Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

これで一発!イライラ解消グッズランキング

スポンサーリンク

 

イライラをなくすために考えられる対処法は3つあります。

 

ひとつが考え方を変えること。2つ目にイライラの原因を解消させること。最後にイライラを表に出してあげることです。

 

今回はイライラを表に出すことを目的にその補助をしてくれるグッズをご紹介。効果のありそうなイライラ解消グッズをランキング形式で発表したいと思います。

 

第一位:叫びの壷

イライラを表に出す一番の方法は大きな声をだすことです。

 

ただ大きな声を出すには回りのことも考えなくてはいけません。大きな声を出したいのに出せない。そんなイライラもでてきてしまうかもしれませんね。

 

そこで近所の人にも迷惑をかけることなく大きな声を出せるグッズがこの叫びの壷となります。

 

これなら大きな声を出しても音があまりもれることがないのでイライラを解消することができます。レビューを見てみると大きな声をだすと小声になるとのこと。

 

ささやき声までにはならないということですのでその辺は注意が必要です。ただテレビの音量よりは小さくなるみたいなので特に近所迷惑とかにはならないと思います。

 

デメリットは少し値段が高いこと。そして置き場所に困ることです。

 

お金に余裕があって置き場所も確保できるという方だけ購入されると良いのではないでしょうか?

叫びの壷

新品価格
¥5,122から
(2015/5/8 12:34時点)

 

第二位:ダミットドール

イライラを表に出す方法として体を動かすことも効果的。

 

そこでお勧めのグッズがダミットドールです。

 

製品は丈夫なので投げつけても損傷の心配が要りません。もう思いっきりぶつけてやってください。全てはこのダミットドールがあなたのイライラを請け負ってくれます。

 

壁にぶつけたときのドスっという音が快感になります。

 

また投げつけるという体の動作もイライラを解消させてくれるので一石二鳥です。

 

おなじ投げつけ系アイテムとしてピタミンが有名ですがあれはいつゴムが破けて水が漏れるか不安になります。逆にイライラしてしまうかもしれませんので丈夫なダミットドールが良いかと思います。

 

因みにダミットとは日本で言うちくしょうなど悔しがる様のことを言います。デメリットはちょっと怖いところですかねw

[ダミットドール]Dammit Doll ストレス解消人形 Orange & Blue Paisley 010007 [並行輸入品]

新品価格
¥900から
(2015/5/8 12:39時点)

三位:メッシュスクイシーボール

感触でイライラを解消させるのでしたらメッシュスクイシーボールがおすすめ。

 

指を動かすことは体全体的な動作よりも効果は下がりますがストレスを軽減させることができます。また指を動かすことで脳の活性化にもなるのだとか。

 

そのため海外ではストレス解消グッズという概念だけではなく健康グッズとしても扱われています。

 

デメリットはボールを握りつぶしたときの変形具合がなんともグロテスクになることです。もうひとつデメリットがあるとすれば耐久度がそこまで高くないことです。

 

ああ、これは完全にデメリットですね。

 

購入の際は少し多めに買われたほうが良いかもしれません。

●MINI●★日本テレビ スッキリ!! テレビ東京 みつ星の館 で紹介されました★何コレ!?日本初上陸!★メッシュスクイシーボール ミニ (ストレスボール)Mesh Squishy Ball mini (stressball)【レッド&オレンジ】ストレス解消ボール!

番外編

他にもいろいろイライラ解消グッズがあります。∞ぷちぷち、∞えんどう豆などの∞シリーズ。パルエッグとかいうよく分からないハイテク機械。王道のサンドバック(パンチバッグ)。

 

youtubeで有名なヒカキンさんが紹介していた「つぶしてくださいな」などなど。

 

このように探してみれば色々ありますので興味のあるものは検索してみてください。

 

こういうものは映像や文字で見るより実際に購入して使ってみないと分かりません。僕が使ったことのあるイライラ解消グッズは∞プチプチ。

 

あと、叫ぶ壷も使ったことがあります。

 

イライラ解消グッズを使ってみて思ったのですが確かに一時的にイライラは抑えられます。

 

ただやはり何にイライラしているのかの根本的解決をしない限りはまたイライラというのは生産されてしまいます。だからこういうグッズでイライラを根本的に消し去ることは不可能だと思ったわけです。

 

それならグッズを探し続けるのではなく根本的解決に向けて行動しよう。

 

そう思いました。

 

なのでもしあなたが使うか使わないかで迷っているのならご自身がどのようにイライラと立ち向かっていくのかを考えた上で判断されると良いでしょう。

 

もし根本的解決に向けて行動はしているのだけれどどうしてもイライラが抑えられないということであればこういったグッズを買われても良いかもしれませんね。

 

いずれにしてもどのようにイライラと向き合っていけるのかが重要だということです。

 

では今日はここまでヾ(・・)

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る