Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

イライラして眠れないときすーっと眠りにつく5つの対処法

スポンサーリンク

 

 

イライラして眠れないことってありませんか?

 

管理人は寝るとき明日の仕事のことを考えてしまいます。そして嫌いな上司が頭に浮かび、イライラしてなかなか寝ることができなくなりました。

 

まじで、あいつ死ねやって思いながら毎日を過ごしていました。そこで今回は管理人のようにイライラしても、すやすやと眠ることができるような対処法を紹介します。

 

イライラを抑えるための安眠法

安眠

イライラして眠れないときは、まず睡眠の妨げになっている原因を見つけ、そこを改善させる必要があります。

 

イライラにも心理的、生理的イライラがあるのですが、今回は生理的イライラの対処を中心に何ができるのかをご紹介します。

 

その睡眠の妨げになっている原因として考えられるのが以下の4つ。

 

  1. 睡眠の1時間前に目の刺激になることをやっている
  2. 睡眠の3時間前に運動をした
  3. 起床時間がばらばら
  4. 余計な考え事をしている

 

以上の4つに睡眠の妨げになっている可能性があります。それぞれ詳しく見て、それらに見合った対処を施すことでスーッと眠りにつくことができるようになります。

 

1.睡眠の1時間前に目の刺激になることをやっている

目の刺激になることをやっているとはどういうことか説明します。

 

目の刺激になるものといえばです。

 

つまり光の影響を受けるようなことをやっているということです。部屋が明るかったり、パソコン、スマホをかまっていたりと。

 

これらの行為は目に刺激を与え夜、寝れなくなることにつながっています。

 

それは光の刺激を受けることでメラトニンという睡眠には欠かせないホルモンの分泌が抑制されてしまうため。

 メラトニン

引用:http://www.trypto-ex.com/

 

布団に入る3時間前は目の刺激になることは控えましょう。それだけでも効果は絶大です。

 

2.睡眠の3時間前に運動をした

夜、寝る前の運動もよくありません。

 

体を動かすと交感神経が優勢となり、上記で挙げたメラトニンが分泌されなくなるためです。なので寝る前の3時間前は運動を控え安静にしておきましょう。

 

3.起床時間がばらばら

起床時間がばらばらになると体内リズムが崩れます。

 

体内リズムが崩れると夜寝れなくなるといったことが起きます。夜、安定した睡眠を得るには起床時間にも注意が必要なんですね。

 

また朝起きるにはセロトニンというホルモンが必要になります。このホルモンはメラトニンの相互関係に当たるホルモンで覚醒作用があります。

 

体内リズムを整えるにはこのメラトニンとセロトニンが交互に分泌が条件となります。

 

つまりメロトニンだけではなく、セロトニンを分泌させることにも注意を傾ける必要があるということです。

 

セロトニンを分泌させるためには太陽の光が有効です。

 

できれば、目覚まし時計でおきるのではなく朝、太陽の光が出たときに自然に起きるようになることが理想となります。

 

4.余計な考え事をしている

余計なことを考えると夜、眠れなくなります。←僕のように上司がうざくてたまらない人がこれにあてはまります。

 

以上の3つが生理的イライラが原因で睡眠が妨げられていたのに対し、この4つめは心理的イライラが原因となっています。

 

言ってしまえば、ここに訪れた多くの方がこの心理的イライラが原因で安眠できないのかと思います。ただこれって人によって環境が異なりますので、対処が難しいんですよね。

 

だからこれっていう対処法はありません。

 

強いて言えば眠れないときは何も考えない。難しいかもしれませんがこれが一番です。

 

ただどうしてもイライラするときは、そのイライラの原因の対策をしなければいけません。例えば上司のことでイライラするというのであれば上司と親密になるとか。

 

できるだけ接点を持たないようにするとか。

 

あれこれ考えさせられ、イライラする原因の解決をすることです。根本的にそのイライラの原因を解決しなければいつまで経っても状況は変わりません。

 

時には考えることも必要です。しかし考えたからには行動に移さなければ何も変わらないのは自分が一番知っているはず。自分なりに答えを見つけ、イライラする原因を根本的に断ち切るしか心理的イライラは解決できないのです。

 

イライラして不眠が続くとどうなるの?

以上、イライラからの不眠症を改善する方法をご紹介させていただきました。さて、あなたはイライラを抱えた状態で不眠生活を続けていませんか?

