Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

寝起きでイライラしたときに簡単にできる対処法

スポンサーリンク

 

 

前回はイライラして寝れない時の対処法を紹介させていただきました↓

イライラして寝れないときの対処法

 

それとは反対に今回は寝起きでイライラするときの対処法を紹介させていただきます。寝起きでイライラするということは目覚めが悪いということです。

 

なのでいかに目覚めを良くするかが重要となってきます。ちなみに管理人は朝起きたときに仕事に行くのが憂鬱でイライラします。←聞いてない

 

目覚めを良くする方法

では早速目覚めを良くする方法を書いていこうと思います。

 

  1. 太陽の光を浴びる
  2. 水分を摂る
  3. ご飯を食べる
  4. ストレッチをする
  5. 夜食を食べない
  6. 最新目覚まし時計を使う

 

以上の6つが起床時の目覚めをよくしてくれます。詳しく見ていきましょう。

 

太陽の光を浴びる

睡眠にかかわってくるホルモンがセロトニンメラトニンです。

 

そのうち起床時に分泌されるホルモンがセロトニンとなります。

 

そしてそのセロトニンを分泌させるために必要なのが太陽などの強い光になります。朝起きたときはカーテンを開けて太陽の光をめいいっぱい浴びましょう。

 

セロトニンをどばどば分泌させて目覚めの良い朝を迎えましょう。自然の恵み最高っ!てな感じで・・

 

水分を摂る

水分を摂ることで腸内運動が活発になります。

 

体内機能は腸内運動によって保たれるものなので腸内運動が活発になることで脳も活動しようとスイッチが働くため目覚めもよくなります。

 

しかし朝は自律神経が乱れがちなので水分は白湯がおすすめ。冷えは万病の元、体を冷やさないようにご注意ください。

 

ご飯を食べる

ご飯(糖質)を摂ることで血糖値があがり脳が活性化します。当然脳が活性化されれば・・以下略。

 

朝ごはんを食べる人と食べない人を比べると寿命に差が出ると統計でも明らかになっています。イライラを抑える目的はもちろん健康そのものに関わることなので朝ごはんは必ず食べるようにしてください。

 

ストレッチをする

体を動かすことで血流が促進

 

脳も血流がよくなると活発になるので目覚めがよくなります。日の当たる場所で背筋を伸ばすようなストレッチをすると効率的です。

 

ストレッチと聞くとストレッチマンを思い出しますね←どうでもいい

 

夜食を食べない

夜食を食べると寝ている間も消化活動を行います。

 

消化活動をしていると深い眠りには至りません。深い眠りに付くには消化活動を終わらせておく必要があるのです。

 

なので睡眠の3時間前は食べ物をとらないことをお勧めします。腸は寝ている間も絶え間なく働いていますが夜食を摂れば腸も疲弊します。

 

内臓は脳と密接に関わるので夜食を摂ることがいかに脳にも影響を与えているのかを認識しておきましょう。

 

最新目覚まし時計を使う

人が眠っているときは浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)が交互に切り替わっています。大体90分にワンセットの割合で切り替えが行われているようです。

 

そして朝、目覚めを良くするためには浅い眠りのときに目覚める必要があります。

 

そこで最近では浅い眠りを感知して起こしてくれる目覚まし時計が流行っています。浅い眠りのときに起こしてくれるので実際に目覚めもいいのだとか。

 

スマホの無料アプリでもダウンロードできるので興味のある方は試してみると良いでしょう。

 

睡眠の質を良くすることが一番

以上寝起きでイライラしないようにする対処法でした。

 

朝イライラしていると一日の生活にも影響を与えかねません。先述した対処法を実践して朝、すっきりと目覚めて一日を爽快に過ごせるといいですね。

 

また寝起きでイライラしないためには質の良い睡眠をとることが一番です。成長ホルモンの分泌する午後10から午前2時の間に寝ることが理想

 

そうすることで体内の生活リズムが整えられ目覚めの良い朝を迎えることができます。今一度、生活習慣に乱れがないかを確認し、少しずつ改善していただければと思います。

 

では今日はここまでヾ(・・ )

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。最後にイイネとかしてくれると喜びます。

 

スポンサーリンク

 

ページトップへ戻る