Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

空腹時にイライラするのはなぜ?その原因と対処法

スポンサーリンク

 

 

空腹のときにイライラする。

 

誰しもがそんな経験があると思います。特にダイエットをしている方はその傾向が強いことでしょう。実際に管理人も食事制限をしていますので、おなかがすくとイライラしてしまう単細胞人間です。

 

というわけでそれを克服すべく、今回はその仕組みと対処法を考えてみました。ダイエットしている方なんかは無理なく実践できることなのでぜひチェックしてみてください。

 

空腹時にイライラする原因

肉

まずはなぜ空腹のときに人はイライラしてしまうのでしょうか?

 

それにはちゃんとした仕組みがあり、決して異常なことではありません。なのでイライラするのは当たり前のこと。あまり深く思いつめなくても大丈夫です。

 

そしてその原因を以下に書いていきます。

 

食欲がわくとお腹がすく

 人間の脳は空腹のとき摂食中枢が刺激され食欲が沸くようにできています。逆に食べ物を体内に取り入れ満腹中枢が刺激されたときに満腹感を感じるようにできています。

 

そしてそれらの働きにかかわってくるのが血糖値です。

 

脳は糖をエネルギーにしています。しかし人間は血糖値が低い状態、糖が足りていない状態だと脂肪を消費して脂肪酸を糖に変えるようにできています。

 

この脂肪酸は摂食中枢を刺激するので、その際にお腹がすいたという感覚を覚えるわけです。

 

反対に食事を摂ると血糖値は上昇、糖がグルコースに代わりそれが満腹中枢を刺激し満腹感を覚えます。

 

以上が食欲のメカニズムです。

 

ではなぜ空腹時のときにイライラするのか?それは摂食中枢が刺激されることで感情を司る扁桃核にも刺激が伝わるからというのが答えになります。

 

扁桃核は不安、恐怖、不快という感情を記憶する部分なのでそこが刺激されるとイライラするというわけです。

 

空腹時のイライラの解消法

ポイント

では空腹時のイライラの解消するにはどうすればよいのかを解説していきます。

 

基本的にこのイライラは人間の機能の一つ。

 

つまりイライラを根本的に抹消する術はありません。それを抹消しようと思えば扁桃核を傷つけることになるので人間らしさをも抹消してしまうことになります。←ロボットにはなりたくない(><)

 

そんな方法は合理的ではないし、そこまでしてイライラを解消したいという方もいないでしょう。なのでここではできるだけイライラを感じる時間を短縮する方法をご紹介します。

 

その方法と言うのが血糖値のコントロールです。

 

現代の食生活は乱れがち。脂っこいものや砂糖が大量に入った甘いお菓子などを習慣的に食べると血糖値の調整が難しくなります。

 

極端に血糖値が上がったり、下がったりを繰り返すことになるのです。そうなると脳にも悪影響を及ぼし、イライラするのも当然のこと。

 

なのでまずは食生活の見直しをすることをお勧めします。

 

上記でも説明したように摂食中枢が刺激されることでイライラする原因が生まれます。だったらこの摂食中枢を刺激を抑えれば良いだけのことです。

 

つまりできるだけ空腹感を感じる時間を作らないようにするということですね。もちろんただ食べる回数を多くするような単純な方法ではいけません。

 

そんなことをすれば健康自体に悪影響を及ぼします。僕の提案する方法はきわめて健康的なやり方です。

 

もったいぶっても仕方がありませんので以下に書いていきます。

 

  • バランスの取れた食事を
  • 良く噛んで食べる
  • 食べ順ダイエット法

 

以上の3つが空腹時のときのイライラを軽減する方法になります。では詳しく見てみましょう。

 

 バランスの取れた食事

バランスの取れた食事とは適切な量、栄養、回数それらが整った食事のことを言います。

 

タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルと。それらを偏りなく摂取しましょう。こんにゃくや大豆、キャベツは食物繊維が豊富なため、難消化性です。

 

上記の食材は胃に長くとどまるので満腹感を得ることが可能です。

 

食事の回数は一日三食。朝、昼、晩しっかり摂ると良いです。

 

以下のサイトが参考になるかと思います↓

 ⇒バランスの良い食事

 

良く噛んで食べる

よく噛む(咀嚼する)ことで血糖値の急な上昇を抑えられます。

 

また満腹中枢も刺激されるので満腹感を維持することができます。満腹感が維持できればそれだけ空腹感を感じる時間を減らすことができるということです。

 

目安は一口、30回以上は噛む。

 

最近の食べ物はやわらかいものが多く噛む回数も減少しています。硬いものを食べるなど意識的に噛むようなきっかけを作るように心掛けましょう。

 

食べ順ダイエット法

あなたも一度は食べ順ダイエットと言う言葉をきいたことがあるでしょう。実はこのダイエット法はとても健康的なダイエット法になります。

 

血糖値の急な上昇も抑えることができる上にダイエットにもなる。

 

血糖値の上昇を抑えられるからダイエットになるというのが正しい言い方ですかね・・・

 

それほど血糖値というのはダイエットにおいて重要視するべきだということです。そしてその食べ順ダイエットのやり方はとても簡単。食べる順番を変えるだけですからね。

 

野菜(食物繊維)→肉類(タンパク質)→ご飯(炭水化物)

 

このような順番に食べ進めるだけでダイエットとなり、またイライラを減少させることもできるのです。最初は慣れていない分難しく感じるかもしれませんが慣れたらどうということはありません。

 

簡単にできるので是非チャレンジしてみてください。

 

おまけ(カロリミットが安くていい)

ここからはおまけの欄。CMなどでもよくみるカロリミットのご紹介です。

 

恐らくダイエットをしている方ならほとんどの方が知っているはず。試してみようかなという方も多いのではないでしょうか?

 

ただ、果たして本当に効果があるのか?正直こればっかりは試してみないと分かりません。仕組みでいうなら普段の食事に変化を加えずとも代謝がアップするので痩せることが可能だと思います。

 

代謝がアップすると空腹感を感じるのではないか?そう考えてしまいますが一度、満腹中枢が刺激されればすぐにおなかが減ることはありません。何より辛い食事制限をする必要がありませんので無理なく試すことができるのが大きなポイント。

 

カロリミットはコンビニでも販売されていますが実は通販のほうが安いんですよね。まあ、痩せたいなら食事制限、運動、睡眠の質を向上させることが一番なんですけどね。

 

カロリミットしかり、これだけで痩せようとは考えず普段の生活習慣を改め、そのうえでこういったアイテムを試したらいいのではないかと思います。

【ファンケル】大人のカロリミット♪今なら合計4週間分1,000円!

 

まとめ

以上、空腹時のときのイライラの原因とその対処法でした。

 

今回のポイントはずばり血糖値です。血糖値の急な乱高下は本当に危険です。生活習慣病のほとんどに関わるものでもあるので時間があるときは調べてみると良いでしょう。

 

さて今回取り上げた食べ順ダイエットですがやはり最初はなれない分、イライラしてしまいがちになります。以下の記事はダイエット時のイライラを解消させるために書きましたので参考にしてください↓

ダイエットにイライラしない方法

 

では今日はここまでヾ(・・ )

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る