病気と健康

体幹を鍛えるのにはヨガがベスト?その秘密とは?

投稿日:

 

気候があたたかくなり薄着になると、気になってくるのが体のたるみですね。

 

筋トレをして体を引き締めないといけないと感じている方も多いのではないでしょうか。でも、筋トレはきついイメージもあり、なかなか続けるのが難しいものです。

 

そのような方は、ヨガに取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

体をやわらかくするイメージがあるヨガですが、実は筋肉を鍛える効果もあるのです。今回は、ヨガで体を鍛える効果についてお知らせします。

 

ヨガと筋トレは何が違うか

ヨガ

筋トレは、筋肉に負荷をかけて、筋肉を大きく強くすることを目的におこなわれます。

 

その筋肉は、主に体の表層部にあるものです。そのため、筋トレをすると、表層部の筋肉が大きくなるため、大きくなります。

 

皆さんご存知の通り、表層部の筋肉を鍛えることで瞬発な力を発揮することができるようになります。

 

それに対してヨガは、インナーマッスルと呼ばれる背骨や骨盤の周囲のような体の深部にある小さな筋肉を鍛える効果があります。

 

インナーマッスルを鍛えると同時に筋肉をやわらかくすることで、骨のゆがみを矯正し、ゆがみからくる不調を軽減させてくれます。

 

インナーマッスルは細かく、軽い筋肉のため、鍛えても大きくなることはありません。表層部の筋肉のような瞬発力は弱いですが、持久力が優れているのが特徴です。

 

インナーマッスルを鍛えることの重要性

インナーマッスルは、体を安定させたり、関節を思い通りに動かしたりするために重要な役割をする筋肉です。

 

インナーマッスルを鍛えることで、体のバランスがうまく保てるようになり、体をしっかりと支えることができるようになります。

 

また、細かな動きを調整することができるようになるため、無駄な動きをとることがなくなり、疲労やストレスを軽減することにもつながります。

 

体の各部位の可動域を広げる効果もあるため、体のしなやかさが増し、筋トレで表層部の筋肉を鍛えて得たパワーをこれまで以上に発揮することができるようになります。

 

つまりパフォーマンスの向上につながるというわけ。

 

よく体幹を鍛えようとしておなか回りばかりを鍛える方がいますが、それではパフォーマンスは上がりません。

 

これらは連動していますので、表層部、インナー、この両方の筋肉をバランスよく鍛えることが大切なのです。

 

その他にも、インナーマッスルも筋肉なので、鍛えることで体の代謝が上がり、ダイエットや冷え性の改善などの効果を得ることができます。

 

また、体を中心部からしっかりと支えられるようになることから、姿勢が美しくなり、その影響で肩こりや腰痛が改善する人もいます。

 

ヨガが体を鍛えるためによい理由

ヨガには、とても多くのポーズがあります。そのため、初心者から上級者までが、自分に合ったポーズを選んで取り組めることが魅力です。

 

しばらく運動から遠ざかっていた人や高齢者の方が、いきなり負荷の大きい筋トレをおこなうと、かえって体を痛めてしまうことがありますが、ヨガであれば、簡単なポーズを選んでおこなうことができます。

 

また、ゆっくりとした動きでおこなうため、ケガの心配がなく取り組むことができるのもいい点ですね。

 

股関節のあたりにもインナーマッスルが多くあるため、この部分を鍛えることで足が軽く上がるようになり、つまずきや店頭を予防する効果があります。

 

ダイエット効果も期待できる

インナーマッスルは、座るときの美しい姿勢を保つことや、歩くことなど、日常生活のあらゆる動きに関係する筋肉です。

 

そのため、ヨガによってインナーマッスルを鍛えると、日常生活での代謝がよくなり、通常の動きでのカロリー消費が増えます。

 

その結果、太りにくい体へと体質を変えることができるのです。

 

他の運動と組み合わせる

ヨガのみでも体を鍛える効果はありますが、他の運動と組み合わせることでさらに高い効果を得ることができます。

 

ヨガには、筋肉をやわらかくする効果や呼吸を整える効果があるため、運動による筋肉へのダメージを軽減することができます。

 

そのため、他の運動の前後におこなうことがよいとされています。

 

ヨガと組み合わせるのは筋トレや有酸素運動が向いています。脂肪燃焼を目的とするならば、まず、ヨガを準備運動としておこない、その後、筋トレ、有酸素運動、最後にストレッチを兼ねたヨガをおこなうという順番が望ましいです。

 

強めの筋肉トレーニングをしたい人は、週に何日かは筋トレをおこない、その休息日にヨガをおこなうとよいでしょう。

 

毎日の筋トレの前後にヨガのポーズを3つか4つ組み合わせるのも効果的です。それよりも強度を弱めたい人は、ヨガをメインにおこなうようにします。

 

週に4日ヨガをおこない、週に1日筋トレの日をもうけます。

 

残りの1日は休息日にしてもいいですが、余裕があれば、筋トレとヨガを組み合わせておこなう日にするとよいでしょう。

 

これらのトレーニングは4週間ほど続けることで効果が実感できるようになります。3日坊主にならないように、無理をせず、毎日の習慣となるように取り組んでいくことがポイントとなります。

 

まとめ

ヨガが体を鍛えるためにとても効果があることがわかりました。

 

しかし、ヨガの本来の目的は、心を安定させることにあります。そのため、体を動かすと同時に呼吸にも意識を向けておこなっていきます。

 

自律神経を整えて、心も落ち着きストレスを軽減することができるヨガのパゥワー。これを機会に初めてみませんか。

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

当サイトは病気の方でも前向きに、病気じゃない方でも人生をよりよくすることを願って日々記事を更新しています。

 

最後に記事をシェア、コメントを残していただくとウホホーって喜びます。

 

関連記事

-病気と健康

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2017 AllRights Reserved.