僕の気まぐれ日記

アニメのランキングとか見てもクソの役にも立たないよ

投稿日:

 

ぼっち生活を続けて十数年。

 

これだけひとりの時間が長いとやることは限られ、何ともつまらない人生を送ることになります。

 

いつも心に靄(もや)がかかった状態。

 

そんな中、アニメを見る時間だけがその靄が取り除ける唯一の時間となりました。

 

ぼっちにとってまさにアニメは神様のような存在なのです。

 

「アニメ ランキング」で検索する意味

ランキング

別にぼっちだろうがリアルが充実していようがアニメを見たいと思っている人は多いと思います。

 

これからアニメを見たいけど、どんなものがおすすめなのか?

 

大抵アニメに精通していない人は「アニメ おすすめ」とか「アニメ ランキング」などで検索をかけ気になるものがあれば見てみるという形を摂るかと思います。

 

百歩譲って「アニメ おすすめ」で検索するのはまだ許せる。

 

しかーし、「アニメ ランキング」なんかで検索しても全く参考にはならないことをこの場でお伝えしておきます。

 

だって、あんなの何を基準にしているのか分からないからね。

 

そのランキングは所詮、個人の独断と偏見によるものでまったく役にたちません。

 

ランキングと言っても売り上げとか、歴代視聴率を軸にすれば正当性のあるランキングになりますが、単に「アニメ ランキング」という検索では満足のいく結果は得られないでしょう。

 

と、アニメをいろいろ見てきた管理人は思います。

 

まあこれからアニメを見る方にとってはそのランキングは主観であることに気づいていない、もしくはどんなアニメがあるのかを確かめる程度で物事を考えているため役に立つかどうかの判断もできないんですけどね。

 

サザエさんが一位になったとしても一人はそれに賛同し、一人はそれを否定する。

 

結局格付けしたところで視聴者が複数いれば、その感想も十人十色になるわけです。

 

いち、個人が格付けしたサイトを参考にしてもそれは個人の主張であって、アニメの面白さを保証するものではありません。

 

下位に位置付けられたアニメは見る機会を失ってしまうため、アニメ好きとしてはちょっともったいないと思ってしまうわけですよ。

 

格付けしている人はちゃんとアニメ見てるのかな?

賛否両論あるかもしれませんが、アニメを格付けすること自体に僕は違和感を感じます。

 

確かに面白いものもあれば、つまらないものもあり、ある程度の分別はできなくもない。

 

ただあえてそれを個人の主観によって格付けする意味はあるのか?

 

特にこれからアニメを見ようと思っている人はその格付けを信用し、見るか見ないかを決めることになる。

 

検索者は検索ページの1ページ目しか見ない傾向にあるので、上述した通り、それを真に受けてランキング下位のものはほとんど見向きもしないのではないか。

 

本当は面白いアニメなのに、独断と偏見により下位に位置付けられたアニメが何ともかわいそうで仕方が無いと思ってしまうのです。

 

何言ってんだこいつと思うのは百も承知。

 

そもそもランキングを付けた人はちゃんと全部のアニメ見てるんでしょうかね。

 

検索上位のランキングを見てみるとベスト100とか平気でリスト化されてるんですけど、100ものアニメをどういう基準で格付けしてるんですかね。

 

ぶっちゃけ僕もアニメ好きですけど、内容なんて事細かく覚えていません。

 

印象に残る大好きなアニメはせいぜい5つほど。

 

多分アニメが好きな人は自分の中で好きなものを何度も見返すのでしょうがそれ以外はあまり記憶に残していないのではないかと思うんですよね。

 

って、僕自身も推測で物事を語っているわけですが、アニメが好きなら格付けなんてするんじゃねよと思うわけです。

 

これからアニメを見ようと思ったときはどうすればいい?

以上の理由からアニメのランキングを参考にしてほしくない意向は何となくでもご理解できたかと思います。

 

じゃあどんなものから見始めればいいのか?

 

それはずばり、分かりません!!

