Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

なぜか嫉妬してしまう・・深刻になると病気や被害妄想になる

スポンサーリンク

 

嫉妬が病気につながる?

 心

嫉妬することは珍しくありません。彼が好きならば嫉妬してもそれは普通の反応です。

 

ただ、それが原因でふさぎ込んでしまったり、彼に根も葉もないことを言って怒鳴りつけたり、彼を逐一監視するようになると普通の状態とは言えません。

 

これが続くと鬱や統合失調症などの症状に繋がる可能性があります。

 

ここでは、そこまでならないように回避し、ストレスを軽減する方法について考えましょう。そう、病気にならないようにするためには、たまったもやもやを解消することが大切なのです。

 

 先ずは「把握しよう」

 仕事

彼氏と自分はラブラブ。でも、他の女性の事が気になってしまう。何だかもやもやしてしまいます。

 

こんな自分隠しておきたいって思いませんか。実はマイナスな感情を隠そうとしてしまうのは逆効果です。

 

嫉妬しないでおこう、忘れようとしようとすればするほど思い出すように人間の脳はできているのです。

 

まず、自分が嫉妬していること、嫉妬したことで怒りを感じたりもやもやしていることを認めましょう。

 

今まで感じていた嫉妬を押し殺さずに「把握」することをスタートしてください。意識して「把握」することが出来ると自分を押し殺しすぎて彼氏に八つ当たりと言う大爆発は避けられます。

 

 誰かに話してみよう

次に自分が元カノなどに嫉妬していることについて誰かにお話しましょう。直接会ってお話するのが一番ですが、メールやLINEなどで話してもかまいません。

 

誰かに話すことで自分だけでは気づかなかった、嫉妬してしまう事やタイミングなどが新発見できるかもしれません。

 

ただ、ここで重要なのが話す人物の選択です。女性に多いのがある程度聞いてから持論を展開するのが好きなタイプ

 

人選ミスすると逆効果にもなりかねません。ここで重要なのは自分の気持ちを吐き出しきることなのでゆっくり聞いてくれる友達を探すこと。

 

聞き上手な方がいいですね。

 

 紙に書く

ここで自分が把握できたことと友達に話して気がついたことを箇条書きにしてみましょう。

 

まとめて書かずに細かいことまで丁寧に1つ1つ書くようにしてください。この紙を見れば嫉妬の正体がだんだんと顔を出してきます。

 

彼氏への嫉妬は大きく分けて3つになります。

  1. 彼の心変りが心配
  2. 自分にないものを別の女性が持っていると感じる
  3. 彼氏と別の女性と頻繁に連絡をしている

 

この3つのどれかが分かったらそれに合わせた対策をうつ準備をしましょう。

 

 彼の心変りが心配な場合

 彼がある程度魅力的ならば多かれ少なかれ女友達や元カノはいます。でも、いるとなったら気になってしまいます。

 

「やっぱり他の子が良かった。」なんて言われてしまったらと不安ですよね。

 

ただ、その考えは事実と合っていますか。自分で勝手に相手を妄想して嫉妬していることがあります。絶対そうだと決めつけている傾向があれば注意しましょう。

 

スマホを見ているからって女性に連絡しているとは限らないし、元カノを懐かしむ歌をカラオケで歌っていても思い出しているとは限りません。

 

女性は男性よりも事実と違うことを真実と思いがちなので注意しましょう。

 

 自分が劣っていると思う場合

この場合ですと、ある日元カノが美人だったと知った、自分よりずっと長く付き合っていたことを知った。

 

町で見かけた美女を見てあんな人の方が私より彼にふさわしいのではないか…知った事実からどんどんと嫉妬が生まれてきます。

 

ただ、ものは考えようです。あなたは美人だと感じても彼から見ればあなたの方が魅力的なのかもしれませんし、あなたに運命を感じて短い付き合いでもプロポーズも考えている可能性もあります。

 

一般常識にとらわれず、彼の考えが自分とは違うことやその結果自分を彼女にしたことを忘れないでおきましょう。

 

 彼が別の女性ととても仲がいい場合

例えば、地元の飲み会で大勢の中に女性もいることが多いぐらいのケースがあります。

 

また、仕事仲間に元カノがいるパターンも考えられるでしょう。ここに嫉妬してしまう部分は上記した二つでまず回避して見て下さい。

 

ただ不可抗力であってしまうなら仕方がないですが、自分から会うようならば厳しい態度をとりましょう。

 

大目に見ろと言われても聞く耳を持たなくてもかまいません。何故ならあなたが不安になっていると分かっていて他の女性と連絡を取っているとなると、その不安をあおるような行為に他ならないからです。

 

「連絡を取っている間は不安なので会わない。」と連絡を絶ってしまい様子を見ましょう。

 

ここであなたを心配するか他の女性を心配するかで彼の誠実さを判断することができます。大事なのは感情的にならず通告することです。

 

 ここで再び紙に書いてみる

ここまでは嫉妬を回避する方法を考えましたが、ここから軽減することを考えます。

 

あなたはいくつのグループに所属しているでしょうか。

 

まず、彼と自分で1グループ。続いて家族・学校のクラス・部活・バイトや仕事仲間など自分が所属しているものを片っ端から書いていきます。

 

そのうち、使っている時間や気持ちについて100%中どのくらいを使っているか仕訳していきます。

 

彼にかけている時間や気持ちはかなり多くないですか。比重が多いほどそこから受けるダメージは増えてしまうのです。

 

 彼を主要人物に置かない生活を考える

彼の些細なことで傷ついてしまうのは彼を自分の生活の主張人物にしすぎてしまっているからかもしれません。

 

先ほど紙に書いた通りあなたの生活における登場人物は他にもいたはずです。

 

すべての比重を同じにするのは不可能ですが「あれ?この友達会いたかったけど連絡取っていないぞ。」「最近お母さんと買い物してないな。」とないがしろにしていた人間関係が見えてきます。

 

その人たちを大事にしていくと彼の比重が減っていき嫉妬へのエネルギーを減らすことが出来るのです。

 

新たなことにチャレンジする

別の人に視野を持っていく以外に時間を別の事に使うという方法があります。バイトに専念したり勉強をしてみるのも良いことですが、これを機会に新しいことにチャレンジしてはいかがでしょうか。

 

お料理教室に通うなどの習い事系、エステサロンなどの自分磨き系、断食等の普段やったことのないものは山ほどあるはずです。

 

たくさんの事を経験する事で脳みそが別の事を覚えるのに必死になります。嫉妬に使う力も持っていかれてしまうでしょう。

 

まとめ

世界を広げた自分に自信を持ち、彼に好きでいてもらうことを続ける。

 

いかがでしたか。ここまでの事をすべてやったあなたは自分の嫉妬するタイミングを理解し、嫉妬を回避する事について考えました。

 

また、他の友達や新しいことを自分で会得し以前とは考え方も行動範囲も異なっているはずです。

 

はつらつと自分と会う以外の世界を持っているあなたは彼にとって間違いなく魅力的です。嫉妬をしてしまう自分を倒す一番の方法は自分に自信を持ってしまうことです。

 

それでも嫉妬してしまう場合はそのエネルギーを彼ではなく外に向けることを忘れないでください。

 

大事なのは彼に怒鳴り散らしても何も解決しないこと、そのエネルギーは外に向ける方が魅力的になって自信につながることです。

 

もやもやが晴れないなら一層のこと別れを告げるのもありなのかもしれません。もっと自分に自信を持って再出発をしたほうが、今後の恋愛のためになると思いますので・・

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る