Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

帯状疱疹の初期症状「悪化させない3つの対処法」

スポンサーリンク

 

 

帯状疱疹は、体の免疫力が低下したときにおこりやすい病気です。

 

赤い帯状の水ぶくれに激しい痛みをともないます。病気への対処が遅れると、重症化したり後遺症が残ったりするこわい病気です。今回は、気づきにくい帯状疱疹の初期症状とその対処法についてお伝えします。

 

帯状疱疹とは?

考え事

帯状疱疹の原因は、普段体内に潜伏している水ぼうそうのウイルスです。

 

子どものころに水ぼうそうにかかると、水ぼうそうが治癒した後もウイルスは体内の奥深くに潜伏し続けます。

 

疲労や病気、加齢などによって、体の免疫力が衰えると、そのウイルスが再び活動を始めて帯状疱疹を引き起こすという仕組みです。

 

このウイルスは神経節の中に潜み、発症するときは脊髄から伸びる神経を伝って出てきます。そのため帯状疱疹は、ほとんどの場合、体の左右どちらか半分に症状があらわれます。

 

発疹が増えると、痛みが激しくなります。人によっては、「骨が折れるよう」「服が触れても痛い」と表現されるほど。

 

知り合いのおばさんも帯状疱疹で少し体を動かすだけでもかなり痛いとおっしゃってました。ま、アトピーのつらさと比べれば大したことはないのだろうけどね!←急に話し変えるな

 

ほとんどの場合は、発疹が消えるのと同時に痛みもひいていきます。

 

帯状疱疹の初期症状

帯状疱疹

帯状疱疹にかかった70%~80%の人が発疹の出る数日~1週間ほど前に、その場所に痛みを感じています。

 

ピリピリ、チクチクといった痛みを感じ、その後、発疹が出るようであれば帯状疱疹である可能性が高いといえます。人によっては、虫刺されのようなチクチクしたかゆみが止まらないという症状を訴える場合もあります。

 

そのほかに、痛みを感じなくても、発疹が増えるようであれば、帯状疱疹の可能性が高いです。

 

ではその対処法はあるのでしょうか?

 

対処1 3日以内に治療を始める

帯状疱疹の治療は、「発症から3日以内に始める」ことが重要です。はじめは、数粒の水ぶくれから始まり、数日で帯状に広がり激しく痛むようになります。

 

別病、胴巻きともいわれる病気でそれが一周すると死ぬなんてくだらない迷信もありますね。

 

治療が遅れると、ウイルスによって神経を傷つけられてしまい、治癒するまでに1か月以上かかる場合もあります。

 

さらに、神経に傷が残ってしまうと10年以上も痛みを感じ続ける人もいるのでいかに初期治療が大切なのかが分かります。

 

これは、帯状疱疹後神経痛といわれ、高齢者に多いそうです。先述のような症状を発見したら、少しでも早く医療機関を受診し、治療を開始しましょう。

 

帯状疱疹の治療には、抗ウイルス薬を用います。発症から3日以内に投与すると、高い効果が得られるそうです。

 

 対処2 予防接種を受ける

帯状疱疹の原因は、水ぼうそうのウイルスであるため、水ぼうそうのワクチンを接種することが帯状疱疹の予防にもつながります。

 

まだ、水ぼうそうにかかっていない人は、ワクチン接種によって、水ぼうそうと帯状疱疹の両方を予防することができます。

 

50歳以上の人、疲れがたまりやすい人は、免疫力の低下が心配されるため帯状疱疹にかかるリスクが高いので日常的に気に掛ける必要があるでしょう。

 

また、2型糖尿病の人も、帯状疱疹にかかることで神経へのダメージが大きくなり、重症化しやすいです。はて、アトピーの人はどうなんだろう?ウイルス性の免疫は強いので大丈夫かな・・←独り言なので気にしないで

 

とにかく上記に当てはまる方は、ワクチンを接種することをおすすめします。

 

 対処3 日常生活で予防、季節の変わり目は要注意!

日常生活では、免疫力を低下させない生活を心がけます。まずは、栄養バランスのよい食事をとるようにしましょう。

 

次に、睡眠をしっかりととります。生活習慣病などの持病がある人は、その管理をしっかりすることが大切です。帯状疱疹は、9月~10月に全体の6割が、2~3月に3割が発症します。

 

残りの1割は季節に関係なく発症しています。秋口と春先に多いのは、季節の変わり目で、体調をくずす人が多いことが関係しているということ。

 

この時期は、無理をせずに、体の疲れを回復するようにつとめましょう。

 

まとめ

帯状疱疹は、一生の間に3人に1人が発症するといわれています。中高年に多いといわれていますが、ストレス社会の影響か、若い人でも発症する人が増えています。

 

日常生活での予防を心がけるとともに、自分の体の小さな変化を見逃さずに適切に対処していけるようにしたいですね。

 

痛みがピークに達するとまじで地獄。念のため痛みを和らげる方法も記事にしましたのでそちらも合わせて読むといいかもしれません↓

帯状疱疹痛みのピーク、どうやって緩和するの?

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る