経を整える働きもあるため、毎日続けることで冷房病を防ぐことができます。

 

5、快適な睡眠をとる

安眠

規則正しい生活を送ることで、自律神経を整えることができます。夜更かしなどを控えて、夜にしっかりと睡眠をとれていますか?

 

熱帯夜など寝苦しい夜が続いて睡眠不足になるときには、寝る前に冷房をかけて寝室を冷やしておくと、寝付きがよくなり快眠につながります。

 

ただし睡眠中に冷房をかけっぱなしにするのは、体の冷えにつながるため控えてください。それこそ冷房病につながる行為ですので・・

 

6、腹式呼吸

腹

自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つがバランスをとって働いて体の調子を整えています。

 

体を温めてもなかなか手足の先の冷えが改善しない場合は、このバランスがくずれて交感神経が活発に働きすぎている状態だと考えられます。

 

腹式呼吸をすることで、交感神経の興奮をしずめて、副交感神経の働きを促すと手足の血管が広がり血流がよくなります。短い時間でも十分効果があるので、冷えが気になるときは試してみましょう。

 

まとめ

冷房病になると体温調節がうまくできなくなり、体の冷えや肩こり、頭痛、食欲不振などの症状が出てきます。

 

冷えは万病の元といわれますがそれを促しているのは自分自身。自律神経は自分が気づかないうちに徐々に乱れていきます。

 

もしも冷え性気味だという方は、事前に今回紹介した対策をとって、快適な夏を過ごしましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る