Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

運動不足でなりやすい恐ろしい病気ベスト5

スポンサーリンク

 

 

社会で働くようになってめっきり運動する機会がなくなった管理人。自称、健康オタクの僕ですが健康のために運動をしようとは思っていません。

 

だってめんどくさいんだもん!!でも、まてよ、よくよく調べてみると運動不足が原因で病気にかかることもあるのだとか。

 

健康オタクの名に懸けて運動しないとまずいのではないか?というわけで今回は運動不足が原因でなる怖い病気ベスト5をご紹介。

 

病気の恐ろしさを知り危機感を感じ、おしりに火をつける作戦に出たいと思います。(((((((((((っ・ω・)っ ブーン

 

1.心筋梗塞、脳梗塞

胸

血液がドロドロになり、血栓が血流を止めてしまうことで起こる病気が心筋梗塞や脳梗塞です。

 

加齢や運動不足で体力や筋力が落ちてくると、体全体の血流が悪くなります。血流が悪くなると高血圧を招きさらに状態が悪くなると血管が硬くなり動脈硬化を起こします。

 

そうなるとコレステロールなどがその部分で溜まり血流を止めてしまうという仕組みです。

 

これが冠動脈で起こると心筋梗塞に、脳で起こると脳梗塞になります。

 

これらの病気は生活習慣病に分類されることから生活習慣の見直しをすることで予防が可能です。特に血流を促進させる運動は最適。

 

食事面も気をつければ善玉コレステロールが増え、血栓ができるリスクを減らすことができます。

 

2.糖尿病

腹

体の中で血糖値を一定に保つ働きをするインスリンの分泌がうまくいかず、血糖値が高くなってしまう病気が糖尿病です。

 

糖尿病になると網膜症や腎臓病などほかの病気につながることも多く、症状が進むと失明したり、腎不全になったりする人もいます。

 

一度この病気にかかると完治は難しく一生薬に頼らなければいけなくなります。そうならないために日々予防することを心掛けると良いでしょう。

糖尿病を防ぐには糖質の多い食事を控えるほか、運動も効果があります。それは運動することで、血糖値が急に上昇することを抑えられから。

 

インスリンは血糖値が急激に上昇するとその分、分泌するように働きます。

 

運動をするとエネルギーとして血中のブドウ糖を消費してくれるので、血糖値の上昇を抑えインスリンの大量分泌を阻止できるというわけです。

 

ちなみに運動の効果は次の日まで続くとのこと。効果を継続させるためには毎日運動することが望ましいですね。

 

3.うつ病

ぼっち

運動不足になり体力が低下すると、体の疲れがいつまでも抜けず、常にだるさを感じるようになります。

 

体が疲れやすいことから、精神的にも前向きな気持ちになれず、消極的な気持ちになってしまうのです。また、ストレスをためこんでしまい、その結果、うつ病になってしまう人もいますよね。

 

軽い運動でも、ストレス解消、疲労回復、気分転換といった効果があります。

 

うつ病は脳内の神経伝達物質の分泌が滞ることで起こる病気(それだけが原因ではない)。

 

運動は自律神経の調整につながりその分泌を促してくれます。

 

余談ですが運動をするなら屋内よりも屋外が理想です。太陽を浴びることで脳に欠かせないセロトニンが分泌されるからです。気分のリフレッシュに休日は太陽の下ウォーキングをしてみてはいかがでしょうか?

 

4.腰痛

痛み

加齢や運動不足になると筋力が衰えてきます。腰を支えている腹筋や背筋の筋力が落ちると血行がわるくなり、筋肉が冷えて固くなってしまいます。

 

すると腰の神経を圧迫し、腰痛になってしまうこともあります。腰痛は、普段の何気ない生活習慣(姿勢など)から起きることが多いです。

 

対処法としては、ストレッチや軽い体操を行い、堅くなった筋肉をほぐして疲労物質がたまりにくいようにすることが大切です。

 

腰の周りの筋肉をよく動かすことで骨のゆがみを矯正していくといいですね。腰痛に効果的な運動としてはウオーキングや水泳があげられます。

 

腰に無理な負担がかからないように注意して運動してください。

 

5.便秘

膝

女性の悩みとして知られている便秘ですが、近年は男女問わず悩む人が増えています。

 

実際に管理人も社会に出て食生活が変わったことで便秘を引き起こしてしまいました。慢性的な便秘は、腹筋の衰えや腸の働きの鈍化が原因で起こることが多く、運動不足がその要因。

 

日常生活でなるべく歩くことを心がけるなどすると、血流を改善させることができます。

 

また、腹筋をすることで排便に必要な筋肉が鍛えられ、腸が刺激されることによって便秘解消につながります。マッサージなども効果的ですね。

 

運動不足と便秘の関係については詳しい記事がありますのでそちらも参考にされると良いでしょう↓

運動不足で便秘になる原因とその対処法

 

身体機能を高めて健康になろう

さて、運動不足が続くと様々な病気になる可能性が高くなることが分かったと思います。なので日常的に運動を取り入れたいところ。

 

ただ、子育てや仕事、育児などで運動をする時間が取れないという方もいるはずです。そんなときはせめて、ヘルスケアをしてみてはいかがでしょうか?

 

ヘルスケアと言ってもやることは簡単。普段の食事の改善、睡眠の質を高めれば免疫力が向上し健康を維持することができます。

 

また最近では日常的にサプリメントを摂取する方もいますので、それらも合わせて検討すると良いでしょう。ある調査によると、実に7割以上の方がサプリを摂取したことがあるという結果が。

 

日常的に摂取している方も3割を超えていることから、昨今の健康志向の高まりが垣間見えます。実際に管理人もアトピー治療、健康促進のためにサプリを摂ってます。←1カ月1万かかってます(汗)

 

まあ摂取するしないは自由です。ただ今後の健康を考えるなら何かしらの対策はしたほうが良いのは言うまでもありません。

 

最近では健康促進やダイエットに酵素、運動不足を補うなら、コラーゲンやプロテオグリカンが人気です。というわけでちょこっとご紹介。

 

新谷酵素↓↓

トライアル購入はこちら(送料無料)

「病気にならない生き方」という本を出した新谷先生が開発したサプリ。僕が尊敬している先生の一人。モニターで送料無料300円で試せるのが良いところ。

 

北国の恵み↓↓

【「北国の恵み」480円モニター募集】

こちらもモニターで送料無料、480円で試すことができます。運動をしたいけれど膝が悪いという方におすすめ。

 

まとめ

以上、運動不足でなりやすくなる怖い病気ベスト5でした。普段意識していないと病気になるなんて想像しませんよね。

 

しかし運動を怠っていると確実にその病気になる可能性は高くなります。今回の記事でその病気の怖さは分かったと思います。

 

なってからでは遅い!ということで今日、明日からでも運動を取り入れてみてください。僕もおしりに火をつけて頑張ります(汗

 

では今日はここまでヾ(・・ )

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る