 

僕は気になるアニメがあれば片っ端から見るようにしてます。

 

なので今放送されているアニメをいくつか見て、自分が面白いと思ったアニメがどんなものであるか知ることから始めれば良いのかなと。

 

ラブコメ、ギャグ、学園もの、ファンタジー等。

 

観てて面白いものもあればつまらないと思うアニメがでてきます。

 

面白いと思ったアニメのジャンルは大抵自分にはハマりやすい傾向にあるので、あとは「アニメ (自分の好きな)ジャンル」で検索をかけ気になるものがあれば見てみるといった工程を辿るとはずれを引く確率も低くなります。

 

自己投影できるものが面白いと感じられるのかもしれない

もしくは自身の過去、憧れに応じてアニメをチョイスしてみるのも良いかも。

 

例えば僕みたいにぼっちで学園生活に何の思い出もない人は学園ものなんかが見ていて面白いかもしれません。

 

辛い過去を思い出しながらも主人公がその困難を乗り越えるさまは見ていて清々しい。

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」とか「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い」なんか。

 

場合によっては気分を害す恐れもありますが、ギャグもしっかり組み込まれているし、主人公の葛藤を見ているととても面白いですよ。

 

どうでもいいけど、どっちもタイトル長いよ、それ流行りなの?タイトル長くて「俺ガイル」なんていう訳の分からない略し方されてるよ。

 

私はここにいるよって主張してどうすんだよ。

 

と変なところに引っかかって、それすらも楽しんでいる僕がここにいます。こうなってしまったのはどう考えてもお前らが悪い!以下略。

 

アニメはどんな媒体で見る?

いざアニメを見ようと思ったとき。どのような手段でアニメを見るか?

 

あるサイトでは違法ダウンロードされた動画をアップしてそれを配信しているところもありますが、それを見た時点で視聴者も違法者となってしまいます。

 

ばれる確率は極限に低いですが、いざばれたらと思うと小心者の僕には気持ちよくアニメを見ることができません。

 

なので僕は専らニコ生で配信されたアニメを見てます。あとアニマックスも契約してるのでそれを見てます。

 

ニコ生はオワコンと言われようが、定期的に人気のアニメを放送してくれるのはとてもありがたい。

 

たまに一挙放送などやってるので常にチェックしておくと見たかったアニメも視ることができます。

 

ていうかね、ニコ生なんかは視聴者がコメントを打ち込みそれがエンドロールのように流れるのですが、それがまた面白いんですよね。

 

そのコメントのセンスと言ったら、どこぞのお笑い芸人よりもクオリティが高いのです。

 

また僕がぼっちのせいか、周りにも見ている人がいる、そういった考えもあるのか!などなど。新しい発見があったり、仲間意識みたいなものを得られるのでそういった部分でニコ生でアニメを見るのが好きなんだと思います。

 

やべえ、傍から見たら完全にアニオタ、キモオタじゃねえか。

 

でもそんな風に思われても今となっては気にしない。

 

昔は”オタク笑、ああはなりたくないわー”とか思っててアニメを敬遠していたのですが、境地に入ってからはそんな腐った固定概念がバカバカしくなりました。

 

楽しければいいんだよ。

 

偏見を持つことで損するよりも、見知らぬ世界を見て新しい発見をしたほうがよほど人生を有意義にすることができます。

 

もしも、アニメを見たいけどちょっとオタクっぽいと思われたらやだなーと思っている人はそんな思想を吐き捨てて思い切りアニメを楽しんでください。

 

人がどう思うかじゃなくて自分がどうしたいか?どうなりたいか?

 

自分自身を軸に人生を歩んでいただければと思います。

 

まとめ

あれれー、最後は何だかおかしな方向に行ってしまいましたがまあいっかー。

 

  • とにかく今回言いたかったのはアニメのランキングはクソの役にも立たないという事。
  • 自分が興味のあるアニメがあれば周りがどう思うかは考えず、まずは見ていただきたいという事。

 

上記の点を心がけることで自分の好きなアニメを見つけることができると思います。

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク

記事下

 

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

 

当サイトは病気の方でも前向きに、病気じゃない方でも人生をよりよくすることを願って日々記事を更新しています。

 

病気や仕事、人生についてお悩みの方は下記の「人生についての記事セレクション」を見て頂ければと思います。

 

関連記事

人生についての記事セレクション

成功の反対 1

  いらっしゃいませこんにちわー。ここは生まれてこなければよかった方たちが集まる憩いの場所でございますよー←大ウソ   はい、というわけで今回は生まれてこなければよかった方たちに向 ...

ぼっち 2

  人は孤独を嫌う。   特に日本人は集団帰属欲(人と同じような行動をしたがること)が高い傾向にあり、気の合う仲間でグループを作り行動しようとします。ただそこでそのグループに入れな ...

働く 3

  何の目標もなしにとりあえず大学に行ってそれなりの企業で働けたら良い。   ベネッセの調査では将来なりたい職業があると答えた小・中・高生は実に6割。   僕の予想よりも ...

-僕の気まぐれ日記

Copyright© 病気だけど人生前向きブログ , 2017 AllRights Reserved.