 

もしも今の状態を放置すると、吐き気を催したり、うつ病になったりと、体のあらゆる部分で症状が現れる可能性があります。

不眠データ

以上の統計をご覧になれば分かる通り、不眠症がある方と無い方とでは、病気の発症率に雲泥の差がありますよね。

 

それプラスイライラですからね。一度病気を発症すると会社に行けなくなるくらい重篤化することだってあります。実は僕ものそのうちの一人だったり・・とにかく体は一つしかありませんので今の状態を何としてでも脱しなければなりません。

 

病気になって寝込んだら、いったいだれが家族のためにお金を稼いだらいいのか?一人暮らしの方はいったいどうやって生活していけばいいのか?そんなことを想像すると恐ろしいですが、不眠が続くと最悪の事態も考えられるということです。

 

イライラ、不眠に良い成分

さて上記では、イライラして眠れなくなる要因となっているものについてご紹介させていただきました。

 

上記の対処はどれも生活習慣の改善にあてはまる対処だと思います。

 

しっかり対処できるのであればそれでいい。ただ対処をしているつもりでもどうしてもイライラが治まらず眠れないという方も少なくないでしょう。

 

実際に平成25年、厚生労働省が睡眠の質について統計を取ったところ、男性は37%、女性に関しては43%の方が睡眠に現在の睡眠に満足していないという報告が上がっています。

 

良くよく調べると、そこには生活習慣が影響しており、睡眠に満足していない方のほとんどが生活習慣が乱れていることが分かりました。

 

生活習慣の乱れはイライラへの直行便。あなたも、うすうす感じているはずです。ただそれを改善しようにもできないというのが現状だと言えます。

 

それだけ改善させるのには努力が必要だから。現代のような目まぐるしい社会の下ではそんな時間を取ることさえできない。したくてもできないのが実際の問題になっていると思われます。

 

そんなときは安眠作用のある食べ物を摂取すると良いかもしれません。日常にその食べ物を取り入れるだけですからそんなに難しいことではないはずです。

 

安眠作用のある成分を調べてたところ、以下の成分が良いとのこと↓

グリシン、トリプトファン、メラトニン、ギャバ。

 

メラトニンは上記で取り上げたとおり、僕たちの体の中で作られます。逆に外側から補給できないので生活習慣の改善は少なくとも意識する必要があります。

 

ただグリシンや、トリプトファン、ギャバなどは食べ物の中にふくまれているますので、それを含むチョコレート、豚肉、鶏肉などを取り入れるようにすると良いでしょう。

 

上記の成分を手軽に摂れる潤睡ハーブと言うサプリ

イライラ、不眠に良い成分は分かったけど、それらを効率よく摂取するのはなかなか、大変です。仕事帰りや育児中は買い物に行く時間も惜しい、そもそも食材を探すのに一苦労します。

 

ただ今の悩みを放置すると、体に悪影響が出る可能性が高いというのもお分かりいただけたと思います。現状を放置すると病気になってもおかしくありませんし、だれも攻めることはできません。

 

そこで睡眠をサポートするサプリを摂ってみてはいかがでしょうか?これならわざわざ食材を調達する必要もありませんし、料理をする手間も省けます。サプリ数粒と水があれば、数秒で体内に取り入れることができますからね。

 

イライラって軽視されがちですが、しっかり対処をしなければ健康に甚大な被害をもたらす恐ろしい存在です。

 

それは僕がアトピーでストレスの影響をもろに感じたから言えること。

 

今はまだ症状に表れていないかもしれませんが、放置すればどこかに異常をきたしてもおかしくはありません。

 

本当にぐっすり眠りたいのであれば、あれこれ試してみるのも大切。これ以上イライラを募らせないためにもね。今ならこのサプリは初回限定、2000円以下で試すことが可能です。

 

 サプリは公式サイトから注文ができますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか↓口コミも上々なので、安心して試すことができます。

 

夜ぐっすり、翌朝スッキリ!休息サプリメント

 

*万が一効果を実感できなかった場合は全額返金保障あり

 

ちなみに管理人もこれを飲んでからはアトピーによる痒みから解放され、夜を快適に過ごすことができました。上司のイライラ自体は消えることはありませんが、体が楽になれば案外眠りにつけるものなんだと感じました。

 

このように不眠が改善されれば、生活の質が大きく向上することが分かったと思います。

 

まとめ

以上睡眠の妨害になる5つの原因とその対処法でした。イライラするとなかなか寝れなくなるのは管理人も同じです。

 

特に仕事で嫌なことがあれば、そのもやもやを自宅に持ち帰ることもしばしば。ただそれを克服するためにあれこれ考えて行動に移したことでその問題も解決できるようになりました。

 

考えたなら答えを出す。

 

その答えを行動に移し、だめだったらだめで他の策を考えればいいのです。すると不思議なもので行動することが楽しくなり問題がいつの間にか解決することもあります。

 

イライラしないために何ができるのか?チャレンジ精神を持つことで解決ができるかもしれませんね。

 

また眠いのに眠れないという方は不眠症の可能性が高いです。上記で紹介した対処と似たところはありますが、過去記事をご参照の上、しっかりと対策を練っていただければと思います。

これって病気?眠いのに眠れないときの対処法

 

では今日はここまでヾ(・・ )

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る