イライラ解消法

覚醒!頭がぼーっとすることが脳に良い理由

投稿日:2015年4月15日 更新日:

 

最近なんだか頭がぼーっとする。

 

そりゃね、青い空に小鳥が電線にとまってチュンチュン鳴いてたら平和だなーってなってぼーっとしますよ。

 

え、単なる寝不足、寝不足なのか!

 

まあどんな理由であれど、何とか意識を高めてぼーっとしないように心掛けている方もおられるかと思います。

ぼーっとする

しかしそんな心配をする必要ありません。

 

脳を活発化させる上でぼーっとすることが大切だということが科学的にも証明されているからです。

 

そんなまさか・・・と思っている方のために今回はぼーっとすることで脳にどのような効果をもたらすのかを説明していきたいと思います。

 

注意:うつ病などの精神疾患の症状で頭がぼーっとすることがあります。体の調子が悪いときは病院で診てもらうようにしましょう。

 

ぼーっとするのが脳にいい理由

では早速頭がぼーっとすることが脳にいい理由について説明します。

 

ぼーっとする時間は特に何も意識していない状態のことをいいますね。しかし何も意識していない状態でも実は脳は働き続けています。

 

脳は休む時間がありませんからね。

 

休むとしたら・・・死んだときです(汗)何かの作業をしているときは当然脳は活発に働きます。

 

無の状態の時も同様。日常というアニメでよく見る無の顔をしている時でも脳はフル稼働しているわけです。

 

実際にぼーっとしている間に脳の活発状況を見てみると、なんと意識している時の脳よりも20倍脳が活発になっていることが分かりました。

 

もしかしたら彼女たちはあえて無の状態を作り出す努力をし、我々が想像もできない行動、発想ができるのかもしれません。

 

また意識しているときの脳部分とは別の脳部分が働いていることが研究で明らかになりました。これは意識しているときの脳部分を活発化させるための準備運動を担っていると考えられています。

 

車でいえばアイドリング状態のこと。

 

アイドリング状態を保つことで次の工程にスムーズに進むことができます。そしてこのアイドリング状態のことをデフォルトネットワークというそうです。

 

デフォルトネットワークのときに脳は次の工程にいつ進んでもいいように情報整理をしています。

 

何か集中的な作業をするためにはこのぼーっとする時間は必要であり、脳に良いということが言えます。

 

意識的にぼーっとする時間を作る

現代社会忙しくてなかなかぼーっとする時間が作れない方が多いのではないでしょうか?

 

切羽詰まっていると脳のリフレッシュができず、ストレスを抱え込んだり打つなどの病気に発展するリスクもないとは言い切れません。

 

だから休憩時間などはスマホをかまうのではなく、意識的にぼーっとする時間を作るといいでしょう。

 

と、言いたいところですが、あまり意識的にぼーっとする時間を作る必要はないようです。

 

脳科学の研究者、ダニエル・マーグリーズ氏によると脳の活動は集中力を失ってぼーっとする時間が無意識に一定のタイミングでやって来るといっています。

 

つまりそういう時間を意識的に作らなくても頭がぼーっとする時間は作られているということです。

 

そもそも意識的にぼーっとしようとしても意識的になっているわけですから、ぼーっとするのは不可能なこと。

 

この記事をご覧になろうがなるまいが、予備知識やトリビア的なネタで頭の片隅に置いておく程度で十分なんですね。←少し悲しい

 

ただその反面、大切な会議やテストなど、意識的に集中しなければならない場面でぼーっとしてしまうのはしっかりとそういう時間が作られていない証拠です。

 

なのでぼーっとする時間を作るというより休息する時間を増やすといいかもしれません。

 

特に好きな音楽を聴いているときはデフォルトネットワークが働きやすいといわれているので休み時間などに音楽を定期的に聴くといいかもしれません。

 

まとめ

こういったぼーっとする時間すら人間には大切だということを知ると、人間には無駄な機能は何一つないというのが分かります。

 

あなたが無駄だと思っていることも、もしかしたら必要なことなのかもしれませんね。

 

管理人は基本的にめんどくさがり屋な性格なので、周りの方たちよりかはぼーっとしていると思います。てかいつもぼーっとしてんなって言われるのでそうなんでしょうね。

 

たわけ!これは来るべき時に力を発揮するためのいわば充電なのだよ。と、豪語しておきながらその来るべき時が一向に来ない日常を送っているのでした。

 

平和だわー。あなたもちょっと休憩してぼーっとしませんか( ^^) _旦~~

 

気分爽快、やる気が湧き上がりますよ。

 

ただし僕のようにぼーっとしすぎると本番に力を発揮できなくなりますので適度に仕事と休憩を両立していただければと思います。

 

以上、ぼーっとすることが脳にいい理由でした。

 

では今日はここまで(-q-)

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

当サイトは病気の方でも前向きに、病気じゃない方でも人生をよりよくすることを願って日々記事を更新しています。

 

病気や仕事、人生についてお悩みの方は下記の「人生についての記事セレクション」を見て頂ければと思います。

 

関連記事

人生についての記事セレクション

成功の反対 1

  いらっしゃいませこんにちわー。ここは生まれてこなければよかった方たちが集まる憩いの場所でございますよー←大ウソ   はい、というわけで今回は生まれてこなければよかった方たちに向 ...

ぼっち 2

  人は孤独を嫌う。   特に日本人は集団帰属欲(人と同じような行動をしたがること)が高い傾向にあり、気の合う仲間でグループを作り行動しようとします。ただそこでそのグループに入れな ...

働く 3

  何の目標もなしにとりあえず大学に行ってそれなりの企業で働けたら良い。   ベネッセの調査では将来なりたい職業があると答えた小・中・高生は実に6割。   僕の予想よりも ...

-イライラ解消法

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2017 AllRights Reserved.