Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

もしも胎児が障害を抱えていたらあなたはどうする?

スポンサーリンク

 

 

少し重たい話。

 

もしもお腹の赤ちゃんが障害を抱えていると発覚した場合、誰でもいたたまれない気持ちになるでしょう。

 

そしてその後は残酷な決断をしなければなりません。

果たしてそのまま生むべきなのか、中絶をするか・・

 

管理人は独身ですが親の気持ちになって、少し考えてみたいと思います。

 

予備知識(出生前検査のあれこれ)

比較

まずはじめに予備知識として、出生前検査のことについて触れておきます。文字通り、胎児に奇形や病気がないかを調べるための検査の事を言います。

 

妊娠9~22週頃に行われ、両親のどちらかが遺伝子に異常がある方、高齢出産者の利用が多いとのこと。

 

出生前検査の種類は大きく分けて5種類。

 

医師のカウンセリングにより検査方法を決め検査することになります。

 

  • 羊水検査(費用10万~15万)
  • 絨毛検査(費用10万~15万)
  • 血清マーカーテスト(費用2万~3万)
  • 超音波診断(費用2万~5万)
  • NIPT(費用20万前後)

 

以上がその検査内容になるわけですが、妊娠期間によって検査できる内容も変わります。最近では高精度のNIPTという検査が注目を集めています。

 

ただ保険の適用がなく費用は決して安いとは言えません。またそれぞれの検査において、メリットデメリットもあるので医師とよく相談した上で、検査内容を決めると良いでしょう。

 

注意しなければならないのがどの検査も100%の精度ではないということ。

 

仮に陰性であっても、検査内容を信じきるというのはしないほうがいいかもしれません。

 

中絶が認められるのは妊娠22週目まで

けんか

もしも中絶を決行する場合は、妊娠22週目までにしなければなりません。

 

羊水検査を15週から18週で受け、結果が出るまで2週間かかることを考えると決断する時間はわずか2週間ほどしかありません。

 

ちなみに最新のNIPTであれば、妊娠10週から18週の期間でうけることができます。できることなら早めの検査を受け決断する時間を長く取りたいところ。

 

一つの命が誕生するかしないかの大きな出来事なのですから。

 

染色体異常確定者の97%は中絶していた

胸

見出しにあるようにダウン症など、胎児の染色体に異常があったと発覚した場合97%の妊婦が中絶をしていたことが分かっています。

 

また妊娠中に障害児だと判明したとき、生むか生まないかのアンケートを実施、その結果、約65%の人が生まないと回答しています。

(参考:http://wotopi.jp/archives/22732)

 

この背景にはやはり障害を持っていると、生きていくのが辛いというのがあると思います。本人もそうだし親も同じように辛い思いをして生きていかなければなりません。

 

その辛い思いを背負う覚悟があるのか?子だけではなく親の人生も大きく変わる出来事。

 

データを見るに検査をする方は障害であれば、中絶をするという覚悟をしているのでしょう。つまりどちらを取るにしても覚悟が必要であり、辛い思いをしなければならないということです。

 

僕が親なら中絶する

スーツ

もしこのような立場に立たされたら僕も中絶を選びます。

 

一瞬の覚悟と一生の覚悟。

 

僕には一生の覚悟を背負うことはできません。これは僕が奥さんもいないし現実味がないからでしょうね。

 

命の重たさが妊婦の方と比べると分かってないのです。ただ障害の辛さは少し分かります。プロフィールに載っているように僕はアトピーを患って20年以上が経ちます。

 

軽度のアトピーとは違い、生まれながらにして病気を患っていたため、毎日が病気との闘いでした。

 

正直、自殺したくなるほど人生がつまらなかったです。(今は生きる目的があるから生きてますが・・)

参考:生まれてこなければ良かったと思うのなら 

 

生んだ親を憎んだこともあります。なんで僕だけ?何でこんな体で産んだんだ・・行き場のない怒りを物にぶつけていました。

 

生きる目的を見つけるまでは本当に辛い毎日だったのです。まあ何が言いたいのかっていうと生まれてきた子どもは自分が生まれてよかったのかって思うのかっていいたいわけです。

 

つまり本人の意思を考える必要があるってこと。わが子と共に生きていく覚悟があったとしても本人が生きる意味や生きていく意思を持たなければいつか親の心も折れます。

 

その覚悟があなたにはありますか?

 

もしも不安が少しでもあるのなら中絶を選ぶべきかもしれません。まだ子どもと生きていく覚悟が足りていませんから。

 

それでも子どもに生きる意味や生きていく意志を持たせられる!その自信があるのならあなたはうまくいきます。

 

どんな逆境にも耐えられることができるでしょう。

 

まとめ

辛いことも人生には必要です。幸せだけを求めるのが人生じゃない。

 

その覚悟を忘れずに、大切に子どもを育ててあげてください。ってどっちを勧めてるんだよーって?

 

そんなの決められるわけないじゃないですか?

命に関わることを他人が決めることはできませんよ・・

 

ただ一つ言えることはどちらを選択しても、それは間違いでは無いということ。時間を設け、一生懸命に悩んだ末の答えです。

 

誰かが責め立てたとしても、関係ありません。それが決断と言うものなのですから・・

 

では今日はここまでヾ(・・ )

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る