Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

腸内細菌叢を整えるとびっくりするほど元気になるという話

スポンサーリンク

 

 

最近、健康をコントロールする上で注目されているのが腸内細菌です。

 

僕たちの腸内には約100兆個の腸内細菌が共存という形で生息しています。もしも最近、体調が優れない場合腸内細菌のバランスが崩れていることが原因かもしれません。

 

それらの数を整えることができれば毎日を健やかに過ごす事が可能です。

 

今回はそんな腸内細菌が僕たちの健康にどのような作用をもたらすのかを説明していこうと思います。

 

腸内細菌は3種類の菌が住み着いている

腹

腸内細菌と言ってもその住み着く菌の種類は様々です。

 

それらの細菌は人体になくてはならない存在ですが体に与える影響別に善玉菌、日和見菌、悪玉菌に分類されています。

 

例えば健康に良いとされる乳酸菌は善玉菌に、体に悪影響を与えるカンジダ菌は悪玉菌に分類されます。

 

そして菌が団体を作りが互いに拮抗しあうことで勢力のバランスが整えられ腸内環境が良好になるように出来上がっています。

 

僕たちが健康を維持していくのに良いとされる比率が以下の図の通りです。

 腸内細菌のバランス

引用:http://www.wakunaga.co.jp/health/month/post_39.html

 

最近風邪を引きやすくなった方、体調が優れない方は腸内細菌のバランスが崩れた状態に陥っている可能性があります。

 

つまり腸内に悪玉菌が増えた状態です。

 

睡眠不足、偏った食生活を続けることで悪玉菌は増殖し腸内環境は崩れます。本来の比率に戻すためにはこれらの生活習慣の見直しをすることが大切となります。

 

腸内細菌と免疫

筋肉

悪玉菌が増えることで腸内環境が悪化し健康に悪影響が及ぼすことは上記で説明したとおりです。

 

ではなぜ悪玉菌が増えると健康に害を及ぼすのか?それは悪玉菌が増えることで免疫力が低下するためです。

 

免疫とは菌やウイルスなどの外的から身を守るための防衛システムです。

 

また免疫の大部分は胃腸が司っています

 

その胃腸に100兆個もの腸内細菌が住み着いているのですから腸内細菌が免疫に関わるのは何となくでも想像できるのではないでしょうか?

 

実際に研究でも腸内細菌のバランスによりTh1、Th2のバランスに影響を与えることが分かっています。

ThはヘルパーT細胞のことでTh1、Th2の2種類に分類されます。これらのバランスが均衡を保つことで菌やウイルスにすばやく反応し適切な免疫反応を示すことができます。

さらに腸管における制御性T細胞の誘導やIgA抗体の産生を促す(免疫力の向上)といったことも研究で明らかになっています。

 

このように悪玉菌の影響で免疫が低下してしまうので外部からの攻撃に弱くなってしまい風邪を引きやすくなったり体調の悪化を招くのです。

 

研究結果で出ているように腸内細菌が免疫を決定付けるといっても過言ではないでしょう。

 

乳酸菌で免疫力がアップするという罠

膝

風邪を引きやすくなった。

 

その体質を改善するために思いつくのが免疫力の向上です。そして免疫力を上げる方法に乳酸菌の摂取が挙げられます。

 

乳酸菌は善玉菌になるので腸内で善玉菌が増えることで悪玉菌の増殖を抑えることができます。

 

結果的に腸内細菌のバランス是正となるので免疫力が向上するというわけですね。これはCMなどでもバンバン宣伝されているのでもはや誰もが思い浮かぶ方法かもしれません。

 

しかし僕はCMなどで紹介される乳酸菌の摂取では免疫力の向上にあまりつながらないと考えています。

 

ヨーグルトやサプリに含まれる乳酸菌の数はせいぜい多くても数億といったところでしょう。僕たちの腸内には100兆個もの細菌が住み着いているというのは冒頭でも説明したとおりです。

 

また腸と言っても十二指腸や小腸、大腸がありそれぞれの菌の生息する箇所はある程度決まっています。

 

例えば乳酸菌は小腸に、ビフィズス菌は大腸というふうに。

 

それらが団体を作り各腸に住み着いているのです。たかだか数億個の乳酸菌の摂取ではなんのバランス是正にもなりません。

 

効果が現れるにしても何ヶ月、何年もの月日がかかるのが当たり前です。

 

また生息できる箇所はある程度決まっているので1種類の乳酸菌では各腸で効果を働かせることは不可能です。

 

よく宣伝で1週間で体調が良くなったとか1種類の乳酸菌で体調が改善されたという話を聞きますがあれはウソだと思っていいでしょう。

 

プラセボ効果による改善であれば話は別ですが・・・

 

腸内細菌のバランスを整えるには

考え事

乳酸菌を摂取しても効果はあまりないと言うのが僕の持論です。もしも乳酸菌を摂るのなら一種類ではなく多種類。

 

それを数ヶ月単位で飲み続けることが条件です。

 

以上のことを実践できる方であればいいのですが多くの人は短期間で効果が現れるものだと思っているので長続きしないのが現状です。

 

効果が現れるまで地道にこつこつと免疫力をアップさせていきましょう。また何より生活習慣の見直しも同時にすることが望ましいです。

 

しっかり睡眠をとり食生活はバランスを取る事が大切です。

 

いくら乳酸菌を摂り続けても悪玉菌が増える行動をしていては全く意味がありませんからね。生活習慣の見直し、改善することで免疫力はぐんぐん上昇しますので日々心掛けられると良いかと思います。

 

さて腸内細菌のバランスを整えるには以上のことを心がけることで可能となりますが僕は以下のような方法で腸内細菌のバランス是正をしています。

 

その方法と言うのがオリゴ糖の摂取です。

 

特にカイテキオリゴと言う商品は各腸に生息する善玉菌の餌になるので免疫力を効率的に上げることができます。

 

確かに乳酸菌の摂取を続けることで善玉菌を活性化させ免疫力を上げることはできますが人によって腸内細菌の住む環境も違うことから自分の本来住むべき善玉菌の活性化を図ったほうがよほど効率的なのです。

 

ただオリゴ糖を摂取しているからといって効果がすぐに現れるわけではありません。しかし乳酸菌の摂取による効果よりは比較的早い段階で効果は現れるものだと思っています。

 

実際にアトピーである管理人はオリゴ糖の摂取により症状が緩和されました。

(アトピーは免疫の異常反応が原因で皮膚に炎症をおこす病気です)

 

免疫是正のために色々やってみましたが服用するものではオリゴ糖の摂取が一番効果を実感できましたね。

カイテキオリゴ

というわけで健康を維持するために、または体調不良を改善させるために、一度カイテキオリゴを試してみることをおすすめします。

 

詳しくは公式サイトにてご確認を↓

カイテキオリゴ

 

では今日はここまでヾ(・・)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る