病気と健康

自傷行為をする人の心理~そこで得られるもの

投稿日:

 

ツイッターなんかでいわゆる病みアカを持ってる人たちのツイートを見ると自傷行為をしているのがよくわかる。

 

中には生々しい写真をアップしてこれ見よがしに自身の醜態をさらしている人たちもいる。

 

ああ、今日嫌なことがあって4にそう、もうだめだリスカしよ♪

 

怖すぎ。

 

こちとらアトピーで毎日自傷行為を繰り返してんだ

腕

僕には、至って健康を維持できている人が自傷行為に及ぶ心理がイマイチ理解できません。

 

いや理屈は分かるんですけどね。

 

嫌なことがあって、悲しみを打ち消すために行為に及ぶ。

 

またその行為を他人に見せて自分の苦しみを知ってもらいたいという心理も働いているのかもしれません。

 

ただ自傷行為で得られるものなんて何もない。

 

こちとらアトピーで自分の体を掻きむしっているんだ。

 

好きで傷つけているのではない。

 

気が狂いそうなくらいなかゆみが全身を襲い、気づけば体を傷つけてしまうです。

 

だから健常者が自傷行為に及ぶ心理は理解しようにも理解できないのです。

 

なぜ恵まれた体を授かっているのにもかかわらず自らを蔑む行為に及ぶのか?

 

そんなことするなら僕の体と交換してほしいよ。

 

お前に何が分かる?何も分からないよ

と、自傷行為をしている人からすればこんな批判的な意見を聞けば”お前に何が分かるんだ”と思う人もいるでしょう。

 

何も分からないよ。

 

  • 両親から虐待を受けた?
  • 学校でいじめを受けている?
  • 会社をリストラされて金が底をつきた?

 

自傷行為に及ぶ要因はいくつかあると思いますが、だからと言って自傷行為によって抱えている問題は解決されません。

 

好きでもなく自分を傷つけている身としては何とも愚かな行為だと思ってしまいます。

 

結局それはただの現実逃避。

 

血を血で洗い流すように、それはただの一時しのぎ、いや一時しのぎどころか状況はさらに悪化していると言ってもいいでしょう。

 

問題を直視し解決することに努力を費やしたか?

 

もしかしたら好きで自傷行為に及んでいるのではないのかもしれません。

 

耐えきれない辛み、周りに味方がいないことによる孤独感、どこか心に穴が開いたような虚無感。

 

黒すぎる負の感情があなたを襲い、それから逃れるために痛みをもって現実をリアルに受け入れようとしているのかもしれない。

 

ただ先ほども言ったようにそれでは問題の解決にはなりません。

 

アトピーも同じ。

 

痒いからといって体を掻きむしってもアトピーは治らない。むしろ痒みと痛みが増し、さらに問題が深刻化してしまいます。

 

でもどうすれば問題が解決されるのか分からない。

 

だから自分を傷つけることで精神を落ち着かせる。

 

これは罰。現実逃避をしてしまったがために己を制裁する罰。

 

何も悪いことをした覚えはないけど、目に見えないところで罪を犯し、天罰がくだされている。

 

こんな感じで問題を直視しないで逃げることを選んでしまうと、おかしな方向に物事が進み取り返しのつかないことになってしまいます。

 

本当は分かっているはずです。問題から逃れても解決はしないということに。

 

一時は何度か解決につながるような行動を起こしたのかもしれませんが、失敗を繰り返せばそりゃ挫折もする。

 

自傷行為をする人の心理はよく分かりませんが、自分が置かれている問題の深さは何となく分かります。でも結局、挫けずに解決につながる行動をとり続けるしか道はない

 

この世界は残酷なんだ

この世界は残酷だ。でもそれが当たり前。

 

幸せの人もいれば不幸の人もいる。

 

世の中平等であるべきだと主張する人がいますが、それは絶対にかなうことのない空想なんだ。

 

幸福と不幸は表裏一体。

 

幸せになる人がいるから不幸になる人がいて、不幸になる人がいるから幸せになる人がいる。

 

奇しくも幸せを掴みとれなかったあなた。ただ嘆いても結果は覆ることはありません。

 

それでも幸せになれるチャンスはある。

 

借金1億を抱えた人が何気なく宝くじを買って3億円当たるようなそんな世界。

 

確率は低いにしてもその可能性につけこまなければ一生自分を傷つけ、哀れな人生を歩むことになります。

 

この世界は残酷だけど、救済措置はある。

 

救済というかそれは自分自身がつかみ取らなければいけないんだけどね。

 

自分を傷つけてしまうほど自分が嫌いなら、自分が好きになれるような人間になればいい。

 

で、自傷行為を無くすにはどうすればいいのか?

じゃあ具体的に何をすればいいのか?

 

そんなのは自分で考えて行動しろとしか言いようがない。

 

情報発信している自分が言うのも何だけど、ネットの情報で解決できるほど世の中甘くは無い。

 

自分が考えて行動して得られる結果は100%信用できる。

 

例えそれがうまくいかなかったとしても検証と改善を繰り返せば少なくとも前よりも状況を良くさせることができます。

 

まあ一発逆転なんていう夢のような解決策は限りなく0に等しいので自分ができる範囲で地道にトライすればいいでしょう。

 

そういった意味では自身の戒めとして、情報発信してみるのも良いのかもね。

 

自分の考えをまとめて、それを見返すことで何か解決の糸口を見つけることもできますからね。

 

毎日”自分はできる人間だ”と頭の中で100回唱えたり、メモに嬉しかったことを書き残したり。

 

普段とは違うことをやることで新しい発見をすることができます。とにかく頑張れ。

 

ちょっと疲れたので今日はここまで(-ω-)/

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

当サイトは病気の方でも前向きに、病気じゃない方でも人生をよりよくすることを願って日々記事を更新しています。

 

病気や仕事、人生についてお悩みの方は下記の「人生についての記事セレクション」を見て頂ければと思います。

 

関連記事

人生についての記事セレクション

成功の反対 1

  いらっしゃいませこんにちわー。ここは生まれてこなければよかった方たちが集まる憩いの場所でございますよー←大ウソ   はい、というわけで今回は生まれてこなければよかった方たちに向 ...

ぼっち 2

  人は孤独を嫌う。   特に日本人は集団帰属欲(人と同じような行動をしたがること)が高い傾向にあり、気の合う仲間でグループを作り行動しようとします。ただそこでそのグループに入れな ...

働く 3

  何の目標もなしにとりあえず大学に行ってそれなりの企業で働けたら良い。   ベネッセの調査では将来なりたい職業があると答えた小・中・高生は実に6割。   僕の予想よりも ...

-病気と健康

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2017 AllRights Reserved.